佐々木が長男の咳に久々にひびった話。

トップ > その他 > 日々雑感 > 佐々木が長男の咳に久々にひびった話。
2017年8月11日 金曜日

佐々木が長男の咳に久々にひびった話。

元喘息の我が家の長男、ただ今小1。
 

三年前に食事を変えて咳が収まって以来、深刻な症状はありませんでした。
風邪をひくと、咳が残ってしまうことはありました。
でも、食制限を厳しくすると治っていく感じ、をキープしていました。
 

・・・が、先日、ちょっとひびったことが!
 
 

■咳でしゃべれない!
夏休みに入ってそうそう、風邪を引いたP。
そして、咳がまた残ってしまった。
 

夏休みに入って、ケーキやら、外食やらがおおかったせいかも。
 

でも、パパと約束していた幕張メッセの恐竜展!は行かないわけにはいかない!
 
/wp/wp-content/uploads/IMG_20150823_102304-1024x7681.jpg
 

「いってきまーす! ゲホゲホ」
「行ってらっしゃい・・・」
不安げに送り出す私。
 

そしてその日の夜、
「ゲホゲホゲホただい・・・ゲホっ!」
 

オーマイガっ! ひどくなっている!
会場内をかなり歩いたのと、興奮したのが関係しているようだった。
 

そして、その夜、お布団に入って、おやすみなさいを言ってから。
「・・・ゲホゲホゲホ、・・・・・。ゲホゲホゲホ、ゲホ・・・ゲホゲホ」
 

「P、とりあえず座りなさい」
 

「うん・・・ゲホゲホ、ママ、ゲホゲホ、ちょっ・・・ゲホゲホ、つらい・・・」
 

喘鳴は聞こえないものの、普通にしゃべれないほどの咳。
ここ数年は、そんなことはなかったので、ものすごく動揺した。
 

探したら、三年前の咳止めテープがあったので、貼ってみた(真似しないでね)。
すると咳が止まって、眠ってくれたので、ひとまず安心した。
 
 

■薬でも、食事制限でも、治まらない。
翌朝、朝イチでかかりつけの小児科を受診。
 

風邪をこじらしてしまったのだろうと、咳止めが出た。
マイコプラズマもはやっているが、それならこんなに元気はないはずだからと言われた。
 

それから、薬を飲ませつつ、油と甘いものを絶った。
Pはおとなしく、出されたものを食べてくれた。
 
/wp/wp-content/uploads/thT0Y8W0C3.jpg
 
でも、四日たっても、咳は相変わらずで続けた。日中も、就寝前も。
快方に向かっているという感じはなかった。
テープがきいて、夜間は眠れているのが救いだったけれど。
 

そんなことは今までなかったので、どうしたものかと、戸惑った。
 

ただ、食事という面からやれることはやっている、という自負があった。
だから、あとは経過を見守りつつ、お医者さんに任せよう、と思うことができた。

 

そういうバランス感覚も、この数年で学んだ気がする。
 

代替医療に関わる親たちの中には、代替医療に傾倒しすぎて、子供を受診させないタイプがいる。
それは、医師の言葉を盲信するのと、本質的には同じことだと思う。
 

その二つは車の両輪だと思う。
私は子供たちのかかりつけ小児科医、K先生をふかーく信頼している。
 
 

■・・・おや?
そんな四日目のこと。
Pが夕方から寒い寒いと言い出した。
そこから熱が上がり始め、就寝前には40度を超えた。
 
/wp/wp-content/uploads/thQ71NU452.jpg
 
・・・むむっ?
こんなに食生活を整えているのに、40度?
食生活を変えてから、インフルエンザにかかったとき以外では、こんな高熱は出ていない。
 

こりゃー、ただの風邪ではないのでは? という気がした。
 

ので、翌朝、再受診。
先生は「典型的な症状の出方ではないけど、マイコプラズマ肺炎かも」とおっしゃった。
 

けれどビビりのP、血液検査をかたく辞退!(笑)
抗生剤は安易に出せないとのことで、結果、引き続き様子見となってしまった。
 

翌日は平熱で過ごしたが、翌々日、また40度を超えてしまった。
 

変な熱の出方だ。咳も収まらない。
 

さらに、妹二人が同じ咳をし始め、次女も38度の発熱。
 

・・・むむむ・・・、やはりこれは・・・。
 
 

■再、再受診にて。
翌朝、三人そろって受診。Pは再、再受診。
 

ビビりなPの代わりに、次女Мが血液検査。
Pは胸部レントゲンを撮ってもらう。
 

K先生、「マイコプラズマだねー」
やっと確定した~!
 

頂いた抗生剤を飲ませたら、翌日には、明らかに咳が減った。
そして、飲み始めて四日目の今日は、P、小さな咳払いを一つしただけで眠ってくれた。
 

ちなみに、マイコプラズマは自然治癒するケースも多いらしい。
が、喘息もちの子は症状がひどくなったり、発作が誘発されたりするらしいので、注意が必要なようだ。
抗生剤の使用にも賛否両論があるようだけど、今回のケースでは服用のデメリットは気にならなかった。
 

ちなみに妹たちは、免疫が落ちついでに手足口病も発症。
長女は、兄と妹におくれて現在発熱中。
 

でも、みんなピークは過ぎた。
あとは治っていくだけ。
 
/wp/wp-content/uploads/00780-450x3371.jpg
 

せっかくのパパのお盆休みが、どこへもお出かけできずに過ぎてゆく。
ご本を読んだり、ボードゲームをしたり、映画を見たりして、まったり、まったり過ごしている。
でも、こんなお盆休みもいいか、という気もしないでもない。
 

でも、お休みの最後の日までにはなおして、子供たちをおいしいものを食べに連れてってやりたい。
ずいぶんつましい食生活を続けさせてしまった。
 

わたしはいまくたくた。
そして、健康のありがたみと、平凡な毎日のすばらしさをかみしめているのであった。




関連記事

  1. イワシの小骨との戦い
  2. 書くことと私。(雑感です)
  3. まぐろの中落ちに植物油?
  4. 喘息だから、水泳! させてるママさんへ。
  5. 手抜き晩ごはんと、VR(バーチャルリアリティ)体験の話。
  6. 子どもとGWとアトピー。
  7. アトピーとお花見とお菓子。
  8. アトピーと運動とおやつ。
  9. 子どもの救命処置の講習を受けてきました。
  10. 享年101歳。祖父が亡くなりました。
Top