奥薗 壽子 『奥園流 まごわやさしい健康料理』

奥薗 壽子 『奥園流 まごわやさしい健康料理』

解説マンガ『まごわやさしい。たまに憎い』を読む

サクサク度 ★★★★★ 忙しいママ向け

 

☑ まごわやさしいを料理に取り入れたい。
☑ ごま、といえば、ごまあえ・・・ぐらいしか思いつかない。
☑ まごわやさしいを使った、和食以外のレシピを知りたい。

 

レシピは、まごわやさしい それぞれの食材からの索引になっています。

 

とにかく手順が少なくて、作りやすいのに、とってもおいしい!
レシピのステップは3~5つ。3つがとっても多いです。
毎日のレシピに取り入れたいから、ちゃちゃっと作れるのはうれしい。

 

そして、料理のバリエーションが豊富。
オーソドックスなレシピから、洋風、中華、アイデアが光る一品まで、もりだくさん。
私のお気に入りは、つぶした豆腐にとろろ昆布をまぜて、あっという間に豆腐の水けを吸わせてつくる「豆腐のとろろ焼き」。
ほかにも、とろろ昆布の可能性にびっくりしました(笑)

 

最後に、ワンポイント・アドバイスがとってもためになる。
たとえば、「ほうれんそうの胡麻和え」のポイントは二つ、「ほうれん草にしょうゆを混ぜるのではなく、味付けは胡麻のほうにすること。」「食べる直前にほうれん草をあえること。」
ここに書いてあることをフムフムと覚えてゆけば、自分でどんどん応用をきかせられるようになるんです。

 

毎日の食卓を、楽しく、簡単に、ヘルシーにしたい方、必見の本です。


Top