手湿疹だったころの食事。(ヒナチコさん 30代女性 手湿疹、花粉症)

トップ > アレルギー改善ごはんのレシピ > 改善者さんたちのごはん > 手湿疹だったころの食事。(ヒナチコさん 30代女性 手湿疹、花粉症)
2018年6月7日 木曜日

手湿疹だったころの食事。(ヒナチコさん 30代女性 手湿疹、花粉症)

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
引き続き、ヒナチコさんの手湿疹の改善例をご紹介します。
 

てのひらの慢性的な荒れ(手湿疹)の改善例の体験談を紹介する連載記事です。
1 手がかゆい! の原因は食事だった! 写真とアンケート
2 素手で洗剤が使えない! 手湿疹てなんだ?
3 手湿疹だったころの食事。
4 手湿疹が治った食事。

 
 
■改善前、改善後。
症状が出ていた時の写真はないのですが、
完治状態にある現在の手の中で、一か所だけ症状が少し出ている箇所が。
 
この指は指輪をしているせいで、洗剤が溜まるため、症状が出ることがあるそうです。
 
以前の症状はもっとひどく、湿疹には水ぶくれができて、ひどい痛みやかゆみがあったそう。
 
/wp/wp-content/uploads/87c48d3ad2d93423621df05ae9d85a1a.jpg
/wp/wp-content/uploads/809820904e13936b5ec2755c577ac156-2.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/f8AVPsi0oPU83pb1525960763_1525961138.png
(左が私、右がヒナチコさん。抱っこしてるのは息子君、上にかわいいお姉ちゃんもいます)
 
手湿疹とは、
洗剤などの刺激物に触れることで、手にかぶれ、かゆみ、腫れ、痛みなどの症状が出る疾患。
主婦に多いと言われていますが、家事に支障が出るので、悩んでいる方も多いでしょう。
 
手湿疹の大きな原因が食事にあることは、まだほとんど知られていません。
ヒナチコさんは、食事を改善することで手湿疹を治し、その因果関係を証明してくれました。
 
ではまず、ヒナチコさんのかつての食事から教えていただきましょう!
 
 
■手湿疹、花粉症がひどかった頃のごはん
(以下、写真は借り物でイメージです)
 
●朝ごはん
/wp/wp-content/uploads/201601232451.jpg
トースト ピーナツバター ヨーグルト コーヒー
 
「ふむふむ、朝はパン食だったんですね。」
 
「はい、そうです。」
 
「講座のときも話したけれど、
アレルギーの人は、朝、パン食の人が多いんです。

 

パンだと、パンそれ自体に植物油が入ってる上に、
色々塗ったり、載せたり、はさんだりで、どうしても植物油を取る機会が増えるんですね。

 
/wp/wp-content/uploads/kore20160715582605_TP_V1.jpg
↑↑↑たとえば、こんな感じ。」
 
「そうですね。
わが家は、トーストにピーナッツバターが人気がありました」
 

「ピーナッツバター、私も大好きです。
 

ただ、原材料を見ると、植物油脂が入っているものが多いようです。
『ピーナッツバター』でもそういうのがあるし、『ピーナッツクリーム』は完全にそうですね。

 

ヒナチコさんが愛用なさっていたものを調べてみたところ、実は『ピーナッツクリーム』で、
原材料の欄はこんな感じでした。」

 
/wp/wp-content/uploads/0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-15.png
 
 

●昼ごはん 
/wp/wp-content/uploads/ce070d931.jpg
ミートソーススパゲッティ サラダ
 
「さて、お昼ご飯はパスタとサラダ。
使っていたオイルは何でしたか?」

 

オリーブオイルでした。
サラダには市販のドレッシングをかけていました。」
 
「オリーブオイルですか。
サラダ油などに比べると、アレルギーの原因となるリノール酸は少ない油ですね。
でも、ふんだんに使うと、リノール酸の量も増してしまうので、注意しなければなりません。

 

また、サラダで野菜を取ることは、とてもよい心がけですよね。
ただ、ドレッシングの植物油や糖分は、けっこうなものがありますから、やはり注意が必要です。

 

洋食は、基本的に油を使う料理なので、どうしても油の摂取量は多くなってしまいますね。」
 
 

●おやつ
/wp/wp-content/uploads/adpDSC_27941.jpg
クッキー
 
「おやつは、クッキーとか、市販のお菓子が多かったです。」
 

「そういう方は多いと思います。
でも、改めて見てみると、なんにでも植物油が入ってるんですよね」

 

「そうそう、びっくりしました。
あと、実は芋けんぴも好きで・・・」
 

「芋けんぴ、おいしいですよね~。
でも、植物油で揚がってますね~(^_^;)!

 

市販のお菓子をおやつにする場合は、
原材料をチェックする習慣をつけないと、たいてい、植物油を取ることになってしまうんですね~。」

 
 

●晩ごはん
/wp/wp-content/uploads/DSC09399_R1.jpg
豚肉野菜炒め ごはん 味噌汁 ニラの卵とじ
 
「ご飯とお味噌汁はあるんだけど、和食というより、中華っぽいメニューですね。
むむむ、炒めものが二つ!

 

「はい、あんまり気にしないで油を使っていたので・・・。」
 
「油は何を?」
 
「よくごま油を使っていました。
香ばしくて、大好きで。
 
・・・実はよく、
具をごま油で炒めてから、お味噌汁を作っていました!
 

「何それ! おいしそう~!(゜o゜) やってみたい!
 
だけど・・・
 
 

ごま油のリノール酸の含有量 100g中、43.6g
キッチンにある食用油の中では、とうもろこし油(サラダ油の主原料)についで二番目に、含有量が多い油。
 
/wp/wp-content/uploads/dce0fe915e9e4a0a9c9b0e20cdecf46f-1.jpg
(参考資料 五訂増補日本食品標準成分表脂肪酸成分表編)

 

たった13.8グラム(大さじ一杯強)で、日本脂質栄養学会が勧める、リノール酸の理想的摂取量(六g以下)を上回る。

 

「はい。
愛さんの講義で、ごま油について聞いて。
『やばーい!』と思って、やめました(笑)!」
 
 

さて、こんな感じで、どちらかというと洋食寄りだった、ヒナチコさんの一日のご飯。
数えてみたところ、一日で、既製品に含まれるものを含め、8回、植物油を取っていました。
 

これが問題になるか、ならないかは、個人差がありますが、
ヒナチコさんの場合、1日に植物油が8回の食生活では、アレルギー症状を慢性的にするのに十分だった、ということですね。
 
 
さて、この後、ヒナチコさんの食生活が、どう変わったのか、次回「手湿疹が治った食事。」
をお待ちください。




関連記事

  1. 手湿疹が治った食事。(ヒナチコさん 30代女性 手湿疹、花粉症)
  2. 素手で洗剤が使えない! 手湿疹てなんだ?(ヒナチコさん 30代女性 手湿疹、花粉症)
  3. 手がかゆい! の原因は食事だった! 写真とアンケート (ヒナチコさん 30代女性 手湿疹、花粉症)
Top