節分の豆の残り、3分で豆菓子に!

2019年2月19日 火曜日

節分の豆の残り、3分で豆菓子に!


こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
みなさん、節分、やりましたか?
うちはやりました!
 
/wp/wp-content/uploads/365140201_setsubun11-540x3601.jpg
 
やらなかったというおうちも、
お子さんの幼稚園では豆まきをしたり、小学校では給食が節分バージョンだったりしたのでは?
 
子どもがいると、季節感にあふれた日々をすごすことができますね。
 
しかーし!
節分の後には、困ったことが一つ。
 
そう、豆が余る!
 
/wp/wp-content/uploads/1550539882571.jpg
(まだこんなに!
買ったのはなくなったけど、近所の豆まきイベントでまかれた豆とか、義母からいただいた豆とか)
 
家族みんなが年の数だけ食べても、まだある。
そして、いつか食べようと思いつつ、そのままになっている・・・
 
そんな豆を発見して、そろそろ処分しよう・・・なんて思ってるあなた!
 
三分でできる豆菓子を紹介するので、ちょっと思いとどまってください!
 
 
■三分豆菓子
/wp/wp-content/uploads/1550500267260.jpg
 
<材料>
節分のいり豆 60g
黒糖(砂糖可)大さじ2-3ぐらい
水      大さじ1-2ぐらい

(適当主義の人は、計る必要なし。このくらいかなー?で十分)
 
<レシピ>
1 フライパンに水を熱し、黒糖を入れ、沸かす。
/wp/wp-content/uploads/1550539884149.jpg
 
2 トロッとしてきたら、豆を入れ、黒糖とよくからませる。
/wp/wp-content/uploads/1550539607825.jpg
 
3 火を消し、しばらく混ぜつづける。
/wp/wp-content/uploads/1550539605709.jpg
 
4 ちょっと待つと黒糖が乾いてくるので、また混ぜる。一つ一つがバラバラになったら完成。
/wp/wp-content/uploads/1550539609480.jpg  
できあがり!

 
うちはよくこのレシピで黒糖クルミを作るので、煎り豆でも試してみたかんじ。
ご飯の後、「これ食べてみて」と、家族の前に出来立てを置いてみると、
 
「おいしい、ナニこれ」
 
「香ばしいな」
 
「あっ、豆まきの豆だ! おいしくなった!」
 
「チョーダイ、チョーダイ」

 
次々に手が伸びてくる!
煎り豆だったころはだれも見向きもしなかったのに(笑)!
 
ただ、ちょっと注意しなければならないのは、煎り豆は消化がよくないってこと。
子どもの時も、節分の豆を食べすぎるとおなかが痛くなるわよって、言われましたよね。
 
甘くなると、ついついぼりぼり食べちゃうけど、良くかまないと消化不良になっちゃう!
 
「はいはい、きみたち、よく噛む! よおく噛んで食べるように! 
Cちゃん取りすぎ! わしづかみにしなーい!
 

みんなも、そのぐらいにしときなさーい!」
 
まったくみんな、食い意地が張ってるんだから・・・。
でもよかった、これですこしずつ消費できそう。
 
そんなことをおもっていた深夜、
 
私は1人で映画を見ながら、残りの豆菓子をついつい一人で食べてしまい、
孤独に腹痛に苦しんだのでした・・・。




関連記事

  1. 超簡単どら焼き。材料三つ!
  2. 簡単! さつまいものいも餅。
  3. 簡単! かぼちゃ入りお汁粉! 寒い日のおやつにいかが?
  4. 簡単、芋ようかん。さつま芋・黒糖・塩だけで!
  5. 簡単リンゴジャム 材料二つ、手間5分!
  6. パン耳のホットサンド。
  7. はちみつレモンところてん。材料三つ、三分レシピ。
  8. 寒天ふるふるゼリー、材料二つ、三分レシピ。
  9. バナナヨーグルトアイスバー。材料二つ、三分レシピ。
  10. 豆腐スイーツ、材料三つ、三分レシピ。
Top