アレルギーの改善方法

アレルギーの改善方法

■アレルギーの改善方法① リノール酸を控える
前章で触れたように、リノール酸の過剰摂取はアレルギーの原因となりやすいです。
ですが、現代人は、リノール酸に囲まれた生活をしています。
家庭料理にも、美味しくてお手頃な加工品にも、経済的な外食メニューにも、このリノール酸がたっぷり。
 
アレルギーを改善させるためには、まず、これを可能な限り避けることが大切です。
 
/wp/wp-content/uploads/thL4YH81P4.jpg
 
まず、ご家庭の台所を見直しましょう。
サラダ油、ごま油などの植物油を調理油として使うのをやめること。
くわえて、油分が多い調味料や、マーガリンなどもやめてしまいましょう。
(調理油は、しそ油やあまに油か、リノール酸が少ないバター、ラードなどを少量使うようにしましょう)
 
/wp/wp-content/uploads/gatag-0000328911.jpg
 
そして、買い物するときの意識も変えましょう。
何を買う時にも、必ず商品の裏を見て、「~油」が入っていないものを選ぶことです。
 
/wp/wp-content/uploads/36.jpg 
 
加えて、外食時には、ファストフード店などは避けましょう。
できれば和食のお店にし、油が入っていないメニューを選ぶようにしましょう。
 
/wp/wp-content/uploads/teisyoku_haizen1.png
 
アレルギーが改善できるかどうかは、まず、リノール酸をどれだけ避けられるかかかっている。そう言っても過言ではありません。
 
 
■アレルギーの改善方法② 取りすぎているたんぱく質を控える
毎日習慣的にとっているちくさん物(卵、乳製品、肉)があったら、やめてみましょう。
たとえば、毎日パンとハムエッグ、というような朝食をとっている方は、お握りや納豆ごはんなど、手軽な和食にしてみましょう。
 
/wp/wp-content/uploads/food_breakfast1.jpg
 
 
 
■アレルギーの改善方法③ 善玉の油を摂る
善玉の油(α-リノレン酸、DHA、EPA)は、アレルギー反応を抑えてくれる油です。
まず、DHA、EPAをたっぷりとるために、魚をたくさん食べましょう。
 
生にこだわらず、塩焼き、煮つけなど、いろいろ楽しみましょう。
また、缶詰を調理に活用するのもよいでしょう。
 
/wp/wp-content/uploads/8cc52a18ea0fe284e8b90e54ab254ec9.jpg
(DHA・EPA協議会HPより転載)
 
 
くわえて、魚不足を補うために、α-リノレン酸が多く含まれるしそ油(またはあまに油)をとるとよいでしょう。
 
/wp/wp-content/uploads/cooking_wine_white11.png
 
毎日、スプーン一杯ほどを摂るのがおすすめです。
くせがないので、生でもよいですし、短時間なら加熱調理に使うこともできるようです。
(日本脂質栄養学会の奥山先生は、あまに油、しそ油を加熱調理しても問題ない、とおっしゃっています)
 
 
■効果は一週間~一ヶ月ほどで
①リノール酸を控える
②取りすぎているたんぱく質を控える
③善玉の油を摂る

 
これらの取り組みを、一週間からひと月ほど続けると、体内の油のバランスが整ってきます。
そして、リノール酸のほうに傾いていたシーソーが、ちょうどいいところでバランスが取れるようになります。
これにより、アレルギー症状が改善することが多いです。
 
アレルギー症状が改善してきたら、自分の体と相談しながら、それまでの食生活を負担の少ないものへあらためていきましょう。
シーソーが傾かないように気を付ければ、ある程度、好きなものを楽しむこともできるようになりますよ。
 
/wp/wp-content/uploads/706ce96d2ac908502e4e0b3102ba04dc.jpg
 
 
 
■さらに詳しく知りたい方はこちら
花粉症の原因と、症状を改善させる食餌療法を漫画でわかりやすく解説しています。
花粉症に限らず、アトピー性皮膚炎、喘息など、さまざまなアレルギー症状を持つ方にとって、非常に有益な情報をまとめました。
 

 
キンドル書籍なので、スマホ、Iフォンなどでもサクサク読めますよ。
買い方、読み方はこちら。
※ちなみに、アトピーは、もう少しデリケートな取り組みが必要な場合があります。
詳しくはこちらへ
 
サイト内には、アレルギーをもつ方に負担の少ないメニュー例や、普段の食事についてのコラムもあります。ぜひ、ごゆるりとご覧くださいませ。
 
あなたのお悩みが少しでも軽くなることを心から祈っております。
 
 
アレルギーについてのおもな参考文献


Top