はちみつレモンところてん。材料三つ、三分レシピ。

トップ > アレルギー改善ごはんのレシピ > ノンオイルおやつのレシピ > はちみつレモンところてん。材料三つ、三分レシピ。
2018年8月23日 木曜日

はちみつレモンところてん。材料三つ、三分レシピ。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
さて、最近佐々木家のずぼらおやつレシピが好評なので、
今日はさらにずべらな健康おやつをご紹介します!
 
今日も、更に調子に乗っていきます!
 
 
■はちみつレモンところてん。
/wp/wp-content/uploads/1535029970523.jpg
 
<材料(1人分)>
/wp/wp-content/uploads/1535029971871.jpg
 
ところてん 1カップ
ハチミツ 大さじ1
レモン汁(ポッカレモン可) 大さじ1
あれば レモンスライス、ミントの葉(飾り用) 適量。なくても可
 

<作り方>
1 ところてんは、よく水洗いをし、ザルに上げてから、
  臭み消しのために、ボウルにたっぷり水を張ってつけ、冷蔵庫に一時間ぐらい入れておく。
2 ハチミツとレモン汁を器に入れ混ぜ合わせる。
3 水切りをしたところてんを入れて、よく混ぜ、あればレモンスライスやミントの葉を載せる。

 

「えっ、ところてんにはちみつレモン? 合うの?」と思ったアナタ。
 

ところてんは寒天のもとの姿ですよ!
 

テングサを煮溶かして、固めたものがところてん、
/wp/wp-content/uploads/img_11.jpg
 

それを寒空に晒して乾燥させたのが寒天!
/wp/wp-content/uploads/kanten31.jpg
 

つまり、
寒天ゼリーをつくるのすらめんどくさい時は、ところてんで代用できるってこと!
↑  ↑  ↑  ↑  ↑  ↑
 (強引かつ個人的な見解)
 
ところてんには独特の臭みがありますが、1の工程をしっかりやると、かなり食べやすくなります。しっかり冷やすこともポイントです。
 

味は、いろいろやってみたところ、はちみつレモンが一番さわやかでおいしかったです!
レモンの酸味がくさみをかなり消してくれるんですね。
 

思えば、ふつう酢醤油で食べるのも、やはり酸味がくさみを消してくれるからなのかも。
 

ちなみに、これをわが夫に素知らぬ顔で出したところ、
「へーくずきりかー、さわやかだなー」とみるみる食べきってました(笑)
 

参考までに、他にやってみたものは以下の通り。
美味しかった順に書いてみます。
 

夏につけた梅シロップ ・・・イケる! 
梅酒 ・・・イケる! でもおやつで酔いたくない
黒蜜黄粉 ・・・無難においしい
メープルシロップ ・・・食べられなくはないけどアクセントが足りない
ココナッツミルク ・・・食べられなくはないけどやっぱタピオカがいい
 
ところてんの材料、テングサには、
食物繊維、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどの栄養素が豊富。
便秘を解消し、老廃物を代謝し、むくみの解消にも効果があります。

 

そして、とっても低カロリーです!
 

みなさんもぜひいろいろ試してみてね!




関連記事

  1. 簡単! さつまいものいも餅。
  2. 簡単! かぼちゃ入りお汁粉! 寒い日のおやつにいかが?
  3. 簡単、芋ようかん。さつま芋・黒糖・塩だけで!
  4. 簡単リンゴジャム 材料二つ、手間5分!
  5. パン耳のホットサンド。
  6. 寒天ふるふるゼリー、材料二つ、三分レシピ。
  7. バナナヨーグルトアイスバー。材料二つ、三分レシピ。
  8. 豆腐スイーツ、材料三つ、三分レシピ。
  9. 小腹満足! ちゃんと計量! 蒸しパンレシピ (T・Tさん 30代男性 重症アトピー) 
  10. 豆かん食べよう!
Top