100歳のおじいちゃん! in 壱岐の島。

トップ > その他 > 日々雑感 > 100歳のおじいちゃん! in 壱岐の島。
2017年11月4日 土曜日

100歳のおじいちゃん! in 壱岐の島。

おじいちゃん100歳のお祝いで壱岐の島へ! についての連載記事です。
1 100歳のおじいちゃん! in 壱岐の島。を読む
2 アトピーが治ったよ! in 壱岐の島。(従姉のあっこちゃんの旦那様)を読む
3 おじいちゃん、100歳おめでとう! &壱岐のごちそう。を読む
 

(まだ続く予定)

 
 
連休は、壱岐の島に行ってきました!
 

えっどこそれ
 

という方、
 
/wp-content/uploads/Map_of_Kyushu_region1.png
ここですよー、ここ!
 

ええっ、なんでまたそんなところに? ・・・と言いますと、
 

実は壱岐の島は、私のおじいちゃんの家があるんです!
(こっちの記事も是非どうぞ→壱岐の島のマーガリン実験の話
 

私は子供のころから、数年に一度、おじいちゃんちで夏休みを過ごしていました。
たくさん思い出の詰まった大好きな場所。
 

そのおじいちゃんがついに、なんと、100歳! 
ってことで、子孫たちが集まって盛大な宴会をすることに!
 
さて、電車と飛行機とフェリーを乗り継いで・・・
 
/wp-content/uploads/1509800379523_mini.jpg
博多→壱岐の島のフェリーにて
 
島に降り立ったらまずは観光!
 
/wp-content/uploads/59554fc76aaf6cfd88374e5937310f05.jpg
壱岐の北部の辰野島遊覧船からの景色。
(写真は借り物。次女が危なくて写真があまりとれず・・・。
天気が良かったのでまさにこんな感じでした)
 
/wp-content/uploads/2017-11-04-22-17-42_mini.jpg
壱岐の島の名所、鬼の足跡付近。
長男と長女が小さく映ってます。
 

どっちも、長男と長女が、私と来たとき、
「ここはぜったいパパに見せてあげたい! いつかパパと来たい!」
と強く願っていた場所。
 

それが実現しました。
 

主人は生粋の都会っ子なので、壱岐の自然のスケールに言葉を失っていました。
一緒に行けてよかった!
 
さて、肝心の、おじいちゃん100歳のお祝いはどうだったかといいますと・・・
 

実はさきほど東京のうちに帰宅したところ。
もうみんな寝ました。
無事に旅をおえて、私もさすがに、疲労で眠いです。
 

ってことで、宴会については、また次回!
アトピーが治ったよ! in壱岐の島。を読む




関連記事

  1. バリウムとサバカレー。
  2. 子どもに性教育をしてみた話。
  3. 子どもが喜ぶ料理と母の愛、はむすびつかなくていいと思う。
  4. 子どもの好き嫌いは治すものじゃない、と思ってる話。
  5. 旦那の睡眠時無呼吸症候群がよくなった話。
  6. 私がバックパッカーとして異国をふらついていた若かりし頃の話。
  7. すべり台を下から登るのを許すか否か問題、について思うこと。
  8. らく研のインスタ、始めました。
  9. 「勉強の遅れ」ケアより、大切じゃないかと思うこと。
  10. 備蓄について、afterコロナのいま、改めて。
Top