アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その1

トップ > アレルギー改善食で健康に > 植物油のお菓子の危険について > アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その1
2018年4月12日 木曜日

アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その1

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 

最近、食物アレルギーのお子さん、多いですよね。
私のまわりにも、数人います。
 
/wp/wp-content/uploads/atopy1.png
 
アレルゲンはいろんなものがありますが、
 

なかでも、卵や、小麦粉、乳製品など、

子供が大好きなお菓子の材料がダメ、というケースが多いですね。
 

だけど、できるだけ、
周りの子供たちと同じようなものを食べさせてあげたい!

 

そんな悩めるママさんたちの目に留まるのが、
 
/wp/wp-content/uploads/1523539639326.jpg
 

「アレルギーっ子のための、小麦粉、乳製品を使わないお菓子」のレシピ本です。
 

・・・やった!
 

アレルゲンを使わずに、こんなにおいしいお菓子ができた!
これで我が子にも、毎日大好きなケーキを作ってあげられる~!

 

・・・ちょっと待った!
ママさん、それは、すごく危険!

 

どうか、こちらをお読みください。
    ↓↓↓
 
 

■使われるのは植物油。
「アレルギーっ子のための、小麦粉、乳製品を使わないお菓子」のレシピ本。
 
バターの代わりに使われるのは、植物油です。
 
/wp/wp-content/uploads/1523539747686.jpg
 
なたね油を筆頭に、サラダ油、太白ごま油、米油、グレープシードオイル、などなど。
 
ざっくり「植物油なら何でも」と描いてあるレシピもありますが、
その場合、過程にあるのはやはりサラダ油、菜種油あたりでしょう。
 

さて、この植物油は、リノール酸という物質が多く含まれています。
 

このリノール酸は、体内で炎症物質に変わり、
いろいろなアレルギーの原因になることが分かっています。
 
/wp/wp-content/uploads/20_mini.jpg
(拙著『アトピーが治ったよ!マンガでわかる体質改善』の原稿をちょっと修正しました。
詳しくは「アレルギーの原因」を読んでね)
 
 

■アレルギーの原因とは
さて、ふつうの家庭にある油のリノール酸含有量は、こんな感じになってます、
 
/wp/wp-content/uploads/68c6190a1d2d2c33119873998853197c.png
(日本食品標準成分表7訂より。
ちなみに、サラダ油の主成分はトウモロコシ油
また、グレープシードオイルは、最近のものだからか記載がありませんが、
どうやらトウモロコシ油の上を行く含有量みたいです・・・)
 
お子さんがアレルギーを発症しているということは、
すでにこれらの油の摂り過ぎであることが考えられます。
 
ですから、これらの油は、できるだけ減らさなければならないのです。
 

ちなみにバターには、リノール酸がほとんど含まれていませんね。
 

つまり、アレルギーの原因となっているのは、バターではなく植物油・・・
 
 

・・・ちょっと待って!
 

話がよく分からない!
 

うちの子のアレルゲンは乳製品なんですけど!
だからバターでも症状が出るのよ!

 

そのバターが、「原因じゃな」くて、
摂っても症状が出ないサラダ油が「原因だ」って、どういうことなの?

 

アレルギーの原因は、アレルゲンでしょうが?!
 

・・・そう思いますよね。
確かに、ここ、わかりにくいんです。
 

私もかつて、その辺で戸惑いました。
 

正確に言うと、アレルギーの原因物質と、アレルゲンは別物です。
次回、アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その2(終)で、図解とマンガで解説しますね。
 
 




関連記事

  1. グレープシードオイルでケーキ! は危険です。
  2. アレルギーっ子のためのお菓子・・・の落とし穴。その2(終)
  3. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その3(終)
  4. パーム油の危険性。その2
  5. パーム油の危険性。その1
  6. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その2
  7. トランス脂肪酸フリーのショートニング、お勧めしません。その1
  8. 太白ごま油でクッキー! は危険です。
  9. 「バターを使わないお菓子」、毎日食べちゃダメですよ。
  10. 植物油のお菓子、体にやさしくないですよ。
Top