バターを使わないお菓子 の落とし穴

トップ > アレルギー改善食で健康に > 植物油のお菓子の危険について > バターを使わないお菓子 の落とし穴
2016年3月11日 金曜日

バターを使わないお菓子 の落とし穴

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
現在も三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

さて、
アトピー、ぜんそく、花粉症などのアレルギーのもっとも大きな原因は、植物油に含まれるリノール酸だ
ということを主に解説している当サイト。
 
/wp/wp-content/uploads/3d5ce3bf56a86ed02a9d1ad70d1930ef1.png
 

(油とアレルギーの関係についてもっと知りたい方は、
コラム「アレルギーの原因について」を、
マンガでサクッと読みたいなら、拙著『花粉症が治ったよ! マンガでわかる体質改善』をどうぞ)
 

アレルギー改善、予防のためには、
リノール酸の多い植物油は、出来るだけ避けなければなりません。
 
代わりに使うなら、バターがおすすめ。
バターには、ごらんのとおり、アレルギーの原因物質となるリノール酸が少ないからです。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
/wp/wp-content/uploads/221-1.png
 
しかし、まだまだ浸透していない、この新事実・・・。
世の中には、かつての間違ったイメージにあやつられ、健康を害している人が後を絶ちません。
 

今日はその中の「バターを使わないお菓子」をこのむ方に向けて書きます。
 
 
■「バターを使わないで作るお菓子」。
こういう本、最近よく見かけますね。
 

/wp/wp-content/uploads/ac1b55a401611fa5d775a59266fa98781.jpg
 
バター(など)を使わないで作るスイーツのレシピ集。
 

バターの代わりに使われるのは、植物油。
たいてい、なたね油、太白胡麻油、オリーブオイル、など。
品質にもこだわっていて、国産がよいとか、コールドプレスにすべしとか、指定があります。
 

キャッチコピーにはこんな言葉が多用されます、
「自然派おやつ」「体にやさしい」「植物性だから負担が少ない」・・・
 

そしてこう続きます、
「あっさりして食べ飽きない」「毎日食べたくなる」「食べすぎちゃっても安心」・・・
 

装丁はとってもおしゃれ。
著者は食育にポリシーを持つ素敵なママさん。
 
こういう本、あこがれますよね。
 

実は、わたしもかつて、これにはまり込みました。
ある有名な本にほれ込み、著者が指定するなたね油を買って、
毎日のようになね油でまとめたクッキーを作っては、子供たちとつまんでいました。
なたね油、がんがん減っていったなあ・・・。
 

2人の子供たちが同時にアレルギーを発症したのは、それから二か月後でした。
 

もちろん、それだけが原因だとは思いません。
(アレルギーの大敵である玄米食も、半年ぐらい前に始めちゃっていたし)
 
けれど間違いなく、あの時期、我が家では植物油を取りすぎていたと思うのです。
「植物性のものなら優しいから、いくら食べても大丈夫」
っていう、その本のメッセージを、うのみにしていたのです。
 
あなたが私と同じ道をたどっていると感じているなら、考えを改めることをお勧めします。
 
 
植物油は、優しくないです。
 
私たち現代人は、普通に生活しているだけで、すでに植物油にどっぷりつかっているのです。
 
そして、植物油は私たちを、アレルギーや糖尿病、がんなどの現代病のほうへと押し流しているんです。
 
 
 

■バターに戻すべき・・・だけど。
ということで、私はこういった本をお勧めしません。
お子さんがアレルギー体質かどうかを、抜きにしてもです。
 
むしろ、洋菓子を作るときの油は、バターに戻すべきだと考えています。
アレルギーの原因物質であるリノール酸が少ないからです。
 

とはいえ、バターを使ったお菓子なら、毎日食べても大丈夫! ではないでしょう。
そこにはおそらく、また別の問題がでてくるはず。
 

・・・じゃあ、どうすればいいのか?
 

大切なのは、
私たちの世代の健康をむしばんでいる、ふだんの「献立のバランスの悪さ」を見つめ直すこと。
そして、アレルギーがなかった時代のバランス(昭和30年代の食卓)まで戻すことです。
 
/wp/wp-content/uploads/meal11.jpg
 
「油のとりすぎ」問題を放置したまま、バターを植物油にしてイメージだけを変えちゃだめ。
 
「どんな油を使って、子供にスイーツを作ればいいの?」はもうやめて、
「油でまとめたスイーツを、そんなに子供に食べさせる必要があるの?」という問いをもつこと。
 
/wp/wp-content/uploads/thKW2G74FO-1.jpg
 

私個人としては、ふかしイモとかお握りとかを食べなれた子供たちが、ごくたまに、
「わー! バターのいい匂い! ママがクッキーやいてるうぅぅぅぅ!」
とはしゃぐぐらいがちょうどよい。
 

・・・と、考えているのですが(*^_^*)。
 
 
植物油のお菓子、体に優しくないですよ。につづく




関連記事

  1. グレープシードオイルでケーキ! は危険です。
  2. アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その2(終)
  3. アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その1
  4. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その3(終)
  5. パーム油の危険性。その2
  6. パーム油の危険性。その1
  7. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その2
  8. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その1
  9. 太白ごま油でクッキー! は危険です。
  10. 「バターを使わないお菓子」、毎日食べちゃダメですよ。
Top