ステロイド後遺症への恐れと向き合う。(重症アトピー・喘息 米っ子君 4歳 男子)

トップ > 改善例 > アトピー > ステロイド後遺症への恐れと向き合う。(重症アトピー・喘息 米っ子君 4歳 男子)
2022年2月7日 月曜日

ステロイド後遺症への恐れと向き合う。(重症アトピー・喘息 米っ子君 4歳 男子)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
引き続き、重症アトピー・喘息が改善中の米っ子君(4歳)についての記事です。
 

 
■改善写真
・お尻


 
・膝の裏


 
現在、米っ子くんのアトピーは、重症から軽症程度に落ち着いた状態で、「たまに出る」症状にステロイドで対応しながら、食事や生活からの取り組みを続けていらっしゃいます。
喘息については、アトピーの症状と出方が連動している印象だそうです。
 
米ママさんのインスタアカウント。
悩める方の参考になる投稿をたくさんされているので、是非ご一読ください。
↓↓↓

 
 
■米っ子くんとステロイド
米ママさんから初めてメッセージを頂いたのは、米っ子君(当時3歳)のアトピーが再発、悪化してしまった、2021年4月。
それまでの経過を、以下にまとめてみました。
↓↓↓

●1歳過ぎ~ 恐らく軽症のアトピーだったが、保湿のみ。
 
●2020年
6月 皮膚科を受診し、アトピーの診断を受ける
   ステロイド使用開始
 
7月 喘息発作で入院(喘息と診断される)
 
8月 プロアクティブ療法開始
 
11月 症状が軽減
 
●2020年
1月 かかなくなり、ステロイドをやめる
 
4月上旬 アトピーが再発、悪化
  下旬 喘息の発作

 
このとき、わたしにメッセージを下さったのですが、
サイト経由でいただいた最初のメッセージを、申し訳ないことにこちらの手違いで紛失してしまいました。
メッセージには、上記の経過の説明と、以下のようなご質問がありました。(所々太字にしたのは佐々木)
↓↓↓

・ステロイドには拒否感があり、せっかくやめたのだから、できればもう使いたくない。
 ステロイドはいい薬なのか、悪い薬なのかわからない。
 
・3か月、ステロイドなしで済んでいたアトピーが再発したのは、ステロイドを塗っていたから、その後遺症のようなものではないのか。

 

 
ステロイドに関するこのようなご質問は、とても多いです。
米ママさんのご質問に私がお返ししたメッセージを転載してみます。(所々太字にしたのは佐々木)
↓↓↓
 
■ステロイドはいい薬なのか、悪い薬なのか

(前略)
(米ママ)さんのお言葉で、ステロイドがいいのか悪いのかわからない、という表現がありましたが、
 
ステロイドに限らず、どんな薬にも、作用と副作用がありますよね。
ですから、ステロイドがいいとか、悪いとか決めること自体が、適切ではないのです。
 
薬をもちいるときは、副作用を最小限に抑え、よい作用を最大限にできるような処方と使い方が、望ましいですよね。
 
ステロイドという薬において、それは食事療法との併用です。
 
しかし、このような使い方を、医療の現場では指導してくれないのが実情です。
ですから患者さんが、結果的に、大きな副作用をこうむってしまうということが起きてしまい、
そのことがステロイドへの不信につながり、脱ステロイドという方法を生んでしまったのだと思います。

 
当サイトでは、永田良隆先生の見解に従い、食事療法とステロイドの併用こそが、ステロイド卒業への最短距離と考えています。
この場合、脱ステ派が恐れるようなリバウンドは起こりません。
必要なくなったからやめる、そんな感じです。
 
 
■ステロイド後遺症への恐れと向き合う。
そして、これとは別のとき、米ママさんにお聞きしました、
「具体的に、ステロイドの何が怖いですか」
 
米ママさんのお返事は、
「(前略)将来ステロイド由来の難治性のものを発症しないだろうか…そこが一番心配です。」
 
この「ステロイド由来の難治性のもの」とは、「ステロイド後遺症」などとも言われる、脱ステ派がもちいる概念で、
「一度でもステロイドを使うと、身体の機能が壊れ、それ以後、症状がコントロールできなくなり、アトピーが不用意に再発したり、悪化したりする。これを治すには脱ステを乗り越えるしかない」というような考え方です。
 
当サイトでは、前述の永田先生の見解に従い「食事療法とステロイドを併用した場合、このようなことは起きない」ととらえています。
 
また、わたしが関わった患者さんたちには、ご本人が「かつてのステロイド使用に由来する、アトピーの再発、悪化」と思い込んでいた症状も、よく観察すると、食事や生活の変化によって引き起こされているとわかった、というケースが続いています。
 
ですから私は、米っ子くんのケースも、まずはその可能性を考えるべきだと思いました。
 

そのような前提でお話ししますが、
わたしは、息子さんのアトピー再発の原因はステロイドとは無関係だと思います。
 
ステロイドをやめて三か月、ステロイドを用いない状態で、症状が出なかったわけですよね。
 
ステロイドそのものにはそんなに長く症状を抑える力はありません。
症状が出なかったのは息子さんの体内の炎症物質が減少したことによる症状の鎮火だと思います。

 
(中略)
 
さて、問題は、それがなぜ再発したかです。
 
原因として考えられるのは、食事により、あらたな炎症物質が息子さんの体内に発生したか、
または、何かのきっかけによって、消化力が落ち、今まで消化できていたタンパク質が消化されない状態になっているかでしょう。
 
どんな状況で再発したかをよく思い出してみてください。

 
そして、聡明な米ママさんは、そのあたりを振り返られ、すぐに長い返信を下さったのでしたが、
 
それは次回のお話~(^^)/!!
●次回「アトピーの原因が分かった。




関連記事

  1. 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  2. 「ステロイド後遺症」対処法。(トウモロコシさん 30代女性 中症アトピー)
  3. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  4. ステロイドで眼圧が上がる、という不安は適切か。(重症アトピー改善例 SOちゃん 一歳男子)
  5. アトピーの食事療法はステロイド抜きでは効きにくい。(重症アトピー改善例 SOちゃん 一歳男子)
  6. 脱ステに挫折した結果、ステロイドをやめられた話 (重症アトピー改善例 SOちゃん 一歳男子)
  7. ステロイドをリバウンドなしでやめるには(ABCビスケット大好きくん 一歳半 中症アトピー)
  8. 「ステロイドはどんどん強くなる」という誤解。(ミニドラ君 5歳 重症アトピー)
  9. 「ステロイドは弱めのものを」の落とし穴。(ミニドラ君 5歳 重症アトピー)
  10. アトピーの中一男子君が食事療法で劇的改善したんですってヽ(^o^)丿
Top