娘の七五三の話。

トップ > その他 > 日々雑感 > 娘の七五三の話。
2016年11月18日 金曜日

娘の七五三の話。

娘の七五三をしてきました。
 

地元の大きな神社でしたが、平日だったので、私たちだけでした。
 
/wp-content/uploads/1479392669495.jpg
 

七五三の起源は、よく知られてますよね。
 

昔は子供がよく亡くなって、「七歳までは神のうち」と言われたくらい、小さな命がこの世に居着くことが難しかった。
だから、七歳までの節目節目に、よくぞここまで無事でいてくれたと、お祝いした。
 

・・・という習慣の始まりは、室町時代の武士にまでさかのぼるみたいですが、
庶民の習慣として定着したのは、江戸時代の呉服屋さんがイベント化したからなんですって。
 

土用のウナギなんかもそうですが、江戸人って商魂たくましいですね(笑)
 

でもそのおかげで、私たちは七五三を楽しんだり、
子供が健康でいることに改めて感謝したりできるので、ありがたいことです。
 

/wp-content/uploads/1479377063532.jpg
 
それにしても、娘、むっちりの日本人顔なので、ドレスが似合わない・・・(笑)
でも本人はご満悦だし、私たち親はどんなのでもかわいいので、よし!(笑)
 

ちなみに、私ごとですが、写真の自分が母に似てきたことに、今日びっくりしました。
 

若いころは、母に似てると思ったことも言われたこともなかったのに、
やっぱり私は母の娘なんだなあ。
 

だけど、私は母親として、自分の母に遠く及ばないです。
私の子供たちに「ニコニコ」というニックネームをつけられてる母。
あやかって、私もいつもニコニコと過ごしたいものですヽ(^o^)丿
 
 

今年もあとわずか。
クリスマス、お正月とイベントが続きますが、みなさん、張り切っていきましょー!




関連記事

  1. バリウムとサバカレー。
  2. 子どもに性教育をしてみた話。
  3. 子どもが喜ぶ料理と母の愛、はむすびつかなくていいと思う。
  4. 子どもの好き嫌いは治すものじゃない、と思ってる話。
  5. 旦那の睡眠時無呼吸症候群がよくなった話。
  6. 私がバックパッカーとして異国をふらついていた若かりし頃の話。
  7. すべり台を下から登るのを許すか否か問題、について思うこと。
  8. らく研のインスタ、始めました。
  9. 「勉強の遅れ」ケアより、大切じゃないかと思うこと。
  10. 備蓄について、afterコロナのいま、改めて。
Top