お菓子じゃない、おやつの新習慣! ~市販の食べ物編~

トップ > 砂糖の害について > 砂糖との付き合い方について > お菓子じゃない、おやつの新習慣! ~市販の食べ物編~
2018年9月3日 月曜日

お菓子じゃない、おやつの新習慣! ~市販の食べ物編~

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
読者さんからの、
「子供のお菓子を制限したほうがいいのはわかるけど、なかなかうまくいきません。
取り上げたこともあるけれど、子供たちは『いつものお菓子』がないと泣き喚きます。

 
/wp/wp-content/uploads/illust25431-1.png
 
どうしたら、お菓子を制限できますか?」
 
というご相談にお答えし、子供のお菓子を制限する方法を提案してみようと思います。
↓↓↓こんな感じで連載しております。
 

 
子どもにお菓子の食べすぎをやめてもらう環境づくり、
 

前回はずぼらな手作りおやつを紹介しましたが、
今回は、おやつによい市販の食品を紹介します!
 
すべて、もよりのスーパーやお店で買えるものです。
 
おやつは、お菓子である必要がないし、そもそも甘いものである必要はない!
っていう視点で見直すと、スーパーのいろんなところに、おやつになりそうなものが見つかりますよ。
 
では、行ってみましょう!
 
 
■お菓子系
●ちょっとヘルシーなお菓子
いつもお子さんに買っているお菓子のコーナーにも、比較的、安心な商品はあります。
 
/wp/wp-content/uploads/kikka_170310pon21.jpg
・ポン菓子
そんなにあまくないし、ノンオイル。
食べるのにちょっと時間がかかるのもいい(笑)
 
/wp/wp-content/uploads/ScreenShot-2018-02-12-21.50.20-231x3001.png
・ノンオイル系お菓子

 
/wp/wp-content/uploads/CR7_8309-650x4331.jpg
・マクロビや糖質制限系のお菓子

甘さ控えめのものが多いです。
ただし、植物油はとくに控えられていないので注意。
 
こういう系統のお菓子はナチュラルローソンに充実しているので、近くにある方は是非。
 
/wp/wp-content/uploads/phot01.jpg
・赤ちゃん用のお菓子

甘さ、油分控えめだし、添加物も少ないです。
けっこうおいしいですよ。
 

●和菓子系

和菓子は、基本的に、洋菓子に比べて油分が少ないか、ノンオイルのものが多いです。
ただし、おまんじゅうなどはがっつり甘いので注意。
 

また、原料のもち米が、アトピー症状に関与しているケースがあるので、アトピーさんには要注意です。
 

おすすめは、蜜などを自分でかけられ、甘さが調節できるもの。
 
/wp/wp-content/uploads/49031104007691.jpg
・あんみつ
 
/wp/wp-content/uploads/a0149329_018221.jpg
・くずもち
 
/wp/wp-content/uploads/049702490005591.jpg
・くずきりなど。
 
ちなみに、私は、市販のお菓子のあまさの6-7割ぐらいがちょうどいいと感じます。
ですから、和菓子のみつも、そのぐらいしか使いません。
わが子たちにも、たとえばくずもちなど、そのぐらいの量のみつをかけて出しますが、「甘くておいしい」と食べています。
 
/wp/wp-content/uploads/1535871252998.jpg
・ところてん
おススメですが、子どもは好きじゃないんですよね・・・。
よかったらこっちの、食べやすいはちみつレモンところてんのレシピもどうぞ。
 

●お茶受け系

子供用のお菓子売り場の隣か、裏辺りには、
ちょっと年配の方用のお茶請け売り場がありますよね。
 

ここ、お勧めです。
 

アレルギー予防には昭和30年代の和食がいいと、当サイトでは解説していますが、
その時代を生きてきた人にとって、なじみがあるおやつは、やはり要チェックなのです。
 
/wp/wp-content/uploads/1535871447605.jpg
・煎餅
シンプルなもの。
揚げたものや、ザラメ、砂糖がけなどはやめましょう。
 
/wp/wp-content/uploads/1535871368202.jpg
・甘栗
 
/wp/wp-content/uploads/61GM0LiegCL._SX425_1.jpg
・干しイモ
歯にもいいです。
 
/wp/wp-content/uploads/1535871369404.jpg
・おしゃぶり昆布
 
/wp/wp-content/uploads/1535871366957.jpg
・食べる小魚 
カルシウムたっぷり。

 

↑↑↑昔はおやつに「まごわやさしい」が入ってたんだなあと思わされますよね。
 
 

■お菓子じゃないけど、おやつにどうぞ
●酒の肴系

次は、お父さんがよくいくであろう、酒の肴コーナーを覗いてみましょう。
ここにもけっこう、素敵なものが・・・。
 
/wp/wp-content/uploads/DSC_105911.jpg
・するめなどの乾物
ちょっとにおいますけどね・・・。
 
/wp/wp-content/uploads/20141002104834ad11.jpg
・ビーフジャーキー
乾物系はとにかく、歯にいいです。時間がかかるし。
ただ、けっこうしょっぱいので、量には注意が必要です。
 
/wp/wp-content/uploads/1535871251437.jpg
・ナッツ類
できれば、オイルコートされていないものを選びましょう。
 
/wp/wp-content/uploads/20120623221836c461.jpg
・チーズ
わが家のお気に入りはこれ。
お手頃価格なんですが、なんとナチュラルチーズなのです!
 

●軽食系

・焼き芋
/wp/wp-content/uploads/1002281.jpg
スーパーの入り口とかで売ってますね。
焼き方が違うからか、甘くておいしいですよ。
 
/wp/wp-content/uploads/1535871308235.jpg
・海苔巻きなどのごはんもの
おこわとか、お赤飯なんかもお勧めです。
 

●その他

/wp/wp-content/uploads/1535871370394.jpg
・ドライフルーツ
出来れば、オイルコートされていないもの、砂糖が添加されていないものを選びましょう。
ドライトマトも最近見かけるようになりましたね。おいしいです。
 
/wp/wp-content/uploads/o08000600132948314081.jpg
・プチトマト
パックを買って、さっと洗えば、そのまま食べられる唯一の野菜!
しかも、最近のは糖度が高くて、ほぼはずれなくおいしい。
わが家は「とりあえずこれ食べなさい」と出すことが多いです。
 
 
いかがでしたか。
興味をひかれたものを買ってみて、お子さんにぜひ、新しい味の経験をさせてあげてください。
 

これらのおやつに共通しているのは、油と砂糖が控えめだということ。
油と砂糖を極力控えていると、次第に、お子さんに正常な味覚と食欲が戻ってきます。
 
そして、かつてわしづかみで食べていた子供用のお菓子の味を、強く感じるようになります。
そのころには、体の調子もよくなっているかもしれません。
 

でも、だからと言って、子供用のお菓子を完全に断つ必要は、私はないと思います。
 

お菓子の素晴らしさ「楽しい、おいしい、うれしい」を味わいつつ、
体に負担がかからない食べ方を知ればいいのです。
 

次回、『子どもと守ろう、お菓子のルール。』で、その辺をご紹介します。




関連記事

  1. 子供のアトピーにはお菓子が大きくかかわっている。
  2. アトピーとお花見とお菓子。
  3. アトピーと運動とおやつ。
  4. チョコレートの食べ方、付き合い方。
  5. チョコレートの健康効果と、食べ過ぎの害。
  6. 「子供はチョコが好き」という誤解。
  7. 準チョコレートに健康効果は望めない。
  8. そのチョコ、ほんとにチョコレート? ~準チョコってなんだ~
  9. 公園で子供がお菓子をたくさんもらって、佐々木が落ち込んだ話。
  10. 世界一甘いお菓子、グラブジャムン!
Top