「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)

トップ > 改善例 > アトピー > 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
2021年9月1日 水曜日

「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)

子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。
 
今日は、よくあるご質問「ステロイドは皮膚が黒くなるって本当ですか?」について。
引き続き、結節性痒疹・重症アトピー改善中のゆにさんにご協力いただき、解説します。
 

結節性痒疹・重症アトピーの改善例を紹介する連載記事です。
1 結節性痒疹・重症アトピーの改善例
2 結節性痒疹が改善した!
3 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(終)

 
●アトピーの患部の改善前後

 
 
■「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です
「ステロイドは、皮膚が黒くなるので使いたくないんです」
これは、脱ステしてきた方がよく言うことです。
 
脱ステ派の方はよく、「ステロイドの副作用で皮膚が黒ずむ」ととらえています。
 
しかし、これは誤解です。
 
アトピーの症状で慢性的に炎症状態になると、皮膚は色素沈着を起こして茶色っぽくなることがあります。
ステロイドを塗ると、炎症とともに赤みが引くので、色素沈着が目立つようになり、まるで皮膚が黒ずんだように感じられるのです。
 
そして、この黒ずみは、新陳代謝とともに徐々に薄くなっていき、長くても数年で、ほぼ消えてしまいます。
 
こちらは、ゆにさんのブログから拝借した、ゆにさんの腕の変化の様子。
黒ずんでいた腕の内側が、確実にきれいになりつつあるのがおわかりいただけると思います。
↓↓↓

 
比較しやすいように、二枚の写真の色調を合わせるとこんな感じ。

 
しかもゆにさんは、黒ずみを消すためのケアなどは一切していないそうです!
 
「黒ずみが消える」ことについては、
当サイトの監修者で、もと重症アトピー患者の伊藤龍一さんに聞いたところろ、同じように言っています。
↓↓↓

転んで、膝にできたキズと同じ。
私の体で、一部、これ(ゆにさんのbefore写真)より酷い症状があって、それが治りました。
最長で2年半。
 
2年半、といっても、それは、ごくごく薄ーくなった状態がしぶとく残ったのも厳しく見て、なので、実際には半年とかでかなーり消えます。

 
伊藤さんはもと重症アトピーでしたが、いまはお肌つるつるです。
最初にお会いした時、あまりにもきれいなお肌で、もと重症アトピー患者というのが信じられなかったし、同い年で女性の私が立場なくて「キィィィッ」ってなるぐらいでした(笑)
 
 
■アトピーの消えない傷
しかし、らく研に来るアトピー患者さんの中には、アトピーの消えない傷跡、または非常に消えにくい傷跡を抱えることになった方たちもいます。
 
脱ステしていた場合です。
 
脱ステによって、アトピーの症状が悪化し、
皮膚をえぐるようにかきむしったり、かきむしりが長期・慢性化することによって、
そのひっかき傷が真皮にまで達してしまった場合、アトピーが完治したとしても、傷は残ってしまうのです。
 

 
そのようなことを防ぐには、ステロイドをしっかり使うことが大切です。
もちろん、ステロイドを使いつつ、食事療法に取り組むことが必須です。
 
アトピーの改善方法については、いろいろなものがあり、よいものも悪いものもありますが、
「ステロイドは皮膚が黒くなる」については完全な誤解であることを、患者さんには知っていただきたく思います。
 
 
ゆにさんの記事は、今回でおしまいです。
 
大変な思いをなさってきたのに、パワフルでユーモラスなゆにさん。
結節性痒疹の改善はアトピーに比べて時間がかかりそうですが、ゆにさんらしく、楽しみながら食事療法を続けていただきたいです。
 
ゆにさん、ありがとうございました!
今後もブログを楽しみに拝見します(^^)/




関連記事

  1. 結節性痒疹が改善した!(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  2. 結節性痒疹・重症アトピーの改善例(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  3. アトピーの家族の食事療法の難しさ(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  4. 青魚がダメな人は「ヒスタミン中毒」かもしれない。(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  5. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  6. 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
  7. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  8. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  9. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  10. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
Top