パパの花粉症を食事で改善!(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)

トップ > 改善例 > アトピー > パパの花粉症を食事で改善!(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)
2019年3月20日 水曜日

パパの花粉症を食事で改善!(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
引き続き、サイトの読者さん、ネコバスさんの改善例をご紹介します。
 

 
■改善前、改善後。
/wp-content/uploads/9f7031cd04b5f8d8f2ace95ccafae074.jpg
 
/wp-content/uploads/3ef2efbbe4db7ba235fc6e1b7c14fb09.png
 
 
/wp-content/uploads/lV3JwhIn9OtCUoB1548595884_1548596058.png
 
ネコバスさんは、二児のママさん。
当サイトの設立当初からの読者さんで、大切なお友達です。
そんなネコバスさんが、原因不明の顔面の肌荒れに襲われ、それを克服なさるまでの経緯を連載にしていきます。
 
さて、ネコバスさんは、かつてはけっこう畜産物中心の洋食系の食生活を送っていましたが、
 
花粉症のご主人のために、
拙著『花粉症が治ったよ! マンガで分かる体質改善』の食事療法を試してみることに・・・。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
/wp-content/uploads/60-1.png
(拙著『花粉症が治ったよ! マンガで分かる体質改善』の内容のざっくりしたまとめ。
詳しくは本を読んでくださいね~)
 
 
■こんなことしてみました
「パパの花粉症を改善するために、具体的に取り組んだことを、箇条書きにしてみます」とネコバスさん。
 
●朝食

/wp-content/uploads/0.jpg
「食パンは、原材料に『植物油脂・ショートニング』などの記載がないものに変更。
ご飯の時は、味噌汁・納豆を中心とした和食。」

 
●パンに塗るもの

/wp-content/uploads/1-5.jpg

 
●夕食メインの魚と肉の比率

/wp-content/uploads/2-4.jpg
「魚はもっぱら焼くだけ、煮るだけ、あとは缶詰を活用しました!」

 
●調理油

/wp-content/uploads/3-6.png

(佐々木注:なたね油は、リノール酸は一般的なサラダ油の半分ほどだし、クセがないので、使いやすいですね。
サイトとしては、さらにリノール酸の含有量が少ない、あまに油、しそ油、バター、ラードをお勧めしています。)

 
●調理法

/wp-content/uploads/4-2.jpg

 
●卵

/wp-content/uploads/5-2.jpg
「卵を使う料理は週に1~2回」

 
●牛乳

/wp-content/uploads/6-2.jpg
「休日の朝パン食のときに登場するか、シチューなどの時に登場するか、どちらか」

 
●マヨネーズ

/wp-content/uploads/7-2.jpg

 

●お買いもの時
「原材料を確認し、”植物油脂””食用油脂””ショートニング”などの表記があるものは、なるべく避けました」
 
 
■ゆるい取り組み
「ずいぶん、代わりましたね!」
 
「全てを一気に取組み始めたわけでもなくて、じわじわと少しずつ変えていった感じです。
それに、主人は平日は朝と昼は外で食べるので、取り組みは夕食だけでした」
 
/wp-content/uploads/business_eigyou_man1-1.png
 
「なるほど。それならばご主人もそんなに抵抗を感じないかも。
ご主人は協力的だったんですか?」

 
「本人は、佐々木さんの本の理論を理解し、それなりに意識してくれたものの、
そもそもアレルギー体質だし、危機感というほどのものはなかったようです」
 
「たしかに、ご主人のように、長い間アレルギーと付き合っている方にとっては、症状があるのが普通のこと。
『治す、治る』というビジョンを持ちにくいみたいです。

 
突然アレルギーになった! 人は、原因探しをする傾向があるのだけど」
 
「そうでしょうね。私の方が熱心でしたね。
 
パパは、私があまりに『植物油脂NG、植物油脂NG』と言うので、会社で数回飲むコーヒーにポーションミルクを入れなくなったそうです。
(※佐々木注:ポーションミルクの原材料はミルクでなく植物油です)
 
とはいえ、夜、子供達が寝た後のビールタイムにはスナック菓子つまんだりしたし、
休日の外食は無礼講だったし、おやつにアメリカンドッグ食べたりしたし、
会社帰りに串揚げ食べたりガツン系のラーメン食べてくることもあったみたいだし、
 
割とゆる~い感じの取組みでした」
 
「ふむふむ、して、結果は・・・」
 
 
■「季節感がないなあ・・・」
「花粉症の季節になっても、例年に比べて、全然症状が軽いようでした。
目もかかないし、鼻水もかみまくらない。
 
本人は『季節感がないなあ・・・』って(笑)」
 
/wp-content/uploads/th8OZ7530F.jpg
 
「わははははは! よかった!」
 
「まだ花粉が飛んでないのかも、と疑ったりもしてましたが、
周りの人間にはしっかり症状が出ているのを見て、『やはり改善したんだなあ』と。
 
症状が完全になくなったわけではないんですけど、見るからに楽そうなので、私たち家族もうれしかったです。
 
しかし、あんなに緩い取り組みだったのに、はっきり効果が出たことに驚きました」
 
「何よりです。
食事を楽しみつつ、症状をコントロールできるようになることが理想ですものね」

 
「はい、私もそう思います。
パパの花粉症については、十分な結果が出たと思いました。
 
そもそも我が家は、パパ以外には特に問題なかったんです。
だから、食事のいろんな点を見直したとはいえ、それ以降も、食生活を根本的にがらりと変えたわけではありませんでした。
 
乳製品も、お肉も、以前よりは減ったけれど、結構食卓にあげていました。
 
あのころは・・・・
自分がその後、あんなひどい目に合うとは思っていなかったんですよ・・・
 
 
●次回「4 ストレスと、肌荒れ発症」に続く




関連記事

  1. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  2. 片頭痛が食事療法で改善した!(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  3. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  4. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  5. 慢性じんましんの改善例(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  6. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  7. 元重症アトピーのGokkyunさんの新しいプロジェクト。
  8. コロナ禍と娘の鼻炎について。
  9. 元重症アトピーのヘアメイクアーティスト&モデルママ、アドバイザーになる!
  10. 元重症アトピーのヘアメイクアーティスト&モデルママ、youtuberになる!
Top