コロナ禍と娘の鼻炎について。

トップ > アレルギーの原因と改善法 > アレルギー全般 > コロナ禍と娘の鼻炎について。
2020年5月31日 日曜日

コロナ禍と娘の鼻炎について。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
皆さんの地域では、お子さんの幼稚園や学校はもう始まりましたか。
 
私が住む東京都では、やっと明日から登校となります。
 
まだまだ不安もありますが、
子供たちの日常生活がはやく戻ってくるようにと願わずにいられません。
 
さて、
実はこの長い休校期間で、
お子さんのアレルギーが再発してしまったというご報告を、読者さんからいくつも受けました。
 
運動不足だと思う、と言っていた方もいれば、
おばあちゃんちに行けないストレスだろう、と言っていた方もいました。
 
そして、実は最近、我が子たちにもアレルギー症状が出ました。
気をつけてはいたつもりだったんですが・・・。
 
その顛末を、どなたかの参考になるかもしれないので、書いておこうと思います。
 
 
■子供たちのアレルギー症状
我が家の子供たちは、三人ともアレルギー体質(普段は完治状態を維持)。
 
外出自粛とはいえ、家にこもると、
運動不足になり、アレルギーが再発するかもしれないと思ったので、
毎日、人気のない場所を散歩したりして、二時間程度は運動させていました。
 

 

 
しかし、一週間ほど前に、
長男はアレルギー性結膜炎を発症(眼科で目薬が処方され、おちつく)、
末娘(アトピー体質)はアトピーに関係あると思われる耳切れ(手持ちのステロイドで対応し、おちつく)発症。
 
そして、1人無事な長女でしたが、
 
・・・なんか最近やたら、鼻をかむよね?
咳とか熱とかないから、少なくともコロナじゃなさそう、風邪かな?

 
みたいな症状が出始めてしばらくした或る晩、
布団に入ってから、鼻水が止まらなくなりました。
 
それも、透明な、水みたいな鼻水。
くしゃみもしている。咳や熱はない。
 
・・・これって、
やっぱり、アレルギー性鼻炎ぽいよなあ・・・。
 
 
■原因は多分・・・
三人、ほぼ一緒に症状が出たので、原因は同じだろうと思いました。
心当たりはありました、
 

①おやつが最近豪華だった
②みんな食べ過ぎ気味だった

 
この二点!
 
①については、
このコロナ禍で、公園でも遊べず、市街地への外出も自粛している中で、
つい、おやつを一日のイベントにしてしまっていたんです。
 

 

 
たとえば、
「コージーコーナーまで歩いたら、シュークリーム買ってあげる」みたいなことをよくしていました。
市販のお菓子を食べる機会が増えていました。
 
市販のお菓子は、植物油脂や砂糖がたくさん含まれているので、アレルギーの原因になります。
 
②については、
毎日、運動不足にはさせまいと、たくさん歩かせていたせいか、
三人とも、食事のとき、食べる量が増えていたんです。
 
長男なんか、ご飯を四杯食べることもありました。
そして競うように、妹たちもおかわりをしました。
 

(献立的にはこんな感じで質素なんですが)
 
食べすぎは、消化不良を招き、アレルギーの原因になります。
 
食事は腹八分目が原則です。
私たち人間がご飯を三食お腹いっぱい食べられるようになったのは、歴史的にはつい最近。
 
私たちの身体は飢えには強いのですが、飽食にはうまく対応できないらしいのです。
 
そういえば、
そんなにご飯をたくさん食べているのに、
毎日、おやつを与えることが前提になってしまっていて、
おやつを与える前に「お腹が空いているか」の確認をおこたりがちでした。
 
また、長女は、あまりかまずにご飯を食べる癖があります。
さらに、最近暑くなってからは、氷水を傍らに置いて、飲みながらご飯を食べていました。
 
水やお茶を大量に飲みながら食事をすると、消化液が薄まってしまい、消化能力が落ちたり、
また、噛まないでも飲み下せてしまうため、噛むことをないがしろにしてしまう傾向があり、
結果的に消化不良をおこし、アレルギー症状がでるきっかけになりうるのです。
 
そのような食事やおやつの負担が、子供たちの運動の代謝を上回ってしまったということなのでしょう。
それから、もちろん、この特殊な状況下でのストレスの影響も、あったかもしれません。
 
しかし私は、
たくさん食べているけれど、たくさん運動をさせているんだから大丈夫、
とたかをくくってしまっていたし、
 
また、これまでのそれぞれでやすいアレルギー症状が出ていなかったことから、気づくのが遅れてしまったのです。
 
(それぞれでやすいアレルギー症状とは、
長男は喘息、長女は鼻粘膜のかゆみ、次女は腕の関節のアトピー。
それらは今回は出ませんでした。)
 
いつもと同じ症状が出ていないからと、油断してはいけないのですね。反省。
 
 
■無事よくなりました
そこからやるべきことは、わかっています。
 
おやつをおにぎりなどの質素なものに戻し、食事の量を制限すること。
毎日の運動量はそのまま。
 
子供たちは、話をすると分かってくれました。
とくに、鼻炎になやむ長女は、しばらくおかわり禁止、卵かけごはん、食事中の水禁止を承知。
 

 
食習慣を改めた日の晩に、長女の鼻水は激減しました。
そこから、長女の鼻炎は順調によくなりつつあります。
 
とくに今日は、パパと一緒に数時間のサイクリングをしたせいか、
鼻をかむこともなく、ぐっすり寝てしまいました。
 
 
そんなわけで、
このコロナ禍でアレルギーが増えているという訴えの実態を、身を以て痛感しました。
 
そこには、外出自粛が促されていた状況特有の、複層的な原因があると思います。
そしてその状況は、程度の差はあれ、今後も続いていくでしょう。
 
なので、このコロナ禍のもとでアレルギーが悪化してしまったという方、
 
まずは運動をたくさんして、
食事は質素に、腹八分目に戻し、
また、暑いからとがぶ飲みしている水などは、食事中はやめてみてください。

 
 
お子さんの症状が軽減されることを祈っています(^^)/




関連記事

  1. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  2. 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
  3. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  4. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  5. 片頭痛が食事療法で改善した!(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  6. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  7. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  8. 慢性じんましんの改善例(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  9. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  10. 元重症アトピーのGokkyunさんの新しいプロジェクト。
Top