享年101歳。祖父が亡くなりました。

トップ > その他 > 日々雑感 > 享年101歳。祖父が亡くなりました。
2019年3月7日 木曜日

享年101歳。祖父が亡くなりました。


こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
先月、母方の祖父が亡くなりました。
享年101歳でした。
 
/wp-content/uploads/1510235171652_mini1.jpg
 
おととし、数え年100歳(白寿)のお祝いに、親戚がたくさん集まってお祝いをしたところでした。
その様子は過去記事「100歳のおじいちゃん! in 壱岐の島」をどうぞ。
 
そのときにちゃんとご挨拶できたし、
だんだん体が弱っていたことも知っていたので、心の準備はしていたのだけど、
 
110歳のお祝いしたかったなあ・・・、とさみしいです。
 
 
■祖父らしい最後
母に聞いたところによると、
祖父は介護が必要になっていたらしく、ときおりデイサービスを利用していたそうです。
 
その日は、デイサービスの施設にいて、職員さんの介助を受けながら、昼食をおいしそうに食べた後、祖父は椅子に座って休み、
 
職員さんが気がついたときにはなくなっていたそうです。
 
死因は、「急性心不全」。
「心臓の疾患っていうこと?」と聞く私に、元看護師の母は、
 
「違うわよ、老衰よ、老衰。
まるで電池が切れるみたいに、心臓がとまったんじゃないかなあ」
 
「そうか・・・」
なんだか、その情景が目に見えるようでした。
 
 
■さみしかったけど
近年、「モノを大切に使おう」とよく言われます。
リサイクル運動も盛んですよね。
 
だけど、自分の身体をないがしろにしている人の、なんと多いことか。
 
たくさんの人が、当然のように、このサイトで扱うアレルギー疾患をはじめとした、さまざまな不調を抱えています。
現代人はそれに慣れてしまい、不調を当然のものだと思いがち。
 
最近では「病気は急にやって来るもの」とされてしまったようで、
誰でもほんとはもっている「身体の声を聴く」ための耳は、ずいぶん遠くなってしまいました。
 
当然のように抱える不調のせいで、
一日の短くはない時間だとか、
大切な人とのかかわりとか、
ホントにやりたいこととか、を犠牲にしていたり、
 
不調を長年放置して、気づいたときには手遅れになっている人もいます。
 
もったいないなあ。悲しいことだなあ。
 
いたわって大切に使えば、きっと、もっと自由になる身体なはずなのに。もっと長く持ったのに。
きっと、全然別の人生と、将来があったのに・・・。

 
そんな風に思うことが、最近、私の周りで多くありました。
それが小さなお子さんのことだと、悲壮感はなおさらです。
 
だけど、
 
祖父の訃報と、その最後の様子を聞いたときは、
ああ、さみしい、と思いこそすれ、ああ、悲しい、とはあんまり思いませんでした。
 
それは、祖父が身体を使い切るようにして亡くなったからだと思います。
 
きっとそういう亡くなり方は、見送る人間の心をえぐったりはしないのですね。
 
/wp-content/uploads/1551882746527.jpg
(子供時代、夏はよく壱岐で過ごしました。
左から、私、いとこのよっちゃん、姉、ほかのいとこたち)
 
/wp-content/uploads/1551882807009.jpg
(磯遊びもよくしたなあ)
 
/wp-content/uploads/DSC_0259.jpg
(これは、結婚してから、子供たちを連れて行ったとき。
長男が四歳ぐらい。周りは従兄のよっちゃんの子供たち)
 
/wp-content/uploads/DSC_0089-1.jpg
(祖父の白寿のお祝いで行ったとき。鬼の足跡というところで)
 
 
壱岐は私の心のふるさと。
祖父はまだ、そこにいつものように笑顔で座っている気がします。
 
 

祖父はどんなふうに、自分の身体をいたわっていたのか。
 
以前、伯母に頼んで、祖父のことをいろいろとメモしてもらったものがあるので、
それをもとに、いくつか記事を書いてみようと思います。
 
時間のある時にまったりやりますので、長生きしたいあなたはぜひお付き合いくださいませ。




関連記事

  1. 佐々木はまだ閉経しないらしい話(アレルギー関係あり)
  2. 子宮頸がんと子宮体がんの検査を佐々木が受けた話(異常なし)。
  3. 佐々木が牛肉を食べないワケ。
  4. セミはかわいそうな昆虫なのか問題、について。(アレルギー全然関係なし)
  5. イライラしてどうしようもなかった話。
  6. 長女とダンスと彼女の心。その2
  7. 長女とダンスと彼女の心。(アレルギー関係なし)
  8. 家族の命を守る備え、してますか? 東日本大震災から10年の日によせて。
  9. 佐々木が自分の大腸の写真に見とれた話。
  10. 佐々木が皮膚湿疹に襲われた話。
Top