娘の顔のあざと、私の幸せの話。

トップ > その他 > 日々雑感 > 娘の顔のあざと、私の幸せの話。
2018年10月11日 木曜日

娘の顔のあざと、私の幸せの話。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
「うわ、大変、どうしたんですかそのお顔! 
なんかにかぶれちゃったんですか?」
 

「あ、いえいえ、これは生まれつきのあざなんです。
今日は熱が出たので来ました~」
 

ある病院の、小児科の廊下にて。
 

聞いたのは、偶然会った私の友達、の友達で、答えたのは私。
 
/wp/wp-content/uploads/DSC_2662.jpg
 
そう、私の娘(次女、二歳)の顔の半分には赤いあざがある。
興奮していたり、今日みたいに熱があったりすると、いつもより赤く目立ってしまう。
 

私の返答に、そのママさんははっとして、それから、この世の終わりみたいな顔になり、
「すっ、・・・すみません!」と頭を下げた。
 

そして、別れた後に、その場に居合わせたママ友からこんなラインが。
「愛さん、彼女、愛さんを傷つけてしまったんじゃないかってすごく気にしてる。
謝りたいけど、よけい傷つけてしまうんじゃないかって悶々としてる」
 

申し訳なくなった。
 

だって正直そんなこと忘れてたし、
私は全然傷ついてなんかいないからだ。
 
 

■不安な一年
娘のあざについては、出生後すぐに、皮膚科の先生に指摘された。
それと同時にこういわれた、
 

「娘さんのように、顔半分という広範囲に赤いあざがある場合、
スタージー・ウェーバー症候群という難病を発症する可能性があります」
 

スタージー・ウェーバー症候群。
 

簡単に言うと、
あざっていうのは血管の束でできているんだけど、
その束が、表面だけじゃなくて奥にもたくさんあって、目の組織や脳を侵していた場合、
知能や、視力におおきな影響を及ぼすことがある。
 

その病気だった場合、だいたい一歳ぐらいまでになんらかの症状がみられることが多い。
てんかんの発作で発症することが多い。
 

・・・ということで、
娘は特に生後一年は要観察となり、
その間は小児科、眼科、皮膚科をなんども受診することになった。
 

私たち夫婦は(特にビビりの私は)、その一年を毎日、
 

発作が出ませんように
 

発作が出ませんように
 

と、祈るような気持ちですごし、
 

結局、娘は何の異常もないまま、一年を迎え、今は元気に二歳となった。
そして先日、主治医から、おそらくこの先何もないでしょう、というお墨付きもいただいた。
(そのへんの話は過去記「娘Mの顔のあざの話」をどうぞ)
 

神様ありがとう。
ほんとにありがとう。
私たち夫婦にはそれだけで十分すぎた。
 
 

■べつにいーじゃん!
だけどもし、この一年がなければ、私の気持ちも違ったのかもしれない。
 

「女の子の顔半分に赤いあざ」
 

っていう問題、単独だったら、
もっと深刻にその問題と向き合い、将来を悲観して落ち込んでしまったり、
昨日の病院でのママさんの言葉に、深く傷ついていたかもしれない。
同じようなことは、どこでもよく言われるし。
(ちなみに、娘のあざにレーザーはきかないもよう)

 

べつに私は、
娘のために強くなったとか、前向きになろうと誓ったとか、そういうんじゃないんだけどな。
 

「・・・あざ?
べつにいーじゃん! 赤いだけなんだから!」
それがほんっとに、今の本心なので、あらあら赤いわーと言われても、ええそうなんですよとしか思わないのである。
 

もちろん、私たち親がそう思っていることと、М本人がやがて自分のあざをどう感じるかは別問題だ。
だけど私たちの姿勢は、Мの姿勢にもいい影響をおよぼすと、私は思っている。
 
 
■神様ありがとう。
そして、そんなちょっとしたことをきっかけに、
私自分のこれまでの、
「こうなっちゃうんじゃないかなと不安だったけど、そうならなかったたくさんのこと」を思い出した。
 
若いとき無茶をして何度か死にかけたこと。
 

旦那と結婚するまでに、あれこれすったもんだがあって何度もあきらめかけたこと。
 

子どもが欲しいと思ったら、私が無排卵だったこと。など、など・・・。
 

今はもう、そんなことは思い出すこともなく、日常の中に埋没しちゃっているけど、
「今いる、この道」がひらけたときは、ものすごくうれしかった。
 

そんなことを考えていたら、特に何もしてないのに幸せメーターが上がった(笑)!!
 

神様ありがとう。
こんな場所まで連れてきてくださって。
 
それなのに、感謝を忘れててすみません。
 

子供たちにもうちょっと優しくします。
旦那にもうちょっとつくします。
自分には・・・もうちょっと厳しくします!(笑)




関連記事

  1. 世界一甘いお菓子、グラブジャムン!
  2. トマトと鶏といろいろ野菜のノンオイル・シチュー。
  3. 好き嫌いと現代っ子。
  4. 甥っ子が稀少疾患を患って、克服した話。
  5. 祖母の卒寿と、プロフィール写真の話。
  6. 子供に伝わる言葉、実例編。
  7. 弟の結婚式と、お肌の話。
  8. 小さなカナリアたちのために。
  9. 父とジャンクフード。
  10. 「友人がアトピーなんだけど・・・。」
Top