ステロイド恐怖症の特徴。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)

トップ > 改善例 > アトピー > ステロイド恐怖症の特徴。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
2022年11月1日 火曜日

ステロイド恐怖症の特徴。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
前回に引き続き、最重症アトピーがよくなられたマイロさんについて書きます。
 

 

 

 
マイロさんのお母さん、はるさんは当初、ステロイド使用に強い抵抗をおもちでした。
マイロさんのアトピーが最重症の状態であった当時も、食事療法のみでのアプローチを試みていました。
 
はるさんに限らず、ステロイド使用に強い抵抗を感じる方は多いです。
ステロイド恐怖症と言ってもいい状態です。
 
私は、そういう方たちとのやり取りを通して、ステロイド恐怖症の方には、いくつかの特徴があることがわかってきました。完全に私見ですが、以下にまとめてみます。
 

①皮膚科に強い不信感がある

かつて、皮膚科において、
・患部・患者の顔を見ない診療を受けた
・医師や看護師に怒られた、怒鳴られた、侮辱された
・医師の言うとおりにステロイドを塗り続けてとんでもない目に合った
 
などの嫌な経験をお持ちの方が多いです。
そのため、皮膚科への不信感とステロイドへの不信感がセットになってしまっています。
 
この不信感をぬぐうには、信頼できるお医者さんを探していただく以外にありません。
適切なランクのステロイドを処方してくださる医師の存在が、改善には不可欠です。
 
 

②脱ステ派の言う「ステロイドの恐ろしい弊害」↓↓↓を、絶対に起きるものだと思い込んでいる

・ステロイドを使い始めるとランクがどんどん強くなる
・最後は最強ランクのものも効かなくなって、医師に放り出される
・そうしたら大変なリバウンドに耐えなければならない
 
これは、アトピーをステロイド「だけ」で抑え込もうとしたときに問題になること。
 
このようなことは、食事療法と併用した場合、一切起きません。
(当サイトで改善していく、もと脱ステ派の患者さんたちを見てきて、そう断言できるようになりました)
 
 

③脱ステ派の言う「ステロイドの後遺症」↓↓↓に「漠然と」怯えている

・ステロイドの毒素は身体にたまり、とどまって悪さをする?
・アトピーが出たり引っ込んだりの、コントロール不能な状態になる?
・成長を阻害する、将来不妊症になる、動悸息切れ、がんを起こす、精神病の原因になる・・・、などなど、多岐にわたって悪さをする?
 
しかし、「情報源を教えてください、調べてみます」とお願いした時、返ってくるのはたいていこんな返事です。
↓↓↓
「どこかで読みました」
「友達に聞きました」
「脱ステしてる人のインスタに書いてありました」
 
データは出てきません。漠然としています。
そして、漠然とした恐怖ほど、人は怖いのです。
この傾向は、治療者が親であり、患者さんがお子さんである場合に顕著です。
 
大丈夫です。
食事療法と併用した場合、ステロイド使用は適切な範囲内にとどまります。
そして、適切な範囲のステロイド使用にそんな重大な副作用はありません。
思考力を取り戻して、出所の確かな情報を選びましょう。

 
脱ステ派の言葉には、断定的なものが多いですが、断言している=事実だ というとらえ方をすべきではありません。
 
 

④また失敗すると思い込んでいる

当サイトが推奨している食事療法とステロイドの併用による改善率は八割。
けれど、ステロイド使用を悩んでいる方は、必ずと言っていいほど「改善しない二割になるかも」という、前のめりな心配をします。
 
「それは、今まで、いろいろなことにチャレンジしてみて、そのすべてに失敗してきたから。」と、伊藤龍一さん(もと重症アトピー、今は完治状態)は言います。
 
けれど、色々なアプローチに失敗してきた方や、脱ステの結果ケロイド状態となった方々が運び込まれていたのが、永田良隆先生がいらした下関病院のアトピー入院病棟。
下関病院は「アトピー患者の駆け込み寺」という異名があったそうです。
そこで臨床的に編み出されたのが、当サイトがご紹介している下関療法です。
 
また、食事療法とステロイドの併用でも改善しなかったとしても、そういう場合にこそ、ステロイドは必要だと私は考えます。
まず、もっとも疑わしき「食事」犯人説が消えたのですから、引き続き、ステロイドで症状をコントロールしながら、アトピーの原因となっている「もの・こと」を追及していくべきだからです。
 
当サイトでも、実際に、食事内容そのものではなく、ストレス環境や、運動不足がアトピーの主因になっていたケースがありました。
 
大切なのは、主体的に考え、ためし、振り返り、また考えていくこと。
そういった姿勢こそが、アトピーを改善させていくのです。
 
そのとき、患者の最大の味方となってくれるのがステロイドであると当サイトでは考えています。

 
 
ちなみに私は、ステロイド恐怖症の方を説得しようとはしません。
無理やり使ってもらったとしても、ステロイドに対する恐怖がくすぶっていると、ちょっと悪化した時に不安がぶり返し、脱ステに戻ってしまうからです。そうすると治療方法は迷走し、患者の心身の負担となります。
 
当サイトは、脱ステに疑問をもったり、行き詰ってしまったりした方たちが、じっくりと読み込める記事を積み上げてお待ちしようと思います。
 
それから、ご質問が来たときは、可能な範囲で、誠実にお答えいたします。
 
 
次回は、重いステロイド恐怖症だったはるさんが、どのようにそれを克服されていったのかを振り返ってみます。
●次回ステロイド恐怖症から解放されるとき。




関連記事

  1. アトピーと抗生物質。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  2. アトピーの食事療法の進め方。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  3. ステロイド恐怖症から解放されるとき(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  4. 最重症アトピー改善例・写真と経過(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  5. 最強のステロイドが効かなくなったら?
  6. ステロイド後遺症への恐れと向き合う。(重症アトピー・喘息 米っ子君 4歳 男子)
  7. 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  8. 「ステロイド後遺症」対処法。(トウモロコシさん 30代女性 中症アトピー)
  9. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  10. ステロイドで眼圧が上がる、という不安は適切か。(重症アトピー改善例 SOちゃん 一歳男子)
Top