2015/09/04 亜麻仁パン

2015/09/04 亜麻仁パン

からだへの負担と手間を省いた、佐々木家の食卓をご紹介します。
 
/wp/wp-content/uploads/DSC_0128.jpg
●亜麻仁パン
材料 フランスパン(油が入っていないか、バターのみのもの) 亜麻仁油 塩 すりおろしにんにく レモン果汁 胡椒 乾燥バジル 
1 フランスパンをスライスする。トーストしたい人はする。
2 フランスパン以外の材料を混ぜる。亜麻仁油2:レモン果汁1ぐらい。檸檬がなかったら、お酢かワインビネガーでも大丈夫。にんにくはちょっとでいい。
3 2を1に塗っていたただく。
 
●旬のフルーツ
今日はりんご! ちょっとぼさっとしててイマイチ(笑)!
 
佐々木家の朝ごはんは、普段はおにぎりですが、
「子どもがアトピー体質だから、食パンとマーガリンをやめた!」というお友達が、
「最近またパンが恋しくなって・・・」と言っていたので。
 
このレシピなら、パンをいただきつつ、リノール酸摂取は非常に少なくて済みます。
しかも硬いフランスパンは、子供の顎を鍛え、歯並びを整え、結果的に、かみ合わせがもたらす体力、考える力、視力(筋)を向上させてくれます。
 
お子様がスライスされたフランスパンに慣れたら、長い縦割りのサンドイッチを与えてみてください。
これをがつがつ食べられる顎作りを目指しましょう(^^)/




関連記事

  1. ソーダブレッド(即席パン)とみそペーストと果物。2016/05/08
  2. おにぎりと味噌汁 2016/04/29
Top