この煮物さえあれば。

2017年9月4日 月曜日

この煮物さえあれば。

先日書いた、まごわやさしいの記事が結構読まれてます。
 

そうか、まごわやさしいに関心がある方が多いのか!
とちょっとうれしいです。
 
/wp/wp-content/uploads/20150114181556661_0026111.jpg
(サイト内無料マンガ「まごわやさしい。(たまに憎い)」より)
 

ということで、今日はまごわやさしい献立をご紹介します。
 

ただ、もっともずぼらな奴を・・・(笑)
 

じゃーん、わが家の昨日の晩御飯です!
 
/wp/wp-content/uploads/1504497630901.jpg
 

おかず少なっ
と思いました?
 

実はこれは、私が疲れてる時の献立。
ごはんさえ炊いとけば、あとは所用時間10分。
 

でもこれ、しっかりまごわやさしいんですよ、奥さん!
 

それには、この煮物が、いい仕事してましてね・・・・。
 
 

■まごわやさしい煮物。

実はこちらの煮物には、まごわやさしいがすべて入っているのです!
 

<材料> 
量はすべて、あるものをあるだけ。できるだけたくさん。
 
油揚げ
(刻んで、ゆでこぼしておく)・・・
ひじき(水でもどしておく)・・・
人参(細く切っておく)・・・
さつま揚げ(刻んで、ゆでこぼしておく)・・・
(半分に切ってほぐしておく)・・・
こんにゃく(切ってゆでこぼしておく)・・・

ごま(そのままでも、すりごまでも)・・・
 
/wp/wp-content/uploads/1504443762576.jpg
 

<レシピ>
1 全部を鍋に入れて、ちょっと薄いかなーぐらいのだし汁でひたひたにする。
  だしは麺つゆでも、和のだし汁でも、自作でも、お好きなものを。

 
/wp/wp-content/uploads/1504443754552.jpg
 
2 一度沸騰させたら、落し蓋をして、弱火で一時間ぐらいほっとく。
3 胡麻をかけたいただく。

 
/wp/wp-content/uploads/1504497654407.jpg
 

切ったりゆでこぼしたりがちょっとめんどくさいので、作るときはいっぺんに大量に作りましょう。
「刻んで、ゆでこぼしておく」は、ずぼらな人は一つの鍋で一緒にやっちゃいましょう。
(私? 私はもちろんやっちゃってます)
 

冷蔵庫で一週間ぐらいはストックできます。
 

これさえあれば、あとは、あるものをちゃちゃっと出すだけ。
 

ちなみに、この煮物は、いろんな食材で置き換えやつけたしが可能だと思います。
揚げじゃくて大豆とか、
切り干し大根も入れるとか、
ちりめんじゃこなんかも合うかも。
 

ご家庭でベストな「まごわやさしい煮物」を作ってみてくださいね。




関連記事

  1. 「バターを使わないお菓子」、毎日食べちゃダメですよ。
  2. 植物油のお菓子、体にやさしくないですよ。
  3. バタークッキーのススメ。
  4. 「バターロール」は、マーガリンロール?
  5. お肉も卵も大好き!
  6. 勝ったらマック食べ放題?!
  7. サバの味噌煮(高級!)もらったよ!
  8. 子供とドリンクバー。
  9. この納豆さえあれば。
  10. 甘いものは一日一回。
Top