最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)

トップ > 改善例 > アトピー > 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
2021年4月8日 木曜日

最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今日は、最重症アトピーが改善したAさんについての記事です。
 
 

 

 

 
Aさんのアトピーを、最重症と書きましたが、最重症というと、当サイトが従っている永田良隆先生の定義によると、
 
●強い炎症を伴う皮疹が体表面積の30%以上に見られる
●かく動作が常にみられる
●高度な睡眠障害のため日常生活に支障あり

(『油を断てばアトピーはここまで治る』より)
 
などのめやすがあります。
Aさんは、お話をお聞きしたところ、最重症アトピーをわずらっていたと考えられました。
 
Aさんの奥様が、ネットで情報を探す中で、拙著↓↓↓を見つけて下さり、
 

 
Aさんの食事を替えたところ、劇的に改善。
ついでに花粉症や喘息などのアレルギー症状も改善したとのこと。
 
しかし、喜びもつかの間、
 
Aさんは、食事療法の制限のストレスから、制限が緩んだり、
持病のための入院により、食事療法の継続が難しくなったりという事態に。
 
その結果、アトピーは、前ほどではないにしろ、ふたたび悪くなってしまったそう。
 
それ自体は残念なことかもしれません。
しかし同時に、やはり食事がアトピー改善に大切だということを、如実に表してくれてもいます。
 
また、アトピー患者さん本人ではなく、そのご家族が、アトピー患者さんの食事を管理し、改善に導くことのむずかしさを教えてくれてもいます。
 
食事管理は、患者が子供であるときも、難しいことがありますが、1人の大人であれば、なおさら。
実は奥様からの、「主人がアトピーで、改善させたいけれど、本人に危機感がなく協力的ではない」というようなご相談は、よくあることなんです。
 
今回はそんなこともおりまぜて、記事を書いていきたいと思います。
お付き合いくださいませ。
 
↓↓↓頂いたアンケートは、劇的に改善したときのものです。





 
●次回→アトピー改善の食事療法で出ることがある「やり過ぎサイン」




関連記事

  1. アトピーの家族の食事療法の難しさ(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  2. 青魚がダメな人は「ヒスタミン中毒」かもしれない。(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  3. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  4. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  5. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  6. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  7. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  8. 慢性じんましんの改善例(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  9. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  10. 元重症アトピーのGokkyunさんの新しいプロジェクト。
Top