トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その3(終)

トップ > 食べ物と健康について > 油について > トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その3(終)
2018年3月30日 金曜日

トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その3(終)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

トランス脂肪酸フリーのショートニング をお勧めしないワケ についての連載記事です。
1 トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その1
2 トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その2
3 パーム油の危険性。その1
4 パーム油の危険性。その2
5 トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その3(終)
 
おまけ パーム油について調べていて、びっくりしたこと

 
さて、ちょっと話を戻しつつ、流れをまとめてみます、

 
/wp-content/uploads/X2bYA2MCM3EUNPy1518699165_1518699202.jpg
 

『バターを使わないお菓子のレシピ本』のなかには、材料の油として、
 

トランス脂肪酸フリーのショートニング
 

なるものを使っている本がいくつかありましたが、
 
/wp-content/uploads/12efb5a2f6aefdc0120614f982c78d42-1.png
 
私は、
 

えっっ、
「トランス脂肪酸フリーのショートニング」を、
体に優しい、毎日食べたいお菓子の素材として紹介しちゃダメじゃない?

 
と思ってまして、そんな観点で解説してきたんですが、
今日はそのまとめです。
 
 

■イメージと実際。

さて、このショートニングっていうのは、

おもに「カラッと、サクッと」を担当する固形の油で、もともとはラード。
 
しかし、以下のような経緯をたどって、
 

ラード(個体の動物性脂肪)

「固形の油は、摂りすぎると血液がドロドロになってコレステロールが上がるからダメ!

代用品(液体の植物油に水素添加して作ったショートニング)

「水素添加した油はトランス脂肪酸が含まれてるからダメ!

さらに代用品(個体の植物油、パーム油で作ったショートニング) 

 
パーム油で作ったショートニング=トランス脂肪酸フリーのショートニング
が生まれたんでしたね。
 
しかし、原料のパーム油には、

ラードと同じ固形の油なので、
摂りすぎると、ラードと同じ悪影響をもたらす

ことだけでなく、
 

以下のような多くの危険性が。

・ヒトに対する発がん性が疑われる物質3-MCPDを、比較的高い濃度で含む
・大腸がん、糖尿病のリスクを上げる(らしい)
・ほかにも、未知のリスクがあるかもしれない
・環境破壊や地球温暖化の原因となっている

 
ここまでを頭に入れて、もう一度、冒頭のレシピブックの記述を見てください。
 
/wp-content/uploads/12efb5a2f6aefdc0120614f982c78d42-1.png

 

どうでしょうか、
一見、慎重にリスクを避けているように見えて、実はそうでもないこと、
そして、「植物性」に過剰な信頼を寄せてしまっていることがわかると思います。
 
このように、
「バターを使わないお菓子」系のレシピブックでは、
「動物性食品」が無条件に「避けるべきもの」とされる一方で、
「植物性素材」は「体に優しいもの」とされ、リスクについては語られません。
 

しかし、動物性脂肪や、人工的な有害物質(トランス脂肪酸、農薬)を排除し、「植物性素材」を選んだところで、
それが「体に優しい」とは限りません。
 

そして、パーム油ほど、「植物性油」というイメージと実態がかけ離れた油も珍しいのです。
 
 

■カラッとサクッと、現代考!
ってことで、トランス脂肪酸フリーのショートニングも、安心して使える代物ではなさそう。
 
もう、パーム油にで作られたショートニングは使いたくない。
だけど、「カラッと」「サクッと」したものは、今まで通り食べたい!

 
さて、今度はどうすればいいのやら。
 

・・・いやいや、違う違う。
それじゃまた、堂々巡りになってしまいます。

 

そもそも、最初の問題はなんでしたっけ。
 

そう、ラード時代の問題。
それは、ラードやバターの取りすぎによって、肥満や、心筋梗塞などの詰まる系統の疾患が増えたことです。
 
/wp-content/uploads/waist_man_fat1.png
 

だからやっぱり、動物性脂肪は危険なんでしょって?
 

いいえ、違います。

問題は動物性脂肪ではなくて、動物性脂肪の取りすぎだったんです。
 
動物性脂肪は、植物油が大量に出回るまで、西洋人が長い間食べ続けてきた油。
食べすぎない限り、深刻な危険性はないんです。
 

少なくとも、トランス脂肪酸の問題や、パーム油にまつわる危険性のような問題は、国際的に取り上げられていません。
 
それに、アレルギーの原因となるリノール酸の量も、植物油に比べてずっと少ないです。
 

ですから、立ち戻るならそこです。
 

そうです。
カラッと、サクッとしたものが食べたいときは、動物性脂肪を使えばいいんです。
 
/wp-content/uploads/0031.jpg
ラードで揚げ物をして、
 
/wp-content/uploads/1032941_201606111550102371.jpg
バターでお菓子を作る。
 
それがおそらく、いちばん安全。
 

ただし、
何よりも大切なことは、
たまーに食べる ことですよ!!!




関連記事

  1. 植物油はナチュラルだ、という幻想。その②
  2. 植物油はナチュラルだ、という幻想。その①
  3. グレープシードオイルでケーキ! は危険です。
  4. アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その2(終)
  5. アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その1
  6. パーム油の危険性。その2
  7. パーム油の危険性。その1
  8. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その2
  9. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その1
  10. 太白ごま油でクッキー! は危険です。
Top