さんま、塩焼きに飽きたらベトナム焼き! 身近な材料で♡

トップ > アレルギー改善ごはんのレシピ > 魚のレシピ > さんま、塩焼きに飽きたらベトナム焼き! 身近な材料で♡
2018年11月4日 日曜日

さんま、塩焼きに飽きたらベトナム焼き! 身近な材料で♡

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
今年はさんまが大量!
身が太く、脂も乗っていて、安くて最高!!
 
/wp/wp-content/uploads/20131119_011.jpg
・・・となると、やっぱり塩焼き!
 

ただ、正直ちょっと、飽きてきた・・・、
 

他のアレンジもしたいなあ。
とはいえ、あんまりめんどくさい調理はしたくないんだよなあ~、

 

という方に、今日はおススメのさんま料理をご紹介します!
 
/wp/wp-content/uploads/1541327245674-1.jpg

 
その名も「さんまのベトナム焼き」です!
 
 

■さんまのベトナム焼き。
実はこれ、私が日本語教師だった時代に、ベトナム人の教え子が教えてくれたレシピ。
 

その子の家に御呼ばれしていただいた、鯵の焼いたのがすごくおいしくて!
その場で聞いてメモりました。
 

彼女もテキトー主義だったようで、私が書きうつしたレシピには、分量に

「おいしくなるぐらい」

なんて書かれています(笑)
 

まあ私は今まで問題なく作っていたんですが(笑)、
今回、はじめて、計りながらやってみまして!
 

だいたいこんなもんかなーという量を書いてみました。
ちょっと違っても、まずくはならないので、お好みでやってみてください。
 

<材料>
・さんま
(青背、または白身の魚ならなんでも)三尾ぐらい
 
●ベトナムだれ
/wp/wp-content/uploads/1541327298126.jpg
 
・ネギか玉葱 写真ぐらい
・にんにく ひとかけ
・ライム 半分
・塩 大匙1弱
・砂糖 大匙1
(写真は黒糖を使用)
・あまに油 小さじ1(彼女に聞いたレシピではサラダ油)
 

<レシピ>
1 魚はふり塩をして臭みを抜いておく。

ふり塩の仕方はこちら)
 

2 ベトナムだれを作る。
/wp/wp-content/uploads/1541327300230.jpg
ネギまたは玉ねぎはみじん切りに、にんにくはすりおろし、ライムのしぼり汁、他の材料と合わせてよく混ぜる。
味見をして、好みの味にする。
 

3 魚の両面に切れ目を入れ、たれをかける。
余裕があったらそのまましばらく置く。置かなくても大丈夫。
/wp/wp-content/uploads/1541338986199.jpg
(↑ 頭がついてるのは、私の! さんまの内臓食べるタイプです(^^)/)
 

4 そのまま、グリルで焦げ目がつくまで焼く。
/wp/wp-content/uploads/1541327245674-1.jpg
(下に敷いてある石は、グリル石と言って、グリルの掃除が簡単になるアイテム!)
 
/wp/wp-content/uploads/1541327246747.jpg
今日の晩ごはん。
付け合せは長芋のバターしょうゆ焼きと、壱岐の島から来たトマトと、豆腐のめかぶがけ。
 
 
ベトナム人の教え子の手料理を待っている時、
えも言われぬいい匂いがしてきて、期待値がマックスになったの、よく覚えています。
 

わが家でもこれを焼いていると、子供たちが
「あっ、今日はベトナムさんまだ! ベトナムさんまだ!」と騒ぎます。
 

それぐらい、いいにおいがするんです。
 

そして、このたれをかけてちょっと焦げたさんまの皮が、ほんとにおいしい。
魚の皮が苦手な長男P(小2)も、このときはがっついて、ご飯をお代わりします。
 

娘たちもご飯をたくさん食べて、パパのご飯がなくなったので、炊きなおしました(笑)
 

手近にある材料だけでできるのに、ものすごくエスニックな、特別な料理になりますよ。
ぜひ、お試しあれ。
 

そうそう、残ったたれは、お肉をつけて焼いてもおいしいです。
私はいつも大目に作って、翌日のランチは豚肉のベトナム焼きを楽しみます(*^_^*)




関連記事

  1. 魚嫌いな子供も食べる! 湯煮 ~タラ編~
  2. 魚嫌いの子供も食べる、湯煮ってナニ? ~ブリ編~
  3. 魚の塩焼き、フライパンVSグリル、どっちがおいしい?
  4. 魚焼きグリルの網の掃除にさよならしたい! ~くっつかないホイル編~
  5. 刺身が嫌いな子供も食べた! エスニックな刺身ダレ!
  6. 魚焼きグリルのトレイの掃除よ、さようなら! その後。
  7. 魚焼きグリルのトレイの掃除よ、さようなら!
  8. 鯵のなめろうで、DHA・EPA!
  9. まぐろのカマ(大)を塩焼きにしてみた。
  10. ぶりのカマでも、あら汁作ってみた。
Top