紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)

トップ > 改善例 > アトピー > 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
2021年1月27日 水曜日

紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今日は、以前ご紹介した、中症アトピーを改善されたひなたさんのその後をご紹介します。
 

中症アトピーの改善例を紹介する連載記事です。
1 アトピーを起こしている食材は何?
2 紫外線アレルギーが改善した!
3 赤い頭皮が改善した!

 
前回までの写真がこちらです。↓↓↓


 
拙著『アトピーが消えちゃった! マンガでわかる体質改善』で説明しているように、アトピーの主な原因は、植物油、畜産物といった、特定のジャンルの食品の取りすぎです。
 
食事療法に取り組むにあたって、植物油を極力控えることは絶対に必要です。
しかし、実は、症状がどのタンパク質に反応して起こるするかは、かなり個人差があります。
また、食べ方、運動、ストレスなどが症状に影響していることもあります。
 
それを特定するためには、とにかく食事記録、症状の記録をつけ、振り返ってよく考え、あたりをつけ、実験する・・・を繰り返すことです。
 

(献立を撮影しておくと、症状が出たときにすぐ振り返れます(^^))
 
そうすることによって、短期間でたくさんのことに気づかれ、改善に成功なさったひなたさん。
先日、追ってご連絡を頂いたので、ご紹介します。
↓↓↓



           (中略)

           (中略)

 
もう一度、一番最初から写真を並べてみましょう。

 
おおっ、順調に良くなっているのがよくわかりますねヽ(^o^)丿!
 
そして、注目すべきなのが「ステロイドが弱いものになり、使用頻度が減っていっている」ということ。
 
このことは、脱ステロイド派が主張する、「ステロイドはやめるときにリバウンドに苦しむ」という説とは一致しません。
 
なぜなら、食事療法とステロイド使用を併用した場合、ステロイドの離脱によるリバウンドは起こらないのです。
これまで、たくさんの方の改善を見てきましたが、ステロイドが必要なくなって離脱した場合、リバウンド症状に悩んだというケースはありません。
長い間、強いステロイドを使っていたとしても、です。
(詳しくはこちらのページ→「ステロイドについて」をどうぞ)
 
このことは脱ステロイドによって辛い思いをしている方にもっと知ってほしい事実です。
 
 
■紫外線アレルギーの改善
もう一つ、注目していただきたいことがあります。ひなたさんの紫外線アレルギーと思われる症状が改善したことです。
(ひなたさんは、紫外線アレルギーと診断されたわけではありませんが、「数分で顔に赤みが出て痒くなったり、やけどのようにジュクジュクする部分ができたり」という症状は、紫外線アレルギーの特徴と考えてよいでしょう)
 

 
アトピー改善のための食事療法によって、紫外線アレルギーまでが改善したという例は、これで三件目です。
 
永田先生の著書には、食事療法が紫外線アレルギーにも効果がある、とは書いてありません。
しかし、さまざまなアレルギーに効果がある、ということは書いてあります。
なぜなら、あらゆるアレルギーは免疫機能の過剰反応で、その過剰反応を促す物質は同じ、植物油、畜産物と考えられるからです。
 
私がアレルギー患者さんに寄り添う中で、食事療法によって改善したと考えられるマイナーなアレルギーは、ラテックスアレルギー、紫外線アレルギー、食物アレルギー(そば、甲殻、小麦)、また、まだ少ないですが、ペットアレルギー、口腔アレルギーなどです。
 
しかしながら、紫外線アレルギーを始め、マイナーなアレルギーの患者さんは、改善をあきらめています。
なぜなら、医療機関を受診すると、「原因不明、いちど発症したら完治できない」と言われてしまうからです。
 
食事改善というアプローチにたどり着くことが難しいのです。
 
このような状況を少しでも変えるために、当サイトでは、食事療法による様々なアレルギーの改善例について発信し続けていきたいと考えています。
 
アトピー改善のための食事療法によって、紫外線やその他のアレルギーまでが改善したという方、ぜひ、そのご体験を当サイトまでお寄せくださいませ。
 
(最近よく、化学物質過敏症にも効きますかとご質問をいただくのですが、残念ながら、これについては当方ではまだ改善例がありません。改善しなかったという意味ではなく、化学物質過敏症の方に関わったことがまだありません。
 
しかしながら、化学物質過敏症は、アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症など何らかのアレルギー疾患を有する人が発症しやすいとされているので、同じ主因で起きている可能性があると考えられます)
 
 
ひなたさん、嬉しいご報告をありがとうございました!
引き続き応援しています(^^)/
 
●ひなたさんのさらなる後日談→「赤い頭皮が改善した!」




関連記事

  1. アトピーの家族の食事療法の難しさ(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  2. 青魚がダメな人は「ヒスタミン中毒」かもしれない。(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  3. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  4. 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
  5. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  6. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  7. 片頭痛が食事療法で改善した!(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  8. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  9. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  10. 慢性じんましんの改善例(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
Top