家族の命を守る備え、してますか? 東日本大震災から10年の日によせて。

トップ > その他 > 日々雑感 > 家族の命を守る備え、してますか? 東日本大震災から10年の日によせて。
2021年3月10日 水曜日

家族の命を守る備え、してますか? 東日本大震災から10年の日によせて。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
あと少しで、東日本大震災から10年。
 
あっという間に10年過ぎてしまったけれど、いつでもありありと思いだせる、あの非日常的な日々。
あの日から始まった日々。
 
日本人一人一人が、その人だけの、「あの日」の感覚を持っていると思います。
 
ということで、過去に書いたものですが、再び上げておきます。
↓↓↓震災への備えをしよう、という記事です。
 

 
これを書いたのが、2018年という昔だったことに、今日、驚いた私。
 
さらに、読み返し、備えを確認してみると、以下のことが分かりました。
 
●これを書いたとき、仕舞い込んで安心した備品の量と使用・賞味期限のリストを作っていなかった
(それぞれの段ボールには書いてあるけれど、納戸で埋もれてしまって分からない)
●防災意識がたるんで、ローリングストックの品々が切れている
 
備えましょう! なんて言っていた私自身がこれです。
 
そう、人は、簡単にたるむんですね(^_^;)
いつ来るかわからない震災のことより、目の前のあれやこれやで頭がいっぱいになってしまう。
 
ましてや、手がかかる子どもがいればなおのこと。
 
しかし、備えが心もとないまま震災に見舞われたら、危険にさらされるのはその小さな子供たちです。
 

 
ことが起こってから動いても、遅いです。
不安に駆られた人々がどんなに我先に動くものか、10年前の震災でも、新型コロナ騒動でも、私たちは目の当たりにしました。
 
ぜひぜひ、この機会に、時間を作って、ご家族みんなで、震災の可能性と向き合い、備えについて話し合う時間を持ってください。
 
私も、これから主人と埋もれた備蓄品を引っ張り出し、リスト作りです。
そして明日は、不足品をあれこれ買い足しに出かけようと思います!




関連記事

  1. 長女とダンスと彼女の心。(アレルギー関係なし)
  2. 佐々木が自分の大腸の写真に見とれた話。
  3. 佐々木が皮膚湿疹に襲われた話。
  4. 2021 花粉症は今からでも予防できる!
  5. 読み聞かせが辛いママへ ~読書のススメヌ その3~(アレルギー関係なし) 
  6. 読み聞かせ「一日何冊」反対! ~読書のススメヌ その2~(アレルギー関係なし) 
  7. 読み聞かせの効果、とかいう前に。~読書のススメヌ その1~(アレルギー関係なし)
  8. ご挨拶。20201231
  9. 胃薬を飲む前に考えること
  10. バリウムとサバカレー。
Top