結節性痒疹が改善した!(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)

トップ > 改善例 > アトピー > 結節性痒疹が改善した!(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
2021年8月14日 土曜日

結節性痒疹が改善した!(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今回は、結節性痒疹・重症アトピーを患っていたゆにさんの改善例を紹介します。
 

結節性痒疹・重症アトピーの改善例を紹介する連載記事です。
1 結節性痒疹・重症アトピーの改善例
2 結節性痒疹が改善した!
3 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(終)

 
●結節性痒疹の患部の改善前後

 
 
■結節性痒疹とは何か
結節性痒疹とは、強いかゆみを伴う皮膚疾患です。
ビジュアル的には、とびひが広がってしまったのか、と見まがうような感じです。

(写真は借り物の、結節性痒疹の症例です)
 
以下、結節性痒疹について、日本皮膚科学会「痒疹診療ガイドライン 2020」をかなり噛み砕いて解説します。
 

中高年女性に、比較的多いです。
 
・症状がとても強い場合は、心身の別の疾患が背景にあることがあります。
 
原因不明です。
 
虫刺されから始まることが多く、アレルギーの一種と考えられます。
 
・一度発症したら、治すことは極めて難しいです。
 
・ステロイド外用薬は有効なこともありますが、良くなると言えるほどではありません。効かないこともよくあります。
(ステロイド内服をしても完治に至らないのであまり使われません)
 
・他にも薬はあるにはありますが、すべて、効き目はステロイド外用薬以下です。

 
・・・えっ、これで終わり(*_*)?
 
わたし、「○○診療ガイドライン」ってそこそこ読みなれているんですが、
ここまで「有効な治療方法」が書いていないガイドラインは、初めて読みました。
 
これは、お医者さんとしても、どうしようもなさそう。
 
実際、ゆにさんは言っています、
「薬が全く効かず、ここ3年ほどは自宅にこもり、あまりの辛さにあらぬ事を考えてしまう日もたくさんありました」
 
また、比較的珍しい疾患であり、
「治したブログや実際になっている方が少なく、情報があまりに少ない」ことも、患者さんの孤立を深めてしまうでしょう。
 
いまも、一人で苦しむ患者さんがたくさんいることと思います。
 
 
■結節性痒疹が改善した!
そんな結節性痒疹を、ゆにさんは、食事療法とステロイドの併用によって「明らかに改善」させました!
参考にしたのはこの本です。
↓↓↓

 
ご自分で素敵なブログをつくり、同じ病に悩む患者さんと情報共有を始められました。
↓↓↓

 
当サイトでも及ばずながら、
ゆにさんとのやり取りで、ゆにさんの結節性痒疹の経過において明らかになったことを、以下にまとめてみます。
 

●結節性痒疹はアトピーと同じ時期にひどくなった。
ゆにさんは子供の時からアトピー体質で、結節性痒疹も一度出たことがありましたが、20代半ばまでは小康状態。
「20代半ば頃からひどくなり皮膚科通いを再開、そこからは痒疹とアトピーが交互に出て年々ひどくなっているような感じ」とのこと。
出方としては、「重症アトピーと結節性痒疹が交互に出る」そうです。
 
 
●結節性痒疹とアトピーがひどくなった時期の食事には、タンパク質と油が多かった。
「自分で働いてからは外食が増え、お菓子なども増えました。
 
ここ3年ほどはひどくなっているので食事には気をつけておりました。
筋力トレーニングをしているので、食事は主食を抜いたりタンパク質多めにしてましたが、間食はがっつりお菓子、、食べてました。全く糖質制限とは言えませんね、、。
 
今思えばタンパク質と油ばっかり摂っていた食事でした。」とのことです。
 
 
●今まで色々な方法を試したが、結節性痒疹もアトピーも、思うように改善しなかった。
ゆにさんは今までに「化粧品、サプリメント、温泉治療、脱ステ、お茶、石鹸、整体などなど」を試していますが、思うような効果は得られませんでした。
 
(ちなみに、商材ではありませんが、運動(ランニングや筋トレ)は「顔の赤みが減ったり、なんだかすっきりします!」という効果を感じていたそうです。
運動は私の本でも大いに推奨していますヽ(^o^)丿)
 
今回、食事療法とステロイドというアプローチで「初めてこれはきちんと続ければ治るのでは!?」と感じているそうです。
 
 
●食事療法&ステロイドは、結節性痒疹に比べ、アトピーに、より効いている。
 
  
●とはいえ、結節性痒疹も明らかに改善し、ステロイドテープの効きが以前よりよくなった。
 
 
たった一件ですが、
ゆにさんのケースから、
結節性痒疹の原因として、アトピーと同じく、食事の偏りがあり、
食事療法&ステロイドというアプローチで改善する可能性
が示唆されたわけです。
 

 
このことは、結節性痒疹の患者さんにとっては、とても重要な情報であるはずです。
もし、みなさんの周りに結節性痒疹に悩む患者さんがいたら、ぜひ教えて差し上げてください。
 
ゆにさんは、現在の気持ちをこうつづってくださいました、
 

私は超ハードにできてはいないのに、この効果なので、本当にやっと本当の改善法に巡り合えたんだと思います。
 
今回の帰省や、少し大丈夫かな?と思う時でも、帰ってからまた食事戻してやったら大丈夫だな!と思えるので、やっと佐々木さんがブログでかかれていたことが分かりました。
 
なんといっても周りがめっちゃ変わってる!!と変化に気づいてくれるので応援してくれてやりやすくなりました。

 
これを読んで、私もとてもうれしかったです。
そして、ゆにさんのブログを、今後も楽しみに拝見していきたいです。
 
また、同じ結節性痒疹で、食事療法をやってみたい、またはやってみたという方も、ぜひメッセージお待ちしています!
 
 
●次回→「「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です




関連記事

  1. 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  2. 結節性痒疹・重症アトピーの改善例(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  3. アトピーの家族の食事療法の難しさ(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  4. 青魚がダメな人は「ヒスタミン中毒」かもしれない。(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  5. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  6. 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
  7. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  8. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  9. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  10. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
Top