肌荒れがよくなった! ~運動編~(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)

トップ > 改善例 > アトピー > 肌荒れがよくなった! ~運動編~(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)
2019年4月5日 金曜日

肌荒れがよくなった! ~運動編~(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今日は、サイトの読者さん、ネコバスさんの改善例をご紹介します。
 

 
■改善前、改善後。
/wp-content/uploads/9f7031cd04b5f8d8f2ace95ccafae074.jpg
 
/wp-content/uploads/3ef2efbbe4db7ba235fc6e1b7c14fb09.png
 
/wp-content/uploads/lV3JwhIn9OtCUoB1548595884_1548596058.png
 

ネコバスさんは、2児のママさん。
当サイトの設立当初からの読者さんで、大切なお友達です。
 
ネコバスさんは、重なるストレスで胃腸の調子を崩し、やがて、顔面にひどい肌荒れが!
皮膚科では対症療法的な処方をされるのみ。
 
ネコバスさんは食事を改善することで、一定の効果を実感することができました。
しかし、やけ食いやストレスの影響もあり、すっきりとはよくならず。
 
そんなとき、娘さんの幼稚園入園をきっかけに、事態が好転したのです・・・! 
 
 
■運動する
「実は私、以前はまったくと言っていいほど運動をしていなかったんです。
週一で、娘と一緒に親子体操に通ってたぐらいで。
 
それが、娘が幼稚園に入園したとたん、自分の時間ができて!
 
思い切って、前から行きたかったダンス教室に通いだしたんです。
/wp-content/uploads/a320f6281a7e30eaea3f822634e66014.jpg
(写真はすべて借り物でイメージです)
 
音楽に合わせて体を動かすのって、やっぱり楽しくて、週に一回、二時間ほど汗をかいてます。
 
そして、その翌月から、ウォーキングも始めました。
/wp-content/uploads/1ad19bef3355f79634fe77db38c7e16a.jpg
週に1~2回、好きな時に6~8キロほど歩くんです」
 
「ええ~、いきなりそんなに始めて大丈夫ですか?」
 
「最初はふくらはぎがパンパンになりましたけど(笑)
 
でも、実は今、更に運動量が増えてるんです。
/wp-content/uploads/9635c142e23beb2c90fda35f9cc0542c.jpg
娘の体操教室がきっかけで、体操教室の指導に興味をもち、指導者の資格を取りまして。現在は指導補助をしているんです」
 
「おおっ! 相変わらずすごい行動力!
では現在の一週間の運動量を教えていただけますか」

 
 
■一週間の運動量
●月曜日 
/wp-content/uploads/1ad19bef3355f79634fe77db38c7e16a.jpg
6~8Kmのウォーキング と、
 
/wp-content/uploads/c4dc011d038001f87e414939c25bc6f0.jpg
体操(汗をかく程度) 2時間
 
●火曜日 
/wp-content/uploads/a320f6281a7e30eaea3f822634e66014.jpg
ダンス教室 2時間
 
●水曜日か、木曜日どちらか
/wp-content/uploads/1ad19bef3355f79634fe77db38c7e16a.jpg
6~8Kmのウォーキング 
 
●金曜日 
/wp-content/uploads/oOahmeM8eVNCBez1552319144_1552319151.jpg
体操(汗をかく程度) 2時間
 
●月に1~2回
/wp-content/uploads/bddb96a828a0af16822074297308e8ef.jpg
体操指導の研究会に行き、2時間身体を動かす(汗をかく程度)
 
「おお! 以前とは別人のような運動量!」
 
「とにかく身体を動かすことが気持ちよくて。
運動すると、代謝が上がり、消化が促されるのはもちろんですが、ストレス解消にもなっているのかもしれません。
 
それがいい方にはたらいたのか、反抗期中だった息子も、訳の分からないキレ方をする事が減ったんです。
甘えてくることも出てきました。
 
私も、それを受け止められる日が出来てきました」
 
「おお! いい循環が始まった感じ~!」
 
 
■よく噛むということ
「そうですね。
それから、もう一つの変化は、よく噛むようになったことです。
 
発症前は、食べる時かっこむことが多かったです。
あまり噛まず、ともかく子供達の仕度だの、家事だの、自分の食事は後回しで、おざなりでした。
それに、ストレスでイライラしながら食べることも多くて、そうなると、やけ食いみたいになって、やっぱり噛まない。
 
愛さんのマンガにもありましたよね。よく噛む、って。
これか!と思ったのを覚えています!」
 
「はい、ここですね。
今回お話しいただいたことはまさにこの辺ですね!」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
/wp-content/uploads/66-4.png
(拙著『アトピーが消えちゃった! マンガでわかる体質改善』より)
 
 
■改善が始まった
「このような生活をするようになってから、症状の出る頻度が少なくなっていきました。
 
お肉を食べても、翌朝の症状が出ないことが多くなったし、
また、『これは絶対に症状が出るな・・・』という食事をしてしまった後でも、意外と出ない、ということが増えました。
 
例えば、ママ友たちと懇親会をしたとき、
/wp-content/uploads/f1ac0c261cbc97ae388af397c45904e6.jpg
中華料理やワインをたくさんいただきながら、ママさんたちと楽しくおしゃべりして過ごしました。
 
その夜は、
『明日の朝は、きっと顔は赤く腫れて荒れてひどくなるだろうな・・・。まあステロイド塗ればいいか~』
と開き直って眠ったんですが、
 
翌朝!めっちゃ軽症だったんです!
目の上が少し赤くなったくらいで。

 
食べ物そのものはもちろんだけど、、

運動することや、食べ方や、心の在り方が、免疫力に直結しているんだと感じるようになりました」
 
「すばらしい発見だと思います!
それをご自分のご経験から実感されたことは、一生モノの財産ですね!」

 
「ありがとうございます!
 
しかーし!
そこでつい、油断して食べすぎてしまうんです!
それで再発してしまうんです」
 
「ああ~、切ない・・・」
 
「とはいえ、コントロール可能な状態にはなってきたんです。
症状が出てもその原因が自分でわかります。
薬はそのときだけ使う感じです。
 
こういう状態になってしまったのは、これまで身体の声を聴かず、無理を続けていたからだと思います。自業自得です。
 
この状態がどのぐらい続くかわかりませんが、
今後も身体の声を聴いて、誘惑と戦いつつ、いたわっていこうと思ってます」
 
/wp-content/uploads/f1123d6176a34f62e41bb77c6eb07323.jpg
 
「そうですね。
私たちの年代は多分、無理がきかなくなる岐路なんでしょうね。

 
ちょっと気長な療養生活になりそうですが、陰ながら応援していますよ。
 
私もネコバスさんを見習って、日々身体をいたわるようにします。
 
ネコバスさん、今回はご協力本当にありがとうございました!
記事ができたら今度は飲みに行きましょう!」

 
「いいですね! ほどほどに飲みましょう!(笑)」
 
 
●次回はネコバスさんのおすすめ料理「混ぜるだけ!簡単バランス☆サンマ蒲焼き丼」をご紹介いただきます!




関連記事

  1. アトピーの家族の食事療法の難しさ(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  2. 青魚がダメな人は「ヒスタミン中毒」かもしれない。(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  3. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  4. 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
  5. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  6. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  7. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  8. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  9. 慢性じんましんの改善例(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  10. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
Top