煙草とお菓子は似ている。

トップ > 食べ物と健康について > 油について > 煙草とお菓子は似ている。
2018年8月6日 月曜日

煙草とお菓子は似ている。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

 
さて、前回「1 初めに 煙草はもちろん、怖いけど」では、
煙草の害を挙げたうえで、煙草より主原料が油と砂糖のお菓子の方がコワイと思う、と申しましたが・・・。
 
 
■煙草とお菓子は似ている。
・・・は?
煙草とお菓子を同列で語るなんてどうかしてるんじゃない?

 
/wp/wp-content/uploads/smoking1.png
 
そう、思いますよね。
しかし、両者には共通点が多いんです。
 

まず、適量を守らないと、身体に悪影響があること。
 

煙草の害については前述しましたが、
 

子供に人気のあるお菓子の主な材料である油・砂糖も、
摂りすぎた場合、人体に深刻な悪影響を及ぼします。
(詳しくはこちらの過去記事を→油について砂糖について
 

次に、強い中毒性があること。
 
煙草のニコチンの中毒性はよく知られていますが、
 

油・砂糖が主原料である高カロリーなお菓子の取りすぎも、
脳内に依存症同様の反応を誘発することがわかっています。
(参考資料:Paul M Johnson & Paul J Kenny(2010) 『Dopamine D2 receptors in addiction-like reward dysfunction and compulsive eating in obese rats』Nature Neuroscience volume 13, pages 635?641)。
原文はこちら、抄訳はこちら
 
/wp/wp-content/uploads/kinen_iraira1-1.png
 
は? 依存症?
あの子が、そんなこと、あるわけない!

 

そう思うなら、やめさせられますか?
少なくとも、一週間。一か月。
 

それを考えてみて、あなたが途方に暮れてしまうなら、お子さんはお菓子依存症の可能性が高いでしょう。
 

そして、三つ目は、生涯、手を出さないのが一番だ、ということ。
 

煙草を一生吸わなくても何の問題もないのと同じように、
 

脂と砂糖が主原料のお菓子に一生手を出さなくても、何の問題もありません。
むしろ、メリットの方が多いでしょう。
これも、たばこと同じです。
 

このように、たばことお菓子は似ている側面があるわけですが、
私が、煙草よりお菓子のほうがより怖いと思うのには、いくつか理由がありまして・・・、
 
 
●次回「3『子どもはお菓子が好き』という誤解。」に続く




関連記事

  1. 公園で子供がお菓子をたくさんもらって、佐々木が落ち込んだ話。
  2. 世界一甘いお菓子、グラブジャムン!
  3. 子どもと守ろう、お菓子のルール。
  4. お菓子じゃない、おやつの新習慣! ~市販の食べ物編~
  5. お菓子じゃない、おやつの新習慣! ~手作り編~
  6. 子どものお菓子食べすぎを解消! ママがやめるべきこと。
  7. お菓子を子供に制限しすぎた話。(失敗談)
  8. 「黒糖なら身体にいい」の落とし穴。
  9. マックに行くなら! 今日のご飯と簡単レシピ。
  10. 公園と、煙草と、お菓子。
Top