長女は学校を休んで遊ぶ。(アレルギー関係なし)

トップ > その他 > 日々雑感 > 長女は学校を休んで遊ぶ。(アレルギー関係なし)
2024年6月28日 金曜日

長女は学校を休んで遊ぶ。(アレルギー関係なし)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

タイトルの通り、長女はときどき学校を休んで遊ぶ。
そう言うと、びっくりされることが多いので、それにまつわる私の考えを書いてみる。
 

うちの子たちは、「学校」という場所があまり好きではない。
好きな友達も、好きな先生もいるけれど、そういうものを差し引いても、「あまり好きじゃない」に落ち着くらしい。
 

理不尽なことが多いのと、
乱暴だったり、人を傷つけることを言う同級生と一緒にいるのがきついそうだ。
 

長女は特に、「みんな仲良く」が目的化されていることがキツイらしい。
(たとえば、誰かに理不尽なことをされたのに、仲直りと握手を強要されたり)
 

確かに、子どもたちの愚痴を聞いていると、そりゃきついね、そんなこと大人だって、ママだって嫌だよ、と思うことが多い。
 

中でも長女は我が強く、学校の理不尽とぶつかることが多いので、学校に通うだけで疲れがたまって来るらしい。
 

そんなとき、子どもに「あーあ、何で学校なんかあるの」と聞かれたら、
「生徒を一カ所に集めて教育したほうが効率がいいからだよ」と答えることにしている。
 

「その間、ママも仕事ができるしね。
でも、そのメリットより、デメリットが大きくなるなら、行かなくてもいいよ」
 

私は本当にそう思っている。
教育機関としての学校にはとても感謝している。
けれど、学校に従わなければとか、学校は正しいとか、学校に行かないのは悪いことだとか思っていない。
 

そして、長女が疲れてしまったときは、学校を休ませて私と二人ででかける。
「リフレッシュ・デー」と、長女は呼んでいる。
 

私に罪悪感はないし、長女にも持ってほしくもない。
人の目を気にすることより、自分の心を大切にすることを教えたい。
 

自分を大切にすることと、いざとなったら逃げていいことを知っていれば、少々の理不尽にも耐えられるのではないかと思う。
 

それが今月は昨日だった。
私の発案で、上野動物園に行った。
ガラガラで、涼しくて、とても快適だった。
 

「ママ、こっちいこー!」

 

長女は今日は、すっきりした顔で登校して行った。

またひと月、頑張れ!




関連記事

  1. 「東大に子どもを四人いれたママ」の講演に行かなかった話。
  2. 『料理家 村上祥子 82歳、じぶん時間の楽しみ方』イラストレーターとして参加させていただきました(^^)
  3. 50歳なんてひよっこ。~永田良隆先生とお話しして考えたこと その1~
  4. アトピーの新薬があれば食事療法はいらない? ⇒いる。
  5. 昨夜のご飯と、中2の体育祭。
  6. 子どものアレルギーは母親のせい、と思って苦しいお母さんへ
  7. 医療の闇に鋭く切り込まない話。
  8. 出版のお知らせ『マンガでわかる 花粉症が治った!』
  9. 今年もよろしくお願いいたします(^^)
  10. ご無沙汰しています。近況報告。
Top