キレる子供、病気? 障害? ・・・の前に。

キレる子供、病気? 障害? ・・・の前に。

子どもとドリンクバー。を読む
それはジュースではありません。を読む
子供に砂糖、一日何グラム?を読む
100%ジュースなのに砂糖入り?を読む
この子、小食で・・・、に要注意!を読む
 
 
さて、前回は、
「食べる前に甘い飲み物を飲ませると、ご飯を食べなくなる」って話をしましたね。
 
/wp/wp-content/uploads/967197_115877288618502_264881424_o1_mini.jpg
 

この話には、まだ続きがありまして、今日は、
 

「食べる前に甘い飲み物を飲ませると、子供が心身ともにおかしくなる」って話です。
 
 

■すごく幸せ ・・・高血糖状態
さて、血糖値が急に上がると、食欲がなくなるだけではなく、
子供の心にも大きな影響を及ぼします。
 
/wp/wp-content/uploads/92c4d4a8dd14590f377c362633532c55.png
 
血糖値が上がると、糖はどんどん体中に運ばれ、やがて脳にも届きます。
 
糖は脳のエネルギー。脳は急に生き生きと働きだします!
子供は急に元気になって、幸福感に包まれ、上機嫌になります。
 

/wp/wp-content/uploads/pose_genki01_boy1-1.png
 

ファミレスで、ランチの前にドリンクを何杯も飲み干した、AちゃんとB君もそうでした。
(●ドリンクバーでドリンクを飲み過ぎる子供を見かけた話

二人は、店内を駆け回り、椅子の上に立ち上がり、とにかく楽しそうに騒ぎました。
 

・・・なんだ、そのぐらい、いいじゃない。
子供が幸せを感じてるなら、ちょっとうるさいぐらい・・・。

 

そう思いますよね。
 

確かに、幸せになってはしゃぐだけなら、それでいいかもしれません。
しかし、血糖値のお話には、まだ続きがあるのです。
 
 

■超扱いにくい! ・・・低血糖状態
さて、血糖値が上がって、すっごい幸せ~、・・・は、長くは続きません。
 

じつは体にとっては、高血糖状態はすごく負担なんです。
だから、インシュリンという物質が、すみやかに血糖値を下げに来ます。
 
/wp/wp-content/uploads/e7ad4f0c2ec0f9f4a82d29161f668146-1.png
 
・・・インシュリン! 
インシュリンって糖尿病の人が気にしてるやつじゃん!

 

そうそう、そうなんですよ。
 

子供の体でも、インシュリンはものすごく大切な働きをしているんです。
っていうか、現代っ子はインシュリンを使いすぎているんです。
 

ゆるやかに上がった血糖値なら、インシュリンが緩やかに下げてくれます。
だけど、甘い飲み物で急上昇した血糖値には、インシュリンも「やばっ!」って、あわてて対応します、
 

だから、やりすぎちゃうんです。
 

そして、血糖値は下がりすぎてしまう
 
/wp/wp-content/uploads/0e2582619fe4fdacc7ce49fc5a54cbed-1.png
 
これがどういうことかわかりますか?
糖は、生命を維持し、体をうごかす一番大切なエネルギー源でしたね。
 

それが運ばれなくなるということは、全身がエネルギー不足になるということです。
 

その結果、子供はどうなっちゃうか。
 
 

①ぼーっとする。
血糖値が下がり、脳にエネルギーが運ばれなくなると、脳は正常に機能しなくなります
 
/wp/wp-content/uploads/utsu_man1.png

 

子供は、ぼーっとしたり、無気力になったり、
 

集中力がなくなり、あきっぽくなったり、
 

不安な状態になってぐずったり、
 

頭が痛くなったりします。
 
 

②攻撃的になる。
さて、体にとっては、血糖値が低すぎる状態も、負担なんです。
だから今度は、アドレナリンなどが血糖値を上げに来ます。
 

・・・アドレナリン? なんか聞いたことある。
なんか、凶暴な奴じゃない?

 

そうそう。それです。
アドレナリンは、血糖値を上げるついでに、人間を興奮させ、攻撃的にします。
 

子供は興奮状態になります。
 
一見、気分が上がっていて、楽しそうに見えなくもない、
けど、なんか歯止めがきかない、危なっかしいかんじ。
 
チャンバラをやっていたら、もれなく取っ組み合い、ケンカに発展しちゃう、そんなテンションになってしまいます。
 
奇声をあげたり、人に暴力をふるったり、ひどい言葉を投げつけたりもします。
 
/wp/wp-content/uploads/face_angry_man51-2.png
 
 

③ものすごくお腹がすく。
血糖値が上がった時は、食欲がなくなっちゃうんでしたね。
さて、今度は血糖値が下がったわけですから、脳は反対に「お腹が減ったぞ」という信号を出します。
 
しかも下がりすぎているので、ものすごくつよい、こんな信号が出ます。
 

「今すぐ糖を食べろ! 食べろ! 食べろぉぉぉぉぉぉ!」
 
/wp/wp-content/uploads/dada_koneru_boy1.png
 
子供は、「おなかすいた!」とうったえます。
体が糖を求めているので、しつこく、泣きわめいて、甘いものを欲しがります。
お菓子売り場で大の字になって駄々をこねたりします。
 
 

この①~③のような症状を、低血糖症状といいます。
 

おそらく、ファミレスを出たAちゃんとB君は、そのあと遊んでいる公園とかで、ものすごくおなかがすくはずです。
そして、不機嫌になり、ママさんたちにしつこくおやつをねだるはずです。
 

ママさんたちが根負けして、2人におやつを与えると、2人はそれを口に放り込みます。
そして二人は、またパアっ・・・と幸せになります。
再び血糖値が上がったからです。
 

でもそのしあわせも、もちろんつかの間です。
 
 

そして、こんなことを繰り返していると、やがて取り返しのつない事態になってしまうのです・・・。
 
 

育てにくい、を砂糖が作るへ続く




関連記事

  1. 子供にジュースはいらない。
  2. 砂糖とアレルギー。
  3. 育てにくい、を砂糖が作る
  4. この子、小食で・・・、に要注意!
  5. 100%ジュースなのに砂糖入り?
  6. 子供に砂糖、一日何グラム?
  7. それは、ジュースではありません!
  8. 子供とドリンクバー。
  9. ハロウィン・パーティとお菓子。
  10. 甘いものは一日一回。
Top