簡単、芋ようかん。さつま芋・黒糖・塩だけで!

トップ > アレルギー改善ごはんのレシピ > ノンオイルおやつのレシピ > 簡単、芋ようかん。さつま芋・黒糖・塩だけで!
2018年11月13日 火曜日

簡単、芋ようかん。さつま芋・黒糖・塩だけで!

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
/wp/wp-content/uploads/1542079364874.jpg
立派なお芋!
こういうのを見ると、秋の深まりを感じるとともに、
何か、どーんとしたものを作りたくなりますね。
 
よし、今日はこれでおやつを作ろう!
ふかしイモや焼きいももいいけど、うちの子たちが好きなのは、芋ようかん!
 
/wp/wp-content/uploads/1542079682000.jpg
 
ええっ、芋ようかんなんて作ったことない!
ゼラチンとか、寒天とか、図るのが大変そう・・・。

 
そこのあなた、大丈夫です!
 
なにも計りませんから! 
材料、3つ、手間、最少ですから!

 
旬のお芋なら、そんなずぼらなレシピでも、おいしい芋ようかんができちゃうんです!
 
 

■簡単芋ようかん
<材料>
/wp/wp-content/uploads/1542079366771.jpg
・薩摩芋 適量
・黒糖 適量
・塩 適量

 
<レシピ>
1 薩摩芋の皮をむいて、テキトーにざく切りにし、ひたひたに水を入れて火にかける。
/wp/wp-content/uploads/1542079639055.jpg
 
2 しばらくゆでて、すっと串が通るぐらいになったら、お湯を、なべの底に多少たまるぐらいを残して捨てる。

/wp/wp-content/uploads/1542079683083.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/1542079637196.jpg
 
3 薩摩芋の味見をしてから、黒糖、塩を入れ、マッシャーとかすりこ木とかで粗くつぶす。
/wp/wp-content/uploads/1542079635839.jpg
黒糖は、熱いと甘く感じるので、ちょっと甘すぎかな? くらいがちょうどいい。
このときは大匙3ぐらい。とても甘いお芋だったので。
 
/wp/wp-content/uploads/1542079640879.jpg
黒糖が溶け残っても気にしない。
アクセントになっておいしいから大丈夫。
 
/wp/wp-content/uploads/1542079365723.jpg
黒糖が熱で溶けてちょっとゆるくなる。
この時点で硬めのペースト状になってるといい。
 
4 適当な容器に入れて固まるまで放置。
/wp/wp-content/uploads/1542079367966.jpg
我が家はスポンジケーキ型。底が抜けるタイプだと後で取り出しやすい。
そうでなくても、けっこうつるんと抜けるから大丈夫。
 
6 切り分けていただく。
/wp/wp-content/uploads/1542079682000.jpg

 
 
材料は、あのいもようかんの老舗、舟和さんとだいたい同じ!
 
舟和の芋ようかんが好きで、何が入ってるのかな? と見てみたら、ものすごくシンプルで、
「じゃあやってみよう」と思ったのが、これを作ったきっかけなんです。
 
それ以降、わが家では秋の定番おやつ。
 
色を舟和さんみたいにきれいにしたい人は、
3でレモン汁を入れ、黒糖をきび砂糖かてんさい糖にするとよいでしょう。
 
素朴なおやつですけど、お客様に出しても喜ばれますよ。
 
ちなみに同じ工程をかぼちゃでやったら固まりませんでした・・・(笑)




関連記事

  1. 簡単! さつまいものいも餅。
  2. 簡単! かぼちゃ入りお汁粉! 寒い日のおやつにいかが?
  3. 簡単リンゴジャム 材料二つ、手間5分!
  4. パン耳のホットサンド。
  5. はちみつレモンところてん。材料三つ、三分レシピ。
  6. 寒天ふるふるゼリー、材料二つ、三分レシピ。
  7. バナナヨーグルトアイスバー。材料二つ、三分レシピ。
  8. 豆腐スイーツ、材料三つ、三分レシピ。
  9. 小腹満足! ちゃんと計量! 蒸しパンレシピ (T・Tさん 30代男性 重症アトピー) 
  10. 豆かん食べよう!
Top