アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)

トップ > 改善例 > その他 > アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
2021年2月18日 木曜日

アレルギーっ子の食事療法、頑張りすぎないで(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
ひきつづき、マンボNo.5ちゃんの慢性じんましんの改善例について紹介します。
 

 

(皮膚科で治療を続ける前の頃の写真。脇腹に500円硬化ぐらいのじんましんがある)
 

マンボNo.5ちゃんは、現在5歳の男の子。
 
3歳頃から慢性じんましんに悩まされ、皮膚科でアレロックの投薬治療を1年以上続けていました。
しかし、よくならず、お母さんは、いろいろな民間療法も試してみましたが、改善には結びつきませんでした。
 
そして一年前に、↓↓↓こちらを見つけて読んでくださり、実践した結果、症状は軽くなり、薬を減らすことに成功しました。
 

 
 
■完治を急がなくてもいい
とはいえ、マンボNo.5ちゃんは現在、完治したわけではありません。
半分に減らせたとはいえ、薬も飲んでいます。
 
完治してほしいと願いつつ、なかなかそれができない。
そして、じつはそういう方は、読者さんに少なくありません。
 
なぜか?
それは、子どもの食事管理というものが、難しいものだから。
 
お子さん自身が偏食だったり、
それまでいろいろなお菓子を与えていて、欲しがられたり、
幼稚園などで給食を食べていたり、
祖父母に預けていたり、または祖父母と同居していたり・・・、いろんなケースがあります。
 
子どもの食環境って、周りの大人たちが、それぞれに、その子供に幸せになってほしくて作り上げた食環境だったりするから、一足飛びにかえられるものではないんですよね。
 

(写真はイメージで借り物です)
 
マンボNo.5ちゃんのお母さんも、そんな戸惑いの中にいらして、そんなときに「共感した」と言ってくださった、私のインスタの記事を転載します。
↓↓↓



 
 
現在、マンボNo.5ちゃんのお母さんは完治をあせらず、「子供と私がお互いにストレスが溜まらない方法を模索」なさっています。
 
以下は、マンボNo.5ちゃんとお母さんの最近の取り組みの様子です。
↓↓↓

3連休中は主人の実家や私の実家でお菓子を食べすぎ、昨日は魚のフライを食べたので、夜中に背中が痒くて掻いていました。反省です。

 

幼稚園から帰宅後はとにかくおやつを沢山欲しがるのもありますし、早食いしがちで食べ過ぎも原因かと思います。

油分すくなめの物にはしてますが、ラムネやグミ、ゼリーはやめられそうにもありません。
 
一人っ子で大人しい性格なので幼稚園では気を遣ってストレス溜めてる感じがするのでおやつ位は好きなものをあげてもいいかな、と思います。
 
成長と共に消化能力や代謝機能も上がるのを期待し、楽しみながら続けていこうと思います。
慢性蕁麻疹は原因不明と言われる事が多いです。今は対策が家庭で出来るのでとても心強いです。

 

今日は幼稚園で節分の豆まきがあり、あまり食べさせないようにしていた市販のチョコレート菓子(コアラのマーチ)とピーナッツをもらってきました。
 
せっかく豆まきで楽しんでもらってきた菓子なので、息子には食べさせました。
 
今日はいつもの蕁麻疹の薬を夕方にも追加で飲ませます。飲んでいる薬は1日2回まで飲めるものです。
 
慢性蕁麻疹は長い付き合いになるのであまり追い込まず、皮膚科にお世話になりながらゆるく対応していこうと思います。

 
その調子です、お母さん!
今できることを、楽しみながら、すこしずつ。
 
メモと振り返りを忘れず、マンボちゃんとも話し合いながら、食生活を送っていってくださいね。
 
その日々が蕁麻疹の出なくなる未来に続いているはずです。
 
●次回はおかあさんについて→「片頭痛が食事療法で改善した!」




関連記事

  1. アトピーの家族の食事療法の難しさ(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  2. 青魚がダメな人は「ヒスタミン中毒」かもしれない。(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  3. 紫外線(日光)アレルギーが食事で改善する可能性について(Aさん 最重症アトピー 50代 男性)
  4. 最重症アトピーの改善例 写真とアンケート(Aさん 50代 男性)
  5. 赤い頭皮が改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  6. 魚の簡単料理のススメ(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  7. 片頭痛が食事療法で改善した!(マンボNo.5ちゃんのお母さん 40代 女性)
  8. 慢性じんましんと食事(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  9. 慢性じんましんの改善例(マンボNo.5ちゃん 5歳 男児)
  10. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
Top