私がバックパッカーとして異国をふらついていた若かりし頃の話。

トップ > その他 > 日々雑感 > 私がバックパッカーとして異国をふらついていた若かりし頃の話。
2020年7月14日 火曜日

私がバックパッカーとして異国をふらついていた若かりし頃の話。


こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
わたし、プロフィールに、
 
「20歳のとき、西洋諸国とアジア12か国を一年ほど単身で放浪」
 
って書いてまして、
それについて、たまに読者さんに「なんでまたそんなことを」って聞かれます。
 
簡単に言うと、若気の至りだったんですが、
 
そのとき、あちこちで受けたカルチャーショックが、その後やってきたことにつながっていて、
その結果こんなことをしているといっても過言ではないので、
 
若い時の向こう見ずな経験もいいものだと思っています、
 
まあ、ふつう、「異国を放浪したい」と言っても、親に止められるはずなんですが、
 
私の母は徹底した、愛ある放任主義で、
子どもたちがしたいといったことを止めたことはなかったし、
 
私が突然「フランス行きたい、いつ帰るかはわからない」なんて言いだしても、
「気をつけて」って送り出してくれました(笑)
 
で、私がフランスはじめいろんな国で、あれこれを経て、
一年の放浪をほぼ終えて、ようやく帰国しようかという時が、
 
妹の華ちゃんが、ちょうど、中学校を卒業するころだったんです。
 
そして私は、ふと思いついたことを、妹に提案しました、
「エジプトまでおいでよ、
お祝いに、一緒に旅行しよう」

 
何言ってんだか。
妹、15歳ですよ。
もちろん海外旅行経験なし。
 
1人でエジプトまで来れるわけないじゃないですか。
 
しかし、なんとその企画が通っちゃったんですよ。
 
私も私ですが、
妹も妹だし、
 
母も母ですよ。
 
まったく。
 
・・・その話を皮切りに、
妹の華ちゃんが、自分の半生を面白おかしく振り返って語るアカウントを作りました。
↓↓↓↓↓

この投稿をInstagramで見る

第1話 「エジプト?!いくいくー♥♥」 ✈️✈️✈️✈️✈️✈️✈️✈️✈️✈️✈️✈️✈️ 「エジプト行ってみたくない?」 そんな誘いを受けたのは中学校卒業前のある日。海外を放浪中の姉からの電話だった。 そんな突拍子もない質問に、エジプト=ピラミッド&スフィンクスだけの知識しか持ってなかった私は 「え?!エジプト?!行く行くー!行きたーい!行ってみたーい!」 なんにも考えず、行きたいと答えてしまった。だって、見たかったんだもん、ピラミッド。 でもね、細かくいうと、お姉ちゃんは海外放浪中。(確かその電話の時はトルコだった)行くのは中学校卒業して早く春休みに入る私だけ。 中学校卒業直後の多感な女子1人が、エジプトまで単身で向って、放浪中の姉と落ち合うと言うなかなかないだろうハードな旅なのであります🤣 ま、まさか親が許すはずないよね、危ないもんね、お金もかかるし・・・。。。と思って、試しに親に聞いてみると・・・ 「行きたいなら行ってみたら?」 え・・・😨??まじで😂? まさかの姉の一言で私の初の海外旅行の行き先が決まったのです。 次に続く‥ #海外旅行記 #エジプト旅行記 #英語を学ぶきっかけ #英語を話したい #英語ペラペラになりたい #15歳の旅 #海外旅行 #英語話せない #英語わからない #エジプト #20年以上前の話 #ここから勉強した英語 #ママの習い事 #英会話 #英会話を学びたい

Hana Murakami(@hananoeigo)がシェアした投稿 –


 
文中の「姉」が私です。
 
ちなみにこの後、恐ろしいハプニングが起きるんですよ。
すべて、私の落ち度で。
 
携帯がない時代だからこその、血が凍るようなハプニング。
 
神様が、15歳のいたいけな少女にとんでもない試練を課すんです!
(神様のせいにしてるけど犯人は私)
 
もうそれを思い出しただけで、
フラッシュバックで、変な汗が出てきます(笑)
 
ご興味がある方は是非どうぞ~。
少女の成長譚としても、読み応えがありますよ。
 
 
それにしても、
うちの母は偉大だ、と改めて思います。
 
私には、私の母のように子供を信じて見送ることはできなそう。
とてもとても無理。
 
なんて、
私もすっかりふつーの親になったんだなあと、感慨深いです(笑)




関連記事

  1. 子どもに性教育をしてみた話。
  2. 子どもが喜ぶ料理と母の愛、はむすびつかなくていいと思う。
  3. 子どもの好き嫌いは治すものじゃない、と思ってる話。
  4. 旦那の睡眠時無呼吸症候群がよくなった話。
  5. すべり台を下から登るのを許すか否か問題、について思うこと。
  6. らく研のインスタ、始めました。
  7. 「勉強の遅れ」ケアより、大切じゃないかと思うこと。
  8. 備蓄について、afterコロナのいま、改めて。
  9. 子どもとバイキングレストランごっこ。
  10. 『接触性皮膚炎・ラテックスアレルギーが治ったよ! マンガでわかる体質改善』無料公開ヽ(^o^)丿stay home応援企画♡
Top