「バターロール」は、マーガリンロール?

トップ > 食べ物と健康について > 油以外の食材について > 「バターロール」は、マーガリンロール?
2018年2月8日 木曜日

「バターロール」は、マーガリンロール?

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

さて、
いろんなアレルギーのもっとも大きな原因は、植物油に含まれるリノール酸だ
ということを主に解説している当サイト。
 

アレルギー改善、予防のためには、
リノール酸の多い植物油は、出来るだけ断たなければなりません。
 

マーガリンも、そのひとつ。
代わりに使うなら、バターがおすすめ。
 
/wp/wp-content/uploads/th2B8MPYX3.jpg
 
グラフを見れば、その理由がお分かりいただけますね。
 
/wp/wp-content/uploads/221-1.png
 

・・・と、ここまでは、分かってます、という方も多いと思うんですが。
 
 

■バターロールって、バターだけ?

さて、佐々木家の食卓からお届けします。
 
こちらの商品。
商品名、バターロールです。
 
/wp/wp-content/uploads/1517985628519.jpg
 
そうか、ロールパンを買うのなら、
マーガリンじゃなくてバターで作ってある、こういうのを買えばいいのね?

と、思ったアナタ。
 

ではここで問題です。
このロールパンに入っているおもな油脂成分は、次のうちどれでしょう?
 

①バターのみ
②主にバター
③主にマーガリン

 

・・・いいですか?
 

きまりましたか?
 

答えは ③主にマーガリン です!
 

えーっ、まじで! そんなん詐欺じゃん!
バターロールなんだからバターで作ってるはずでしょ!?

 

・・・と、思いますよね。
 

それが、そうでもないんです。
 
 

■合法的な商品です!(笑)
実は以前、
『生クリームロール』なのに植物油脂が主原料ってどーゆーこと?!」
な件について詳しく法律を調べました。
このケースも同じよーな事情であろうと推察します。
 

このケースについては、まずこんな疑問が浮かびますよね。
 

疑問1 バターだけで作ってないのに、バターロールって言っていいの?
 

答え いいみたい。
 

法律的には、「バターが入っているので、バターロールとつけるのは問題ない」、
ってことになってます。
 

ちなみに、「おいおい、嘘ついてるじゃん!」的な問題になるのは、
「国産牛肉のみを使用」と表示して、実際はそれ以外も混ぜてたとか、
「80種類もの栄養成分配合」と表示して、実際には30種類だった、とか、
 

あきらかに「実際よりもスバラシイものであるかのような」誤解を招く場合。
 

でも、すると、次にこんな疑問が浮かびませんか?
 

疑問2 どのぐらいバターが入っているのか、比率を書かなくていいの?
 
/wp/wp-content/uploads/1517985620196.jpg
 

そうそう、
実は原材料を見ても、「バター入りマーガリン」としか書いてなくて、比率が分からない。
「バターロール」と銘打つからには、バターとマーガリンの比率を知りたいところ。
 

しかし・・・
 

答え 書かなくていいみたい。
 

実は、「バター〇〇〇」と銘打たれた加工食品における、「バターとマーガリンの比率」、は、
ちょっと例外的と思われる事情によって、明記しなくてもいいってことになってるんです。

(ここの事情はすごく面白いので、興味のある方は生クリームロールについての記事を)
 

まあこんな感じの、いくつかの事情によって、
「バター〇〇〇」という、マーガリンがたっぷり入った加工品が、世にあふれているわけなんですね。
(同じ事情で、「生クリーム〇〇〇(大部分が植物油脂)」も溢れているので注意)
 
 

■なんで、これを買ってるの?
で、次の疑問はこんな感じではないでしょうか。
 

疑問3 アンタはなんで、これを買ってるの?
 

答え コンビニに行ったとき、子供が欲しがったから。
 

わが家の子供たちはアレルギー体質
とはいえ、日々の地味な食事のおかげで、今はまったく症状が出ていません。
なので、今はそれほど神経質には植物油脂を避けていません。
 

だから、近くのコンビニでたまにこのバターロールを買います。
バターの比率は低いと思うけど、バターの香りはしっかりするし。
安くておいしいし。
 

けれど、子供たちに症状が出ているときだったら、たぶん買わないでしょう。
 

問題は、材料を知ったうえで選んでいるか、どうか。
選ぶ、という行為をしているかどうか
だと思います。
 
いろんな加工品の利点や欠点を知って、かしこく、楽しく、えらびたいですね。




関連記事

  1. チョコレートの食べ方、付き合い方。
  2. チョコレートの健康効果と、食べ過ぎの害。
  3. 「子供はチョコが好き」という誤解。
  4. 準チョコレートに健康効果は望めない。
  5. そのチョコ、ほんとにチョコレート? ~準チョコってなんだ~
  6. サッポロ一番の油を大幅カットする方法。
  7. カレーは体を温めません。
  8. おもちを噛めない子が増えている?(かも)
  9. 世界一甘いお菓子、グラブジャムン!
  10. 好き嫌いと現代っ子。
Top