保育園の給食、という最大ネック。(チコちゃん 五歳女児 中症アトピー 4)

トップ > 改善例 > アトピー > 保育園の給食、という最大ネック。(チコちゃん 五歳女児 中症アトピー 4)
2018年10月9日 火曜日

保育園の給食、という最大ネック。(チコちゃん 五歳女児 中症アトピー 4)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今日は、五歳の女の子、チコちゃんの、アトピーの改善例をご紹介します。
/wp/wp-content/uploads/mhb2uEp72.jpg
 
■改善前、改善後。

/wp/wp-content/uploads/IMG_17521.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/IMG_2315.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/IMG_2406.jpg
 
お話しいただくママさんは、↓↓↓↓↓この方、ヒナチコさん
/wp/wp-content/uploads/f8AVPsi0oPU83pb1525960763_1525961138.png
こちらの連載記事でご紹介した、手湿疹を克服なさったママさんです!
↓↓↓↓

てのひらの慢性的な荒れ(手湿疹)の改善例の体験談を紹介する連載記事です。
1 手がかゆい! の原因は食事だった! 写真とアンケート
2 素手で洗剤が使えない! 手湿疹てなんだ?
3 手湿疹だったころの食事。
4 手湿疹が治った食事。

 
チコちゃんの記事は、こんな感じで連載予定です!
↓↓↓↓↓

 
なんと五歳にして、食べ物とアトピー症状の影響に自ら気が付き、
「私、お菓子食べるのやめる」と言ったチコちゃん。
 
一念発起して食事療法に取り組み、だいぶ症状は改善したが、
保育園の給食を食べることで症状がぶり返し、なかなか完治にこぎつけないのであった・・・!
 
 
■幼稚園の給食。
「幼稚園の給食は、こんな感じです」
 

・昼 :洋風ちらしずし/メロン/夏野菜カツ/アスパラのお浸し/すまし汁
・おやつ :麦茶/ケーキ

 

・昼 :ポークカレーライス/コールスローサラダ/コンソメスープ/すいか
・おやつ :麦茶/青りんごゼリー

 

・昼 :ツナチャーハン/ウインナーソテー/かぶときゅうりのサラダ/コンソメスープ
・おやつ :牛乳/ゆかりおにぎり

(↑無作為に連続する三日間の献立を抜き書きしてみました。
太字は、油が入っているだろうと思われる食品です。)
 

「うーん、確かに油が多いですね。
 

ウチの長男の小学校の給食もそうだけど、
やはり『あえて』油を使ってる感がありますよね。
これは、国の決めた栄養摂取基準に従っているからだと思います。

 
それによると、五歳の女の子が、一食で取るべきとされる油の量は、
 
/wp/wp-content/uploads/a56b9b5b516e26a1c7bfe3a7c97d4bbd1.jpg
ちょうど大匙一杯ぐらい
 
なんですけど、これがすでに、アレルギー体質の子には多いようですね。
 

しかも、献立を作る栄養士さんたちは、この基準を満たすことは気を付けても、
オーバーしちゃうぶんにはあんまり気にしないっていう傾向があるみたい。」

(詳しくは過去記事「給食の献立と油。」をどうぞ)
 
 

■直談判してみた。
「実は、保育園に言ってみたんです、
『うちの子、油でアトピーが出るので、ちょっと油をよけていただけたら』って。

たとえば、揚げ物の衣を外すとか、タルタルソースを使わないとか、できませんかって」
 
/wp/wp-content/uploads/9a7c0dda6ffa7d8ec9b2cfcaa264ea561.jpg
(↑写真は借り物でイメージです)
 

「頑張りましたね! ・・・そしたら?」
 

『診断書がないと』って。
 
まあ、それもわかるんです、私も保育士だから。
 
保護者の中にはほんとにいろんな、勝手な要望を言ってくる人がいるので、いちいち聞き入れていたら現場は大変なことになっちゃう。
 
/wp/wp-content/uploads/counseling31.jpg
 
だから、給食については、診断書がある場合に限って対応する、って決まってるわけで・・・。
 

だけど、油についての診断書って・・・、」
 

「はい、とても、出にくいようですね。
基本的に、ある食物を除去するための診断書っていうのは、アレルゲンと認定された食品に対して出されるものですから。

 

アトピーにおける油や畜産物は、原因となる物質であって、『アレルゲン』ではない。
油も、アレルギー検査では引っかからない
のが普通です。

 
(↓↓↓それについて、拙著『アトピーが消えちゃった! マンガでわかる体質改善』で解説した見開きページ)
/wp/wp-content/uploads/38-2.png
 
/wp/wp-content/uploads/3f9db0b27f0d9082cc2b478e1e9f25a8.png
 

そして、そもそも、
油や畜産物をアトピーの原因ととらえているお医者さんは、とても少ないです。」

 

「そうですよね~。
じゃあやっぱり無理かなあ・・・。」
 
 
■ご夫婦の結論。

「でも、そういうお医者さんがいないわけではなくて。
ここから行ける距離に一か所あるけれど、行ってみますか?」

 

「えっ、そうなんですか!」
 

「はい、
 

だけど、診断の上で、油などを控える必要があると診断されて、診断書に『油除去が必要』と書かれれば、おそらく、油がアレルゲンであるかのように除去されることになりますよ。
揚げ物の衣を外すとか、そういう対応じゃなくて。

 
すると、油はいろんな料理に入っているから、チコちゃんはお友達とは別メニューになるかも。
そこのところをよく考える必要があると思います。」

 

「うーん、なるほど・・・、
 

そうですね。
ちょっと考えたいです」
 
この日は、ここで終了。
それから少しして、ヒナチコさんから連絡をいただきました。
 

「佐々木さん、
 
この前の件ですが、

診断書をお願いするのはまだいいかなって、夫婦で結論を出しました。」
 

「そうですか!」
 

「はい。食事療法でだいぶ治ってきたし、出方もつかめたし、
なにより、チコは、保育園の給食をとっても楽しみにしているんです。
 
/wp/wp-content/uploads/088-091.jpg
 
みんなと一緒に楽しくご飯を食べることも大切だと思うんです。」
 

「いいと思いますよ!
パパとママが話し合って考えてくれて、チコちゃんは幸せ者ですね。

 

それに、これから、状況はよくなっていくと思いますよ。
成長と共に改善するケースも多いし、
小学校の給食は保育園よりもっと自主的に、減らしたり残したりできるようだし。」

 

「はい、そうですね。
じゃあ今は、うちでできることをやっていこうと思います!」
 

「応援しています!
ぜひ楽しみながらやっていってください。」

 
 

ママさんと、チコちゃん。
お二人のケースに関わらせていただいて、すごく勉強になりました!
 

ヒナチコさん、チコちゃん、本当にありがとうございました。
 

さて、次に、チコちゃんの食事のbefore→afterを紹介しようと思っていましたが、
その前にちょっと寄り道をして、「アトピーと給食と診断書」について書いてみます。
 
●寄り道しないで読む方は「症状がひどかったころの食事と、今の食事」へどうぞ。




関連記事

  1. (動画)アトピー完治者 K子さんからのメッセージ
  2. (動画)どうやってアトピーを治したの? ~タンパク質除去編~
  3. (動画)どうやってアトピーを治したの? ~植物油絶ち編~
  4. アトピーは、再発してもいい!
  5. (動画)アトピーだったころの食事。~K子さん編~
  6. 元重症アトピー、完治状態を維持! もう長崎ちゃんぽん食べても痒くならないぞ!
  7. (動画)アトピー、完治しました! ~K子さん編~
  8. 子どもがアトピーかな?と思ったら。その2
  9. 子供のアトピーにはお菓子が大きくかかわっている。
  10. 混ぜるだけ!簡単バランス☆サンマ蒲焼き丼
Top