サッポロ一番の油を大幅カットする方法。

トップ > 食べ物と健康について > 油以外の食材について > サッポロ一番の油を大幅カットする方法。
2018年12月10日 月曜日

サッポロ一番の油を大幅カットする方法。


こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今日、みんな大好きサッポロ一番袋めんについてです。
 
/wp/wp-content/uploads/th1-3.jpg
 
・・・え? 特にサッポロ一番をひいきしてない?
いや、銘柄はなんでもいいんですが、とにかく、主婦の味方、袋ラーメンについてです!
 

袋ラーメンとは、おいしいれど、
フライめんだから油が多くて、アレルギーの症状の原因になりえる食べ物。
特に、上に炒め野菜をトッピングしたりすると、なおさらです。
(くわしくは過去記事「アレルギーの原因」をどうぞ)
 

しかーし! サッポロ一番さんがこんな商品を出してくれました!
 
/wp/wp-content/uploads/ts_food03011.jpg
サッポロ一番のノンオイルラーメン!
(くわしくは過去記事「夢のノンオイルラーメン!」をどうぞ)
 
やった! これで袋ラーメン、食べられる!
 

・・・と思っていたのですが、
なんとこの商品、最寄りの二件のスーパーの売り場から姿を消してしまいました。
売れなかったのかしら。超ショック。
(そしてなぜかサッポロ一番HPの商品一覧からも姿を消している・・・(゜o゜) 製造中止?)
 

なのでまた袋めんを食べるのをあきらめかけていたら、
ある日、袋めんについてのニュースがネットで流れてきました、
 

それによると、
 

「麺をゆでた湯を捨てると油の7割ぐらいはカットできる」
 
ちなみにこう言っているのは安部司さんという方で、
 

こちらの著者。
誠実でユーモアたっぷりのとても楽しい本なのでお勧めです。
この本についての佐々木のおすすめ文はこちら
 

7割カット! マジですか安部さん!
たまに食べるなら、それで十分!

 

そう思った私は時々、ゆで汁を捨てるやり方で、サッポロ一番を作るようになりました!
 
 

■サッポロ一番少油ラーメン。

昨日は休日だったので、
子供たちに「たまにはラーメンが食べたいな」と言われ、ランチに作りました。
 
/wp/wp-content/uploads/1544262238651.jpg
 

たっぷりのお湯で麺をゆでて、ざるにとってすぐに器にもりつけ、
別の鍋に作っておいた熱いスープを注いで、トッピングして、できあがり。
 

豚ばら肉は塩を振って魚焼きグリルで焼き色を付けました。
 

わが家では、肉を焼くとき、基本的に油を使いません。
グリルで焼いちゃえばどんな肉でもおいしいし、
特に脂がのっている部位なら、お肉自身の脂が溶け出してじゅわじゅわとおいしくなります。
 

ブロッコリーは、スープでそのままゆでただけ。
それが一番楽だし、油も使わずすむし。
 

ただ、油抜きをしたせいか、ちょっと物足りなさを感じる方もいるかもしれません。
そんなときは、少しバターを足すとおいしそうです。
野菜を炒めるとしても、バター、またはあまに油をお勧めします。
 

我が子たち(上二人)は、これを実においしそうに平らげます。
 
/wp/wp-content/uploads/1544262210484.jpg
とくに長女(5歳年中)は、
一口食べるごとに「ああ、おいしい」と繰り返すので、つくり甲斐があります(笑)
 

え?
 
フライめんの油が気になるなら、生めんを買えばよくない? って?
 

まさにおっしゃる通り。
 

しかーし!
 

私にとって家庭で食べるラーメンは、やはりサッポロ一番袋めんなのです。
生めんを買ったこともありますがなんかしっくりこないのです。
 

そこは・・・譲れないのです(笑)!
 
 
(ちなみに、袋めんについては、油のみならず、添加物や塩分など、いろいろ心配になる点がありますよね。
当サイトではアレルギーという問題に絞って、たまに食べるという前提で記事を書いている点をご了承くださいね。)




関連記事

  1. まぐろの中落ちに植物油?
  2. お刺身に油が塗られてる・・・ですって?!
  3. 肌荒れがよくなった! ~食事編~(ネコバスさん 30代女性 アトピー? 原因不明の顔面の肌荒れ)
  4. 花粉症にヨーグルトが必要ない理由 その3(終)
  5. 花粉症にヨーグルトが必要ない理由 その2
  6. 花粉症にヨーグルトが必要ない理由 その1
  7. 食事とお茶と、アトピーと。
  8. チョコレートの食べ方、付き合い方。
  9. チョコレートの健康効果と、食べ過ぎの害。
  10. 「子供はチョコが好き」という誤解。
Top