重症アトピーの改善例、写真と経過報告。(モアナちゃん、三歳女児)

トップ > 改善例 > アトピー > 重症アトピーの改善例、写真と経過報告。(モアナちゃん、三歳女児)
2019年8月25日 日曜日

重症アトピーの改善例、写真と経過報告。(モアナちゃん、三歳女児)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今日は、あるママさんからのご報告を掲載します。
 

 
ポカホンタスさん(仮名)は、三歳の娘さん、モアナちゃん(仮名)のママさん。
モアナちゃんは重症のアトピー。
そしてポカホンタスさんご自身も、かつて重症のアトピーに苦しまれたご経験が。
 
/wp-content/uploads/deco_2019-08-21_00-34-20.jpg
(モアナちゃん(*^_^*))
 
ポカホンタスさんは、モアナちゃんのために、これまでいろんな療法を試してきて、
二ヶ月ほど前からは、ある医師のアドバイスで、油などを抜いた食生活に切り替えていました。
(内容的には、当サイトの勧める食事療法は多少異なります)
 
しかし、症状がうまく収まらない悩みの中で、
拙著『アトピーが消えちゃった! マンガで分かる体質改善』を見つけて下さり、
冊子版をご購入の際、私に連絡をくださいました。
 
当サイトが勧める、ステロイドを併用した食事療法は、
ポカホンタスさんにとって、今まで触れてきた情報との矛盾を、多々、感じるものであったと思います。
 
そのひとつひとつについてやりとりを交わし、ご質問にお答えし、
納得されたポカホンタスさんは、モアナちゃんとともに、ステロイドを併用した食事療法を始められました。
 
まだ始めて間もないところですが、
モアナちゃんの症状は、どんどんよくなっています。
 
これは、食事療法の成果もありますが、もちろん、ステロイドの助けが大きいでしょう。
しかしそれは、モアナちゃんを助けてくれる杖のようなもの。
自分で歩き方を覚えさえすれば、いずれ手放せるものなのです。
 
今回は、今の時点での、ポカホンタスさんによる経過の報告文と、モアナちゃんの患部の写真をご覧ください。
モアナちゃんの経過については、今後も掲載させていただく予定でおります。
 
次回からは、ポカホンタスさんからのご質問にお答えしたことをもとに、
アトピーの民間療法にまつわるあれこれについて、私の考えを書いてみるつもりです。
 
 
■モアナちゃんの患部の写真
●腕
/wp-content/uploads/9ef25229d082e38d351f1b553655d72e.jpg
↑ステロイドを使用する前
 
/wp-content/uploads/514f8967c51a9220245729bb65be8467.jpg
↑ステロイドを使用して2日後
 
/wp-content/uploads/2af8aeccbefab6b76efb0afbd50d087c.jpg
↑ステロイドを使用して4日後
 
●足
/wp-content/uploads/1a41901cf78d7f1eea54ccc6995101ee.jpg
↑ステロイドを使用する前
 
/wp-content/uploads/cade7de6be0131cdb42d82b445536e4e.jpg
↑ステロイドを使用して2日後
 
/wp-content/uploads/ba5bc7c35e21b2ad1cead8214968c416.jpg
↑ステロイドを使用して4日後
 
■ポカホンタスさんによる経過の解説

娘三歳
 
生後一ヶ月くらいから、顔に湿疹がでてきて、
生まれてすぐくしゃみもよくしていた。
 
お医者さんには、
乳児湿疹で、
くしゃみは、アレルギーじゃない。
と言われましたが、
 
アレルギーだなーと思い、
 
過去に私自身、重症のアトピーを治して頂いた漢方の病院でみてもらうと、
 
アレルギーで、アトピーということで
漢方の塗り薬や、漢方のお風呂に時々入れる。
 
少しするときれいに治りほっとしたが、
その後、だいぶたってから、
 
時々夜にひどい咳や、時々アトピーがでてきて、
風邪と思っていたので、小児科にいくと、風邪と言われて薬を飲ませるが、あまりよくならず、
 
漢方の病院で見てもらうと、
咳もアレルギーで軽い喘息。といわれ、
風邪薬はやめる。
 
アトピーは、漢方の塗り薬、消毒、抗生物質の塗り薬などを、症状のでているときは、毎日数回塗る。
 
 
二歳の春頃から、喘息、アトピーがかなりひどくなり、
夜も何度も吐きそうなくらいの咳がでて起きたり、かゆくて何度も、もがいたりして、起きる。
 
漢方の飲み薬も始めるが、よくならず、どんどんひどくなり、手足の曲げるところが傷だらけで、血や汁がでたりと、重症になる。
日中もかく。
 
2ヶ月前から、
健康やアレルギー体質の改善のため、
食事療法で自身の重病を治された先生から食について学び、
 
油、砂糖、小麦、パン、お菓子、揚げ物などをやめ、
ほぼ、米、味噌汁、漬物、野菜サラダなどに切り替える。
 
それでも、良くならず、
 
食事療法を続けながら
漢方治療では、消毒、抗生物質はやめ、
漢方の飲み薬と、塗り薬に変更。
 
 
好転反応なのか、毒素が更にでてきているのか、悪化しているのか、、
 
どんどんひどくなり、更にかいて、血や汁がでてくる。
お風呂ももうずっと、傷が痛いから入るのを嫌がり、シャワーだけでもしないと悪化するので、
お風呂のオモチャを買ったり、音楽をかけたり、少しお菓子やジュースをあげたり、いろいろ工夫して、なんとか入る。
 
 
手足の傷は変わらずあるものの、肌はほんの少し、ましになってきたようなきも、、。
 
 
それでも、
日中や、お風呂後、夜中、かいて、血が出て、汁がでて、痛くて泣き、
薬を塗ったり、水を飲ませて気分を変えようとしてみたり、トントンしたり、、。
 
それでもかいてしまい傷だらけになる娘をみて、もう、胸は張り裂けそうに辛くて、その痛みがわかる分、更に辛くて、
どうしたらいいのか、わからなくなり、悲しくて一人で泣いていたとき、
 
ふと、実際に本当に、ちゃんとアトピーを完全に治した人の治療方法を探してみよう。と思い、
夜中、ネットで探していると、
 
佐々木さんの本
アトピーが消えちゃった。
 
を見つけ、
動画や、文章をみて、
 
いた!これは本物だ!
これでやっと治せる!!と思い、泣きながらブログを読んで、本を注文。
 
 
本の内容に感動し、理解するが、
 
ステロイドだけは、私自身が
前の病院で、絶対使うといけない。と言われていたので、
何年もずっと悪いものと思って、どれだけ重症で、全身傷だらけなときも、毎晩かゆくて痛くて寝れないでふらふらな時も、傷が痛くて泣きながら仕事に行ってた時も、使わずに辞めていたので、
 
佐々木さんに質問し、
必要性、安全な使い方など、丁寧に使い方を教えて頂いて、
理解できたので、
世界がひっくり返るほどのショックと驚きでしたが、
すぐに、皮膚科にいって、スタート!
 
食事療法のせいかもあったのか、
たった1日で、
傷はまだあるが、びっくりするほど、よくなり、
嬉しくて泣いたほどです。
 
 
これから、娘にとって、アレルギー反応がでる食品は何か、必要な食品は何かなど、もっと勉強して、治していこうと思います。
 
この治療方法を広めて頂き、
娘や私たちの人生を変えていただき、本当に感謝です!
ありがとうございます!!

 
ポカホンタスさん、モアナちゃん、これからも応援していますよヽ(^o^)丿
また記事にさせてくださいね~!
 

●次回は、ポカホンタスさんをはじめ、アトピーの方が頼ることが多い「漢方」について、私の考えを書いてみます。→「アトピーに漢方は効くか。
 
●モアナちゃんの経過はこちら→「食事療法+ステロイド、順調です。」




関連記事

  1. 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  2. 結節性痒疹が改善した!(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  3. 結節性痒疹・重症アトピーの改善例(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  4. アトピーの家族の食事療法の難しさ(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  5. 青魚がダメな人は「ヒスタミン中毒」かもしれない。(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  6. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  7. 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
  8. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  9. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  10. アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
Top