~詐欺師と呼ばれた男~

~詐欺師と呼ばれた男~

今日はちょっと、このサイトの顧問的なお方、さんについて、書いてみる。
 

「ねえ、って人、詐欺師みたいだよ?」
 
先日、知人がそんな忠告をしてくれた。
」について調べようとしたら、アヤシイ情報がごろごろ出てきたらしい。

 

そういうときは、こちらのURLを教えることにしている。

だって、百聞は一見にしかず。
 

伊藤さん曰く。
「アトピーが治らないという常識を信じている人は、私を詐欺師扱いするでしょう」
これまで、誤解を受けたり、中傷されたり、いやな思いもしてきたそうだ。
でもこの動画を公開して、そんな声もなくなったのだという。

 
私は幸い、そういう疑いを持たないまま伊藤さんとお会いすることができて、
あれこれ質問に答えてもらっているなかで、
まずは、なんて丁寧で、知性にあふれた方なんだろう、と思った。
 

そして、マンガにかかわっていただく中で、しだいに、
うわあ、実はデータと実験の鬼なんだなあ、とわかってきた。
 

伊藤さんは、この人と思ったお医者さんの話を聞きに東奔西走してたり、
専門用語だらけの医学論文を読みこなしていたり、
それでもわからないことは自分の体(元アトピー、花粉症など)で実験して、自分なりの答えを持っていた。
 

どんな質問をしても、我が子たちのアレルギーの時かかったどんな医師より、納得できる答えをくれた。
 

更に、サイト作りにかかわってもらうようになってからは、
淡々としているようでものすごく情に厚い人なんだなあ、と思うようになった。
 

アナログの権化だった私を、ともかくもサイト運営者として教育するのは、並大抵のことではなかったはず。
 
当時は必死で、伊藤さんの通信教育みたいなものについていっていたけれど、
(毎度宿題が多くて、鬼(ToT)!と思ったこともあったけれど)
今、当時の私は本当に箸にも棒にもかからない初心者だったことがようやくわかってきて、冷や汗が出てくるのだ。
(「コピペ」を広辞苑で引いていたレベル。もちろん載ってない)
 

/wp/wp-content/uploads/98b0fc86cf7e38bb798175fbf64c89e6.png
(数年前の写真。このあとウナギをごちそうになった。(笑)
 

そんな伊藤さんを、私は心から尊敬しているし、信頼している。
だから、同い年だけど、師匠と呼ばせてもらっている(いちおうお許しいただいている)。
 

そして、微力ではあるけれど、キンドル本を出版することで、
伊藤さんの「アレルギーは治らない、という常識を変える」という活動のお手伝いができることを、ほんとにうれしくおもう。
 
 

ちなみに、師匠が詐欺師扱いされるのは弟子として面白くないので言っておくけど、
私と伊藤さんについて言えば、伊藤さんは金銭的には完全に損しかしていない。
 

いつもあれこれわたしの活動の世話を焼いてくれるばかりで、
めちゃくちゃ労力を割いてくれたキンドル本の監修料さえ受け取ってくれないのだから。
 
私にとっては、もー、菩薩さまである。
 
 

師匠、いつもありがとうございます。
またおいしいものおごって下さいね!
 
不肖の弟子より。


Top