『料理家 村上祥子 82歳、じぶん時間の楽しみ方』イラストレーターとして参加させていただきました(^^)

トップ > その他 > 日々雑感 > 『料理家 村上祥子 82歳、じぶん時間の楽しみ方』イラストレーターとして参加させていただきました(^^)
2024年7月5日 金曜日

『料理家 村上祥子 82歳、じぶん時間の楽しみ方』イラストレーターとして参加させていただきました(^^)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

今日は本のご紹介です。
 

 

 
『料理家 村上祥子 82歳、じぶん時間の楽しみ方』
こちらの本にイラストレーターとして参加させていただきました。
 
出版はエクスナレッジさん。
『マンガでわかる 花粉症が治った』でお世話になったご縁で、お話を頂きました。
 
実は、私はこれまで村上先生のことを知らなかったのですが、
いろいろと資料を頂き、読んでいるうちに、先生のアクティブな生き方にすっかり惹かれてしまい、ついまた年表を作って楽しんでしまいました(笑)
 
先生は、料理研究家になる前から、得意料理を人にふるまうことが好きで、
ふるまっていると教えてと言われ、教えているとあれよあれよと生徒の人数が増えていき、引っ越す時には90名になっていた、といいますから、料理研究家になるべくしてなられたんだと思います。
 
32才で、ある料理コンテストで受賞し、料理研究家としてデビュー。
36才にはメディアでひっぱりだこになりつつ、華やかなだけの料理ではいけないと、「もう一度勉強しよう」と、福岡女子大学で無休の研究員に。
47才で、管理栄養士の資格を取得。
53才で、西麻布にスタジオを作り、本格的なキャリアをスタートさせます。
 
その後、電子レンジ調理の第一人者としてメジャーな存在となり、
 
「ちゃんと食べて、ちゃんと生きる」をモットーに、
健康をつくり、維持するための簡単な調理を研究されてきました。
なんと500冊以上の本を出版なさっているそう。
 
そして82歳になられた今も、料理教室や講演などで全国を飛び回っておられます。
そんな先生の今までとこれからが楽しくつづられたエッセイです。
 
この本を読むと、きっと「私はまだ〇歳だ、なんでもできる!」という気持ちになりますよ。
 
ぜひ、書店でお手に取ってみてくださいね。




関連記事

  1. 「東大に子どもを四人いれたママ」の講演に行かなかった話。
  2. 長女は学校を休んで遊ぶ。(アレルギー関係なし)
  3. 50歳なんてひよっこ。~永田良隆先生とお話しして考えたこと その1~
  4. アトピーの新薬があれば食事療法はいらない? ⇒いる。
  5. 昨夜のご飯と、中2の体育祭。
  6. 子どものアレルギーは母親のせい、と思って苦しいお母さんへ
  7. 医療の闇に鋭く切り込まない話。
  8. 出版のお知らせ『マンガでわかる 花粉症が治った!』
  9. 今年もよろしくお願いいたします(^^)
  10. ご無沙汰しています。近況報告。
Top