あんずのジャム(たぶん)。

トップ > その他 > 日々雑感 > あんずのジャム(たぶん)。
2018年6月25日 月曜日

あんずのジャム(たぶん)。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
(ただ今、読者登録をしてくださっている方に、記事更新のお知らせが送れない状態です。
すみませんが、もう少しお待ちくださいませ。)
 
ずいぶん暑くなってきましたね。
皆さんは、何を見て、初夏の訪れを感じますか。
 

私は、いろいろありますが、
 

よく通る、神主さんがお留守になって久しい神社の境内のあんずの木に、実がつきはじめ、
大きく、まあるく、黄色くなって、落ち始めるとき。
 

そして、ときを見計らって、子供たちとあんず拾いをし、ジャムを作る
 

というのが、佐々木家の初夏の風物詩です(^^)/
 
 

■わが家の杏仕事。
今年は、長女(年中)と一緒に拾いました。
(末娘(もうすぐ二歳)もいましたが、戦力にならず)
 
/wp/wp-content/uploads/2018-06-25-18-32-2521.jpg
他にも拾っている人がいたので、ちょっと控えめに・・・。
 
/wp/wp-content/uploads/2018-06-25-18-31-3121.jpg
これを、一時間ほど水につけてあくを抜き、
 
/wp/wp-content/uploads/2018-06-25-18-30-4921.jpg
タネのまわりをぐるりと切って、
重さの六掛けの砂糖(わが家は何でも黒糖)をまぶして、
 
/wp/wp-content/uploads/2018-06-25-18-29-4721.jpg
あとはとろみがつくまでひたすら、混ぜながら煮る・・・。
 

できた!
さっそく子供たちと試食!!
 
/wp/wp-content/uploads/2018-06-25-18-34-1221.jpg
 
「酸っぱーい!」
「でもおいしーい!」
「いつもと同じ味だね!」

 

そう、このあんずジャム、とっても酸味が強いんです。
市販のあんずジャムと比べると、別物かっていうぐらい。
 

だけどとっても美味しいので、
これを作るようになって四年ぐらいたちますが、こまかいことはあんまり気にしないでいたわが家。
 

しかーし!
 

今年は、ある友人が、わが家のそんな適当っぷりに、水を差したのです・・・!
 
 

■あんず・・・?
このあんずジャムについて、ある友人とラインしていた時のこと。
 

その子が突然、
「あのさ、それってホントにあんずなの?
 

「・・・え? どういうこと?」
 

「だってさ、すごく酸っぱいんでしょ、
あんずってそんなに酸っぱいかなあ。
 

それって、あんずじゃなくて、じゃないの?」
 

・・・(゚〇゚;)なにっ?????
 

「えっ・・・だって、黄色いんだよ?」
 

「梅だって黄色くなるじゃん?
完熟すると黄色くなるよね」
 

「そ、そうだけど・・・」
 

「その、あんずだっていう情報はどこから来たのよ」
 

「えっ・・・いや、はっきり誰かに聞いたわけじゃないけど。
拾ってる人、いつもいっぱいいるから、みんなジャムにするのかと・・・」
 

「みんな梅酒とかにしてんじゃないの?
梅だって今出回ってるじゃん。
 

あんたのことだから、それたぶん梅だよ。うん絶対梅だね。
わはははは、チョーうける!!」

 

「ちがーう! あんずだー!」

 

と言ってみたものの、
うわあ、自信がなーい!
 
 

■調べてみた。
で、気になって調べてみたところ、(以下、写真は借り物です)
 

/wp/wp-content/uploads/th8.jpg
あんずの花
 
/wp/wp-content/uploads/15c2b1dca96f5662c336a8e337ce0366.jpg
梅の花
 
/wp/wp-content/uploads/h31.jpg
あんずの種
 
/wp/wp-content/uploads/20041129Pict0174a1.jpg
梅の種
 

なんと、
あんずも梅も、バラ科サクラ属、中国原産で、とっても似ているんですって。
 

そして、私と同じように、あんずと梅の見分けがつかない人は、ネットの中にたくさんいたのでした!
 

結論から言うと、あれがあんずか梅かは、分からずじまい(笑)
そして、かつてあの神社の神主さんを見たことがないので、今後も恐らく、わからないでしょう。
 

まあ、いいじゃん、おいしいんだから!
 

ただ、それからうちの家族は、あのジャムを
 

「たぶんあんずのジャム」
 

と呼ぶようになりました(笑)




関連記事

  1. 世界一甘いお菓子、グラブジャムン!
  2. 娘の顔のあざと、私の幸せの話。
  3. トマトと鶏といろいろ野菜のノンオイル・シチュー。
  4. 好き嫌いと現代っ子。
  5. 甥っ子が稀少疾患を患って、克服した話。
  6. 祖母の卒寿と、プロフィール写真の話。
  7. 子供に伝わる言葉、実例編。
  8. 弟の結婚式と、お肌の話。
  9. 小さなカナリアたちのために。
  10. 父とジャンクフード。
Top