グレープシードオイル、お勧めしません! 

トップ > 食べ物と健康について > 油について > グレープシードオイル、お勧めしません! 
2018年4月25日 水曜日

グレープシードオイル、お勧めしません! 

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

 

■グレープシードオイル、ご存知ですか。
/wp/wp-content/uploads/shutterstock_149488865_721.jpg
グレープシードオイルは、近年、普及してきたオイルです。
 

その名を聞けば、
 
/wp/wp-content/uploads/no-translate-detected_210421031.jpg
 

南仏プロヴァンスの風が吹いて来る、
みたいなイメージ、ありませんか!
 

とにかくおしゃれで、
癖がなく、さらっとしていて、なんにだって使えるらしいし、

 

それに、抗酸化作用が高くて、アンチエイジングにいいらしい!
 

しかも、思っていたより安いのよね!
 

ぜひ一度、買ってみたいわ~!
 

・・・と思っている方、ぜひお読みくださいませ。
 
 

■ダントツのリノール酸含有量
リノール酸って、ご存知ですか。
 

植物油の主成分で、体内で炎症物質へと変化し、さまざまな炎症反応を起こします。
 
たとえば、発熱、咳、腫れ、かゆみなど。
 

この炎症作用は、適度であれば、健康のために必要ですが、
リノール酸をとりすぎると、体内で炎症物質が作られすぎてしまい、
身体のあちこちで、過剰な炎症作用が起こってしまいます。
 
/wp/wp-content/uploads/20_mini.jpg
 

これが、さまざまなアレルギー症状の原因となります。
 

植物油を摂りすぎている私たち現代人が、アレルギー疾患の急増に苦しむゆえんです。

 

ふーん、なるほど。
じゃあ、どんな植物油に、そのリノール酸が多く含まれているっていうの?

 
こちらをどうぞ↓↓↓
 
リノール酸含有量が多い順に、めぼしい植物油を並べてみました。
(参考資料 五訂増補日本食品標準成分表脂肪酸成分表編)

 

主な植物油のリノール酸含有量
(100g中の含有量/g)

 
紅花油(※高リノール酸)  75.7
ヒマワリ油(高リノール酸) 60.1
綿実油           57.9
トウモロコシ油       54.9
(サラダ油の主成分)
大豆油           53.5
ごま油           43.6
米ぬか油          35.0
落下生油          31.2
なたね油          19.9
 

参考までに、
 有塩バター        2.4

(※高リノール酸 とは、リノール酸を多く含むように改良されたもの)
 

クレープシードオイルの情報の記載が、なぜか、ない・・・。
 
なので、こちらの商品の原材料の表示をチェックしてみると、
/wp/wp-content/uploads/41IBOwFURTL1.jpg
 

栄養成分
1テーブルスプーン(14g)当たり:
エネルギー126kcal 脂質14g 蛋白質0g 炭水化物0g ナトリウム0mg コレステロール0 リノール酸10g

 
14g中、リノール酸10gってことは、
つまり、100g中、約71.4g
 

ってことは、
 

主な植物油のリノール酸含有量
(100g中の含有量/g)

 
紅花油(高リノール酸)   75.7
グレープシードオイル  71.4 ←ここですね!
ヒマワリ油(高リノール酸) 60.1
綿実油           57.9
トウモロコシ油       54.9
(サラダ油の主成分)
大豆油           53.5
ごま油           43.6
米ぬか油          35.0
落下生油          31.2
なたね油          19.9
 

参考までに、
 有塩バター        2.4

 

しかし、最上位の紅花油(高リノール酸)や、ひまわり油、綿実油を家庭においてる人は、あんまりいなそう。
一方、グレープシードオイルは、調理油として一般的なものになりました。
 

すると、グレープシードオイルのリノール酸含有量は、
一般的な調理油の中では、サラダ油をしのぐ、

 

ダントツの一位 !!
 
日本脂質栄養学会が勧める、リノール酸の理想的摂取量(六g以下)を、
たった大匙0.7杯で、上回ります。
 
/wp/wp-content/uploads/o08000800136741516181.jpg
 
グレープシードオイルが、要注意の油であることがお分かりいただけたでしょうか。
 
しかも!!!
 
実は、私が気になるのは、
このグレープシードオイルが、とっても危険な使われ方をしていることなのです!
 
「オリーブオイルをグレープシードオイルで代用しちゃダメな理由」に続く。




関連記事

  1. 公園と、煙草と、お菓子。
  2. お菓子の食べ過ぎ、量はどこから?
  3. お菓子を食べ過ぎるとどうなるの?
  4. 「子どもはお菓子が好き」という誤解。
  5. 煙草とお菓子は似ている。
  6. 煙草はもちろん、怖いけど。
  7. 子どもが納得するルール作りを。
  8. 子供に伝わる言葉を知ろう。
  9. 子どもがお菓子をやめられないワケ。
  10. 子供にお菓子、やめさせたいけど。
Top