最重症アトピー改善例・写真と経過(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)

トップ > 改善例 > アトピー > 最重症アトピー改善例・写真と経過(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
2022年10月31日 月曜日

最重症アトピー改善例・写真と経過(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今回から、最重症アトピーがよくなられたマイロさんについて書きます。
 

 

 

 
数年前、当サイトにメッセージを下さったのは、マイロさんのお母さん、はるさん。
20代の息子さん、マイロさんが最重症のアトピーを患っておられました。
 
はるさんはステロイド使用につよい抵抗があり、マイロさんのアトピー改善のために食事療法のみを行ってらっしゃいましたが、治っていかず、私にご相談くださいました。
 
それから、やりとりをする中で、はるさんはステロイドの重要性について納得され、食事療法と並行して、ステロイドを使うことを決意されました。その後しばらく、寄り添ってアドバイスさせていただきました。
 
そのはるさんに、一年前に、久しぶりにご連絡を頂きました。
↓↓↓

覚えておいででしょうか?
次男のアトピーで相談させていただいていた(はる)です。
ずいぶんご無沙汰してしまいました。
(中略)
(マイロ)はすっかり良くなり今はなんでも食べています。
植物油は摂っていませんが。たまに指が荒れることはあるようですが悪化することはありません。
 
佐々木さんにはほんとうに感謝しています。

 
これほど嬉しいご報告はありませんヽ(^o^)丿
ステロイドの使用についてお聞きしたところ、
 

改善したあとは二年以上もステロイドなしで過ごしていました。
ラーメンを食べたり甘いものもしっかり食べて過ごしていましたが。

 
けれど、今年になって再発してしまったそう。
 

今から半年ほど前に、私がパン作りにはまり毎日のように焼いて食べ過ぎてしまい再悪化。
同じタイミングで転職もしたので、ステロイドを使いながら食事もまた基本に戻って改善するまでに半年ほどかかりました。
 
今はまたステロイドなしで過ごせるようになりました。
 
食事も基本的なことを守りながらいろいろ楽しんでいます。
ちょっと過ぎたなというときは鼻炎が出ますがアトピーは大丈夫そうです。

 
このお答えを拝読して、私はとても感動しました。
はるさんのように、ステロイドに強い恐怖心を持っていた方の認識がかわったことが嬉しかったのです。
 
はるさんが実感なさったように、
食事療法とステロイドの併用をすれば、改善してステロイドをやめても、リバウンドは起きません。
 
そして、たとえ再発しても、それはステロイドの後遺症なのではありません。
食と生活スタイルを振り返り、思い当たる点を改めれば、また改善できます。
 
ステロイドはそういう時の最大の味方。
必要がなくなれば、またやめればいいだけです。

 
このことを、ステロイド恐怖症の方に分かっていただくためには、とにかく改善例を積み上げることだと、当サイトでは考えています。
 
そして今回、はるさんにお願いした、読者の方へのメッセージがこちら。
↓↓↓

一番伝えたいことは、ステロイドは味方だということです。
なぜあんなに恐れていたのかと、間違った情報の恐ろしさを思います。
 
悪化中は迷路に迷い込んだような心細い毎日でしたが、佐々木さんの言葉で恐る恐る使い始めたステロイドと食事のおかげで安心して過ごせています。本当に感謝しかありません。
 
ありがとうございます。
心からお礼を申し上げます。

 
はるさん、マイロさん、こちらこそ、ご協力、こころから感謝します。
次回から、マイロさんの改善の過程について書いていきます。
 
 
●次回「ステロイド恐怖症の特徴」




関連記事

  1. アトピーと抗生物質。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  2. アトピーの食事療法の進め方。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  3. ステロイド恐怖症から解放されるとき(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  4. ステロイド恐怖症の特徴。(マイロさん 最重症アトピー 20代 男性)
  5. 最強のステロイドが効かなくなったら?
  6. ステロイド後遺症への恐れと向き合う。(重症アトピー・喘息 米っ子君 4歳 男子)
  7. 「ステロイドは皮膚が黒くなる」は誤解です(ゆにさん 30代女性 結節性痒疹・重症アトピー)
  8. 「ステロイド後遺症」対処法。(トウモロコシさん 30代女性 中症アトピー)
  9. 紫外線アレルギーが改善した!(ひなたさん 30代女性 中症アトピー)
  10. ステロイドで眼圧が上がる、という不安は適切か。(重症アトピー改善例 SOちゃん 一歳男子)
Top