子育て支援ブログ 漫画「らくらく子育て研究所」

2022年6月14日 火曜日

口腔アレルギーが改善した!(マルちゃん 重症アトピー 四歳女児)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
前回に引き続き、重症アトピーが改善したマルちゃん(4歳・女児)についての記事を書きます。
 

 
■改善写真

 

 

 
マルちゃんは、オーストラリア在住。
コロナでのロックダウンによる生活環境の激変にともない、食生活が激変し、重症のアトピーを発症しました。
 
その後、拙著を読まれ、食事療法を実践し三か月でアトピーはほぼ消失
(↓この本です)

 
その後再び、アトピーが再発しましたが、
(そのときの佐々木のアドバイスはこちら)
 
お母さんのひかりさんは、マルちゃんのアトピーの原因がお米であることを特定し、再改善させることができました。
 
そして、症状が出ない状態をキープしていたところ、お米を食べても症状が出にくくなってきたということ。マルちゃんの本来の消化能力が回復してきたということでしょう。
おめでとう、マルちゃん!ひかりさん!ヽ(^o^)丿
 
今日は、その過程でマルちゃんにおきた別のアレルギーの経緯についてお話しします。
 
 
■マルちゃんの食物アレルギー
ひかりさんによると、マルちゃんのもともとの食物アレルギーについては以下の通りです(改行したり太字にしたのは佐々木)。
↓↓↓

元々オーツのアレルギーが赤ちゃんの頃にあったんですがそれ以外は特に無く、何でも食べられておりました。でもアトピーが酷くなってきた時期に、急に食物アレルギーと思われる症状を次々発症したんです。

 
こちらが、発症した時の様子。↓↓↓

アトピーがものすごい酷かった時期からかなり落ち着いてきたあたり、でもまだ気を抜くとすぐ出てきて、出たり引っ込んだりを繰り返してた時期に、連日朝トーストにハチミツを塗って食べてたんですね。
 
そしたらある日突然、食べた直後に鼻水、咳、軽い喘鳴が起こりました。
ハチミツアレルギーなんて聞いたことなかったし、大丈夫だと思って毎日ジャムとバターの代わりに塗っていたのですが、ほんとに突然、、、
 
その日以降、それまで食べても何にも無かったアボカド、スイカ、カボチャ、メロンを食べると口の中が痒くてピリピリすると言って食べられなくなりました。
 
ちなみに同じ時期にオレンジも同様に口が痒くて咳が出るようになりました。。。
 
それで、全部一旦ストップしました。

 
まず、朝食後に起きたアレルギー症状の原因(アレルゲン)は、朝食の中にあった可能性が高いでしょう。お母さんのおっしゃる通り、はちみつかもしれません。はちみつは、蜜の中に含まれていた花粉や、蜂の分泌物がアレルゲンになることがあるようです。
(朝食の中の、はちみつ以外の食品である可能性もあります)。
 
その後の、アボカド、スイカ、カボチャ、メロン、オレンジを食べた後に起こる症状は、おそらく、口腔アレルギー症候群だと思われます。
 
口腔アレルギー症候群とは、ある特定の果物や野菜を食べることにより、口・唇・喉などの口腔粘膜やその周辺組織にアレルギー症状が起きる食物アレルギーのひとつのタイプです。
症状は比較的軽いけれど、まれにアナフィラキシーショックを起こすこともあるそう。
 

 
そして、口腔アレルギーの発症は、花粉症との関連が指摘されており、その人にとってアレルゲンとなっている特定の花粉と、似たタイプの花粉を持つ植物の果実などに反応する傾向があるそうです。
 

(妹尾小児科さんHPの表を加工して転載しました)
↑↑↑
こちらの表で見て見ると、マルちゃんはおもにハンノキ、またはそれに似た花粉をもつ植物の果実でアレルギー症状が出た可能性が高いということになります。(調べてみると、かぼちゃもハンノキ科でした)
 
 
■食事療法と食物アレルギーは同じ原因ではないか?
食物アレルギーは、一度発症すると治りにくいというイメージがありますね。
しかし、マルちゃんの食物アレルギーは、そうではありませんでした。
 

そしてアトピーがすっかり良くなってきた頃、私が食べてたアボカドを食べたいと言ってきて、ほんの端っこ試しであげてみたところ、痒くない、と。
 
それで少しずつあげてみたけど特別反応は無く、その後も量を増やして試してみたんですが、痒くなくなりました。
 
それで他のスイカやカボチャやメロンも試したところ、痒くないと!
 
ハチミツはその後もしばらくはあげてなかったのですが、今は少量あげても大丈夫です。
まだたっぷりあげるのは怖くて試してないですが。。。

 
このように、マルちゃんの食物アレルギーは、アトピーのついでに、改善したのですヽ(^o^)丿!
 
そして、重要なのは、食物アレルギーの発症、改善の時期が、アトピーの発症、改善の時期とかぶっているということです。
 
当サイトでは、今までに、このようなご報告はなんどもありました。
ご自分や、ご家族のアトピーなどのために食事療法に取り組んだ結果、口腔アレルギー、そばアレルギー、甲殻アレルギーなどが、食事療法によってよくなったというご報告です。
(例:甲殻アレルギー改善例
 
このことは、アトピーと食物アレルギーとが、同じ原因で起きている可能性を示しています。
マルちゃんのケースも、コロナ禍下での食生活の乱れが、アトピーだけでなく、食物アレルギーをも引き起こしたと考えてよいでしょう。
 
偏った食事は、体内に炎症物質をため込み、特定の食べ物に対する免疫反応を強くしすぎてしまう可能性がたかいのです。
 
しかし、食物アレルギー治療の現場では、食事療法は指導されていません。
これはとても残念なことです。リスクのない、安全な方法だからです。
 
もし、あなたのお近くに、食物アレルギーに悩んでいる方がいらしたら、是非、食事療法を薦めて差し上げて下さい。
その際はこちらの本をどうぞ。アトピーに関しての本ですが、取り組む内容はほぼ同じです。
↓↓↓

 
(注:食物アレルギーは重篤な症状を伴う危険がありますので、医師の診断を受けることをお勧めします(^^))
 
さて、次回は、マルちゃんとひかりさんの、オーストラリアでの食事療法の苦労や工夫についてのお話しです。




Top