佐々木が胃カメラを鼻から入れた話。(アレルギー関係なし)

トップ > その他 > 日々雑感 > 佐々木が胃カメラを鼻から入れた話。(アレルギー関係なし)
2022年7月29日 金曜日

佐々木が胃カメラを鼻から入れた話。(アレルギー関係なし)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
お久しぶりですみません。
 
三か月ほど趣味に没頭していました。
趣味とは創作で、我が子達に読ませるお話を書いていました。
 
去年末から、あれこれあって、疲れを感じていたのですが、おかげで相当元気になりました。
趣味活動は、精神衛生上大切なんだなーと実感ヽ(^o^)丿
 
で、そうなる前に申し込んだ胃カメラを、昨日経験してきました。
(食欲が落ちてしまっていたので、「まさか胃がんとかでは……」という不安に駆られて、検診のついでに申し込んでいたんです)
 
需要があるかもしれないのでそれについて書いてみますヽ(^o^)丿
 
■鼻からの胃カメラ
胃カメラと言っても、口からのと、鼻からのとがありますが、鼻からの方が楽だと聞いて、そっちを選択。
 
楽だったかと言われると、決して、決して、楽ではなかったけれど、
私の前に診察されていた、口からの患者さんの苦しみ方に比べると、わりと楽だったんじゃないかと思います・・・(@_@;)
(口からだと、おえっとなりやすいので、辛いみたいです。
鼻からでもそれは多少はありますが、一度カメラが奥まで入ってしまえば、大したことはありません)
 

 
それにしても、
いやー、何が辛いって、
 
鼻の奥の粘膜に吹き付ける出血止めの薬と、麻酔薬!
管を差し込まれ、ぶしゃぶしゃ! と薬を吹きつけられ、だめですよー逃げないでくださいねーと注意され(笑)
 
プールで水を吸いこんじゃった時みたいに、鼻がいたーい!
 
その後、麻酔でぼわーんとした鼻からカメラの付いた管を入れるのは、そんなにつらくなかったです。
鼻の奥にものすごい圧迫感はありましたが。
 
自分の体内がモニターに映ってからは、すっかりそちらに集中していました。
 
胃も、十二指腸も、ピンク色できれいでしたヽ(^o^)丿
先生にもほめていただきました。
 
しかし、その後の対面のお話しで、「いくつかポリープあったねー」と言われて仰天。
 
「えっ! ポリープ!」
 
そう言って見せてくれた画像には、確かにポリープらしきものが!
 
「うん、これね。数ミリのが四つぐらい。だけどこれは問題ないやつ。
ピロリ菌もいないし、きれいだよー」
 
「えっ、問題ないやつ? 問題ないポリープなんですか?」
 
「うん全然問題ないやつ」
 
それで診察は終わってしまいまして。
 
しかし気になる私。
帰りに喫茶店に寄って、さっそく調べてみたところ、どうやら私の胃にあったポリープはこれ↓↓↓
 

胃底腺ポリープ。
 
胃にできるポリープの9割はこの胃底腺ポリープらしいです。
 
これは、ピロリ菌のいない胃にできるもので、ピロリ菌がいないと胃がんにならないので、これがあると、胃がんになるリスクが相当低いのだそう。また、このポリープが成長してどうこう……ということもまずないらしいです。
で、問題があるポリープとは、見てすぐに区別がつくものらしいです。
 
そんな特徴から、別名ハッピーポリープヽ(^o^)丿!
先生が、ピロリ菌がいない、問題ないと言っていた意味がよくわかりました。
 
 
ということで、私の胃腸は問題ありませんでした。
いまは、あれこれ問題も片付き、すっかり食欲も気力も復活していますし(笑)
 
とはいえ、今年はもう、適度に自分を甘やかしつつ、まったりめに過ごそうと思います。
 
みなさんも、ご自分の時間、大切に!
そして胃カメラ検査を受けられるときは鼻からをお勧めします!(笑)
 

↑↑↑わたしの癒しグッズ♡ベスト3。




関連記事

  1. わが家にコロナが来た話。(アレルギー関係なし)
  2. 佐々木の頭の中の角砂糖がやっと溶けた話。(アレルギー関係なし)
  3. 佐々木家のばあばが入院した話。
  4. 「骨なし魚」は子供たちに悪影響を及ぼすか、考えてみた話。
  5. 『生理痛を和らげる食べ物・飲み物』が、Amazon「Prime Reading」に招待された話。
  6. 佐々木の義母が救急搬送された話。
  7. 2022 今年もよろしくお願いいたします
  8. 佐々木家の気難しいばあばの話。
  9. 里親になる、と決めたことについて。
  10. スクールカウンセラーさんに相談した話。
Top