じんましん(慢性)改善例・写真と経過(ハルくん 2歳 男児/ナツくん 0歳 男児 慢性じんましん(慢性))

トップ > 改善例 > じんましん(慢性) > じんましん(慢性)改善例・写真と経過(ハルくん 2歳 男児/ナツくん 0歳 男児 慢性じんましん(慢性))
2022年12月13日 火曜日

じんましん(慢性)改善例・写真と経過(ハルくん 2歳 男児/ナツくん 0歳 男児 慢性じんましん(慢性))

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今回から、慢性じんましんが改善したハルくん・ナツくん兄弟について書きます。
 
 

 
まず、じんましんとは、日本皮膚科医学会HPの「皮膚科Q&A」によると、
「皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気」であり、「多くの場合、一回一回の症状は直接思い当たる理由無く現れ」るとされています。
 
そして「最初の症状が出始めてから1ヶ月」以上続くものを、慢性じんましんと言います。
 
 
■経過
●ハルくんのbefore(2歳)
ハルくんはもともとアトピー体質でありつつも、経過はよく、一歳の時にステロイドを卒業。
しかし、あるときから慢性じんましんを発症してしまいました。
 

 

 

 

 
お母さんのМ子さんによると、

三枚はじんましんが出始めた頃と紫斑ができた時のもの、最後の一枚は最近のものです。
お腹や背中、二の腕に出ることが多かったですが、時々顔や足にも出ていました。
かゆみはないようで、かきむしったりはしておりません。

 

この2ヶ月ほど貨幣状の謎のじんましんが出続けており、何らかのアレルギー反応と言われております。
 
一時は紫斑と呼ばれるアザのようなもの(佐々木注:写真二枚目)まで出来て、血液の病気も疑われたものの血液検査には異常はなく、血管が弱い体質なのだろうと言われました。
(佐々木注:この紫斑は後に別の医師には「多形滲出性紅斑では」と言われ、診断が定まらなかったそう)
 
じんましんは数も減り、色も薄くなったもののまだ出ています。

 
●ナツくんのbefore(0歳)

 

 

乳児湿疹は元々あってそこまで気にしていなかったのですが、今週になり長男のじんましんに似たじんましんが出始めてしまい、こんな低月齢でじんましんが出るのか…と少しショックを受けてしまいました。
 
小児科で診てもらったところ、アトピー体質が疑われるのと、母乳の影響が大きいので、食事で油を取らないことを勧められました。
脂っこい食事がいけないことは知ってはいましたが、恥ずかしながらあまりきちんと取り組んではおらず…

 

丸い物は長男はのものと似ております。
長男と同じく、大体24時間ほどで少しずつ消えていきます。

二枚目のじんましんは2時間ほどで消えましたが…
 
兄弟の慢性じんましんについて、お医者さんは、

小児科だけでなく皮膚科にもかかったのですが、原因はわからない、食物アレルギーの反応ではなく外的要因の可能性が高い、などと言われてきました。

 
その後、М子さんは、二人がアトピー体質でもあったことから、私の本を見つけてくださいました。
↓↓↓

 
そして、お医者さんの処方を守りながら、食事療法をはじめ、心当たりの点を改めていきました。
 
↓↓↓その後↓↓↓
 
●ハルくんのafter(2歳)

 

長男はあれから、(一か月後の:佐々木注)3月くらいにはおさまり、今では全然出ていません。

 

今は飲み薬も飲んでおらず、塗り薬もなしです。
揚げ物なんかも食べてしまいますが、それ以降じんましんが出ることはほぼなくなりました。
 
ですが、じんましんが出やすい体質であることに変わりはないと思うので、引き続き気をつけていけたらと思っております!

 
●ナツくんのafter(1歳)

 

あのあと食事療法をすすめたところ、2週間ほどで次男はすっかりきれいになったのですが、そこから私が油断&ストレスでうまく食事管理できなくなり、じんましんがまた増えてしまっていました。
 
それから、気をつけたり、油断したり→じんましんも増えたり減ったりを繰り返していました。
もっと徹底してやれば良いのでしょうが、慣れない二人育児でうまくいかず…育児を言い訳にするのもお恥ずかしいですが。

 

次男については、先日一歳の誕生日を迎え、義両親が買ってくれたケーキを特別に食べさせてみたら翌日見事にお腹にボコボコじんましんができていました。

 
 
ハルくんの症状は、食事療法によって改善したと思われます。
ナツくんの症状に対しても、食事療法が効果を発揮したことが分かります。

ケーキを食べた後にじんましんが出たというエピソードからも、じんましんの症状に食事が関係しているということが分かるでしょう。
 
当サイトへの相談者の方で、食事療法でじんましんが改善したのは、これで三例目です。
1例目はこちら→慢性じんましんの改善例(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
 
以上のことから、当サイトでは、慢性じんましんの発症にはふだんの食事が関係しているのではないかと考えます。
この記事を、原因不明の慢性じんましんに悩む方に読んでいただけたら嬉しいです。
 
●次回は、ハルくんの食事療法を具体的に振り返ってみます→「慢性じんましんが食事で改善した!」




関連記事

  1. 慢性じんましんなんかこわくない!(ハルくん 2歳 男児/ナツくん 0歳 男児 慢性じんましん(慢性))
  2. 母乳はアレルギーの原因になるか。(ハルくん 2歳 男児/ナツくん 0歳 男児 慢性じんましん(慢性))
  3. じんましんが食事で改善した!(ハルくん 2歳 男児 じんましん(慢性))
  4. アトピーと抗生物質。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  5. アトピーの食事療法の進め方。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  6. ステロイド恐怖症から解放されるとき(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  7. ステロイド恐怖症の特徴。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  8. 最重症アトピー改善例・写真と経過(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  9. ナチュラルなものは身体にやさしい、の落とし穴
  10. 植物油はナチュラルだ、という幻想。その③
Top