アトピーは、再発してもいい!

トップ > 改善例 > アトピー > アトピーは、再発してもいい!
2019年6月5日 水曜日

アトピーは、再発してもいい!

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
/wp-content/uploads/DSC_175421.jpg
 
さて、冒頭に書いている「食事でアレルギーが治った子供たち」は、長男(小3)と長女(年長)。
アトピーや喘息の原因と改善法はこちら
 
そして、最近、三番目の末娘(もうすぐ三歳)さんちゃんも、食事が乱れるとアトピーが出ることが判明!
 
/wp-content/uploads/DSC_0241.jpg
 
●アトピー発症一回目、イヤイヤ期と私の不調で食生活が乱れたとき
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
/wp-content/uploads/1545121977591.jpg
 
●アトピー発症二回目、GWに連日あれこれ食べたとき
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
/wp-content/uploads/1554648737425.jpg
 
で、実は、また再発しました。
三回目のアトピーになりますね。
 
/wp-content/uploads/DSC_0279.jpg
 
えー!!
 
こんなサイトをやってるくせに、何度も再発させて、だらしない!
もうちょっと気をつけてやったらどうなの?

 
というお叱りのお言葉も、もっともだと思います。
 
でも、私はあんまり罪悪感にさいなまれているというわけではなくて、
実は、いまの状況にとっても満足しています。
 
と、いうのはですね・・・、
 
 
■「大丈夫だよ!」
実は今回、末娘のアトピーに真っ先に気がついたのは長女C(6歳年長、もとアトピー)でした。
公園の芝生にシートを敷いて、おやつを食べていた時、長女が、
 
「ママ、見て、
さんちゃん、アトピーになってる! ほら、ここ。
 
なんで? 昨日何か食べたっけ?」
 
「・・・昨日、どこ行ったっけ?」と私。
 
「え、えーと・・・、花やしき!」
 
そう、
実は日曜日は、お隣のばあば(私の義母)と一緒に、みんなで浅草の花やしきに行ったんです。
 
/wp-content/uploads/DSC_0249.jpg
 
/wp-content/uploads/DSC_0258.jpg
 
その前のランチは、浅草の聚楽でした。
 
「ああっ! オムライスだよ、オムライス!」と長女。
 
/wp-content/uploads/640x640_rect_696003941.jpg
 
「さんちゃん、ほとんど全部食べちゃったじゃん」
 
「そうねえ。
 
Cの真似っこして、さんちゃんもオムライスにしたんだよね。
これさんちゃんの! さんちゃんの!って、抱え込んでさ。
まあママも、多いかなあとは思ったんだけどね~」
 
「オムライスおいしかったね~」とにっこりするさんちゃん。
 
「あと、おやつにかき氷とたい焼きも食べたよね。
カスタードクリームのやつ、とっても美味しかったよね~」と長女。
 
/wp-content/uploads/201403310956391.jpg
 
「おいしかったねえ~」とさんちゃん。
 
そこでC、さんちゃんに向き直り、
「さんちゃん、
これはね、オムライスとかき氷とたい焼きたべたからだよ。
 
でも大丈夫だよ~、すぐ治るから。
カイカイ、ナイナイになるから。
 
ママ、今日はシシャモ買ってあげたらいいんじゃない?」
 
シシャモはさんちゃんの大好物。
そして、アレルギーを抑えるDHAやEPAがたっぷり。
 
帰宅して、長男P(8歳小3、もと喘息)にことを説明すると、Pは、
「ああ、まあ、しかたないよ。
たまにはいいんじゃない。すぐ治るんだし。
 
さんちゃん、シシャモ食べよ、シシャモ!
お薬だよ、カイカイなくなるよ~」
 
「はーい!」
 

そしてその夜は、みんなでアツアツのシシャモを次から次へとかじったのでした。
 
 
■アトピーは、再発してもいい!
「体にいい食べ物」「悪い食べ物」。
 
そんな風に、食べ物を分類する人もいますね。
(こんなサイトをやってると、私もそのタイプだと思われがちだったり(笑))
 
私も、子供たちのアレルギーを治した直後は、そんな思いにとらわれた時期もあったけど、
アレルギー体質の子供たちと過ごしてきて、感じ方がだんだん変わってきました。
 
すべての食べ物には、素晴らしい点がある。
だからこそ、今、商品としてそこにあるんです。
 
あのオムライスはすばらしかった(*^_^*)
さんちゃんにはあこがれの初オムライスで、本当に幸せそうに食べていたし、
それを見守る義母も、とても幸せそうだった。楽しい時間だった。
油と卵が過剰なのは、もちろんわかってたけど。
 

子供たちに必要なのは、知識よりも経験だと思います。
人間が最も学ぶのは、「やっちゃった」後。
美味しさも、リスクも、自分の体で知ってほしい。
 
その学びの機会を、私は大切にしてやりたいです。
私の手をはなれ、飽食の海に、一人で船出するときのために。
 
再発は怖くないです、だって治せますから。
 
これが初日。
/wp-content/uploads/DSC_0279.jpg
 
これが翌日。
/wp-content/uploads/DSC_0295.jpg
 
これがさっき。
/wp-content/uploads/DSC_0296.jpg
 
もうまったくかゆがらないので、私もすっかり撮るのを忘れていて、
これは、もうぐうぐう寝ているさんちゃんの腕です(笑)
 

ゆっくりおやすみ。
 

明日には痕も消えちゃうだろうけど、今回のこと、頭の片隅に覚えていてくれますように。




関連記事

  1. ステロイドで眼圧が上がる、という不安は適切か。(重症アトピー改善例 SOちゃん 一歳男子)
  2. アトピーにプロテインはよくないか。
  3. アトピーに乳酸菌は効くか。
  4. アトピーの方に寄り添うということ。
  5. 「ワセリンは石油由来で不自然だからアトピーに悪いですよね?」に答えてみる。 その1
  6. アトピーに漢方は効くか。
  7. アトピー改善には運動が大切だ!
  8. あせもとアトピーの違いについて
  9. 情報求む! アトピーと給食と診断書。
  10. アレルギー改善の食事療法、油のシーソーは一気に動かす!
Top