オメガバランスが理想的!・・・にご用心。

トップ > 食べ物と健康について > 油について > オメガバランスが理想的!・・・にご用心。
2018年8月21日 火曜日

オメガバランスが理想的!・・・にご用心。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
さて、当サイトでは、繰り返し、
「アトピーをはじめとするアレルギー疾患は、植物油(に含まれるリノール酸/オメガ6脂肪酸)の取りすぎが大きな原因だ」と解説しています。
(詳しく知りたい方は過去記事「アレルギーの原因」をどうぞ)
 

体内の油の理想的なバランスはこんな感じです。
/wp/wp-content/uploads/706ce96d2ac908502e4e0b3102ba04dc1-1.jpg
 

 

で、こっちが、アレルギー患者の体内の油のシーソー。
/wp/wp-content/uploads/441-2.jpg
(拙著『アトピーが治ったよ! マンガでわかる体質改善』より)
 

これをどうやってフラットな状態にまで持っていくか、が問題なわけで、
それについての質問を、読者の方からちらほらとお受けするわけですが、
 

ここ一か月で、立て続けに三度、それぞれ別の方から、同じ質問を受けたのです。
その質問とは、
 

「このオイル、オメガバランスがよくて、アレルギーに効果があるそうなんですが、
常用するのは効果がありますか? 問題はないですか?」

 

ちなみに、そのお三方が効果のほどを確かめたいオイルは、それぞれ別の商品。
しかし、よく似た商品と言えました。
 
 

■アレルギーに効果があるか?
読者さんからの質問に挙がった商品は以下の三つです。
 
/wp/wp-content/uploads/FLO-61582-11.jpg
ウドズ・オイルブレンド オメガ3&6
 
/wp/wp-content/uploads/i-img1200x1200-1523864238nq1dtj51711.jpg
アムウェイ エサンテ
 
/wp/wp-content/uploads/81YlsRg4fL._SY445_1.jpg
AJINOMOTO ヘルシーオメガバランス
 

どれも、健康のための理想のオメガ・バランスを実現しました、という商品で、普段使いを勧めています。
 

さて、既にアレルギー症状がある人間が、
これらのオイルを症状の改善を目的に毎日使用したとして、効果があるかどうか。
 

そう問われれば、こうお答えします、
 

期待できないと思います。
 
というか、そもそも、どのメーカーさんも、商品にアレルギー改善の効果をうたっていませんよ。ついついそう読んでしまう気持ちは、わかりますが(^_^;)」
 

期待できないと思う理由については、既に過去記事に解説したので、そちらをお読みください。
「あまに油入りオイル、お勧めしません。」
 
 

■例えてみました!
で、この質問が来るたびに、
 

「効果は期待できないと思います、それはですね・・・」
と長い解説をしていたのですが、
 

「これ、もうちょっとサクッと説明できたらなー」
と思うようになりまして、あれこれ考え、
最後の方(お子さんがアトピー体質)とは、このような会話をしました!(メールですけど)
 

↓↓↓↓↓

読者、Lさん
「ねー佐々木さん、
このオイル使っても大丈夫ですかね、理想のバランスって書いてあるんですけど」
 

佐々木「あ、この商品ですね。なるほどなるほど。
 

ではちょっとたとえ話をしますね、
Lさん、お子さんが小学生でしたよね」

 

「えっ、はい」
 

「ある日、教育委員会が、こう発表したとします、
 

『子どもの健全な教育のためには、子どもの時間を、遊び4:勉強1のバランスにすると効果が高い』」
 
/wp/wp-content/uploads/school_class1.png
 
「はい、まあ、そのぐらいでしょうねって感じがします」
 

「いや、例えですけどね(笑)。
 
すると、ある新しい学校が学校説明会でこう言いました、

『我が校は、子供の健全な発育のために、学校の時間の四分の三を遊び時間に、四分の一を勉強の時間にしました!』
 

Lさんはお子さんをこの学校に入れますか?」
 

「・・・はっ? 
いや、入れるわけないでしょ、そんな学校」
 

「どうして? その学校は教育委員会の理想を実現しているんですよ」
 

「そうかもしれませんけど、
 

だってそもそも子どもは、うちではほとんど遊んでるじゃないですか!
学校でもそんなに遊ばれたら勉強なんて頭に入らないでしょ!」
 

「そうなんですよ! それが言いたかったんです!
 

ちなみに、
『遊び』オメガ6(リノール酸)のことで、
『勉強』オメガ3(α-リノレン酸)のことで、

 

『うち』普段の生活のことで、
『新しい学校』その商品のことです!」

 
 

・・・どうですか。
ちょっと話が見えやすくなったかな?
 

子どもは常に遊んでしまうもの = オメガ6(リノール酸)は常にとってしまうもの 
 

勉強は身に付きにくいもの = オメガ3(α-リノレン酸)は常に不足がち!
 

ってところも、イメージしやすいでしょヽ(^o^)丿
 

ただ、この理論で行くと、
私のサイトは「とにかく遊ぶな、勉強しろ!」って言ってるってことになっちゃうわけですが(笑)。
 
実際はそうは思いません、
私は、子供は小学生ぐらいまではたくさん遊ぶべきだと思っています(^^)
 




関連記事

  1. 子どものお菓子食べすぎを解消! ママがやめるべきこと。
  2. 公園と、煙草と、お菓子。
  3. お菓子の食べ過ぎ、量はどこから?
  4. お菓子を食べ過ぎるとどうなるの?
  5. 「子どもはお菓子が好き」という誤解。
  6. 煙草とお菓子は似ている。
  7. 煙草はもちろん、怖いけど。
  8. 子どもが納得するルール作りを。
  9. 子供に伝わる言葉を知ろう。
  10. 子どもがお菓子をやめられないワケ。
Top