かつての食事。(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)

トップ > かつての食事。(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)

かつての食事。(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今日は、サイトの読者さん、ネコバスさんの改善例をご紹介します。
 

 
■改善前、改善後。
/wp/wp-content/uploads/2a782d52d8a237f8ab76c30810ceabe8.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/3ef2efbbe4db7ba235fc6e1b7c14fb09.png
 
/wp/wp-content/uploads/lV3JwhIn9OtCUoB1548595884_1548596058.png
 
ネコバスさんは、二児のママさん。
当サイトの設立当初からの読者さんです。
 
食育にも熱心でいらして、サイトの記事も熱心に読んでくださったし、
興味のあることは自分からどんどん調べたり、実行、実践する、パワフルな方でもあります。
 
あれこれとやり取りをしながら、私もたくさんのことを学ばせていただいた、今となっては大切なお友達。
 
そんなネコバスさんが、突如、原因不明の顔面の肌荒れに襲われたというから、私もビックリ。
 
では今日は、ネコバスさんのかつての食生活から振り返っていただきましょう。
 
 
■以前の食事
「以前、ちょくちょく撮っていた写真をご紹介します。
ごく典型的なものをピックアップしました。
 

毎日毎日、こんなどっしりした献立、というわけじゃなかったですが、
こういうものを、普通に何も考えずに食べていました」
 

●朝ごはん
/wp/wp-content/uploads/1548772906601.jpg
パン
巣ごもり(卵、ウインナー、野菜)
ヨーグルト
バナナ
コーンスープ

 

●昼ごはん
/wp/wp-content/uploads/1548772975382.jpg
お気に入りのカフェでのランチ。
 

●おやつ
/wp/wp-content/uploads/1548772941061.jpg
ドーナツ屋さんにて。
「豆乳とおからを使った体に優しい安心ドーナツ」という売り文句でした。
 
/wp/wp-content/uploads/1548772975760.jpg
クッキーや簡単なケーキを作ることもありました。
(注:こちらは植物油を使ったスイーツのレシピ本です。
植物油のお菓子の危険についてはこちら)
 

●晩ごはん
/wp/wp-content/uploads/1548772940338.jpg
 
 

/wp/wp-content/uploads/1548772940572.jpg
グラタンやドリアはよく作っていました。とろけるチーズは欠かせない食材でしたね。
 
/wp/wp-content/uploads/1548772975562.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/1548772940863.jpg
キャンプも好きなので、行くとこんな感じでした。
 
 

■「学校給食的な」献立でした
「ご覧のとおり、わが家のかつてのごはんは、学校給食的ともいえる献立でした。
『ごはんと、野菜と、肉があれば、いいでしょー』みたいな。
 
/wp/wp-content/uploads/f971ef1505d9cbf638ae0b958c0cb52c.jpg
 

調理油はサラダ油で、豚の生姜焼きとか、焼肉とかをよく作ってました」
 

「なるほどなるほど、
大多数のママさんの食卓が、同じ傾向をもっていると思います。

子どもも喜んで食べてくれるし、
やっぱりバランスのいい食事の典型例って、メインはお肉! で刷り込まれてるとこ、ありますものね。
 

じゃあ、タンパク質はほぼ畜産物からとっていた、と」
 

「そうですねー。
でも、自分も子供たちにも特に異常はなくて・・・。
 

・・・いえ、厳密に言えば、
私、何度めかの引っ越しの後、ハウスダストアレルギーになったりしました。 

 
/wp/wp-content/uploads/29a46604aed0bae3fc2d9ab055a1904b_m1.jpg
 
咳がひどくて、胸パッチと吸引の薬を処方されました。

だけど、それで落ち着いてたので、当時はそんなに気にしなかったっていうか」
 

「それが一般的な感覚だと思いますよ。
 

私も昔はいくつか不調を抱えていましたが、食事を変えて消えちゃったので、やはり食事が原因だったと、今は思います。
でも、そういう観点がないと、『よくあることみたい』で、済ませることができちゃうんですよね。
 

だってお医者さんからして、そう言うしね」
 

「そうですね。
 

だけど、らく研を見たきっかけは、
『そういうこともあるみたい』では済まない事態を目にしたからかなあ」
 
 

■なんかおかしい・・・
「実は、うちの主人はもともとアトピー体質なんです。
季節の変わり目には受診していたし、社会人になってからは花粉症も発症していました。
 

だから、佐々木さんの発信していた情報が目に留まったのは、
主人のために何かできないかと常々思っていたから。
 

だけど、それとは別に、こう感じていたんです、
 

『なんか周りにやたら花粉症がいるなあ・・・とか、
子供たちの友達にも、マスクしてる子がたくさんいる、昔からこんなにいたっけ、
 

なんかおかしくない?』って」
 

「そうですね、おかしいぞって、思いますよね。
 

実際、ネコバスさんの感じてらっしゃる通りで、
花粉症は年々増え続けているし、より小さな子を襲うようになっていってます。
 

小さな子がマスクして、目を真っ赤にしている姿は本当につらそうですよね」
 
/wp/wp-content/uploads/mo_kodomo_kafunshou_201602231.png
 

「やっぱりそうなんですね。
 

そんな風に感じながら、怯えていたんですよ。
次は自分や子供たちも襲われるんじゃないかって」
 

「毎年周りで誰かが花粉症デビューするし、みたいな」
 

「そうそう。それで、佐々木さんの情報を読むようになったんです。
 

そして、花粉症の本を読んで、『そういうことだったのか!』って納得できて」
 

 

「そう言っていただけると、嬉しいなあ」
 

「それで、さっそく、主人の食事を、できるところから変えてみようと思い立ったんです!」
 
 

次回は 「夫の花粉症を食事で改善!」に続く。


Top