鯵のなめろうで、DHA・EPA!

トップ > アレルギー改善ごはんのレシピ > 魚のレシピ > 鯵のなめろうで、DHA・EPA!
2018年2月28日 水曜日

鯵のなめろうで、DHA・EPA!

なめろう?
ナニそれ? 聞いたことないわ!

 

というあなた。
なめろうとは、わたくし佐々木の出身地、千葉の郷土料理で、
「お皿をなめたくなるほどおいしい」が語源になったとされる魚料理です。
(なんて言って、実家は別に海辺ではないので、子供時代には食べたことありませんでしたが(笑))
 

新鮮な鯵を、香味野菜と味噌とともに、粘り気が出るまで叩く!
それをご飯に乗っけて食べるんです。
 
/wp/wp-content/uploads/1519819992626.jpg
 

見た目はあんまりよくないですが、
刺身とはまた全然違う、びっくりするほどの美味しさ。
 
青背のお魚である鯵には、アレルギーを防いでくれるDHA・EPAもたっぷり。
 

お子さんも喜ぶこと請け合い!
うちの息子は刺身よりも好きです。
 

「えっ、あたし魚さばけないんだけど」
というあなた。
 

大丈夫!
 

スーパーの魚売り場、または魚屋さんに行って、鯵を指して、
 

「これ、三枚におろして、皮もとってください」
 

と言いましょう。
 
/wp/wp-content/uploads/1519820185352.jpg
(こんな感じになります。今日は1尾100円(*^_^*))
 

そして、おうちで、この中骨だけ、ピッピッと毛抜き(または魚用ピンセット)でぬいてください。
/wp/wp-content/uploads/550x367_0_901.jpg
(一人では撮影できなかったので、この写真は借り物です(笑))
 
等間隔に入っているので、触りながらやると簡単です。
 

それが面倒だという人は、もう、鯵の刺身を買いましょうヽ(^o^)丿
 

あとはおっきめのまな板があれば、五分ぐらいでできますよ~。
 
 

<材料>
・鯵 刺身用 ひとり一尾ぐらい
・ネギ 一尾につき五センチぐらい
・生姜 一尾につきスライス二枚ぐらい
・しそ、みょうが、玉ねぎなど 適量
・味噌 一尾につき大匙1ぐらい

 

<レシピ>
1 ネギなどの香味野菜を薄くスライスしておく。
 

2、刺身用におろされた鯵を、テキトーに切る。
/wp/wp-content/uploads/1519820183918.jpg
 

3 切った鯵の上に、スライスした香味野菜と、味噌をおく。
/wp/wp-content/uploads/1519820182488.jpg
 

4 包丁で全体を、ざくざく、どんどん叩いて、一体化させていく。
/wp/wp-content/uploads/1519820181392.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/1519819995152.jpg
 

5 粘りが出てきたらストップ。味見して、足りなかったら味噌を足す。
/wp/wp-content/uploads/1519819993971.jpg
 

6 ごはんにと共にいただく。
 

 
/wp/wp-content/uploads/1519819992626.jpg
ってことで、今晩のごはん。
 

なめろうと具だくさんの味噌汁があれば、もうご馳走です。
あとは手抜きでいいと思います(笑)
 

今日は鯵で作りましたが、鰯やサンマでもおいしいです。
 

ちなみに、なめろうを焼いたものはさんが焼きと言って、また別の美味しさがあるんですが、
/wp/wp-content/uploads/thXTQ1N4WN.jpg
(写真は借り物です)
 

なめろうが食べ残されたことがないので、なかなかさんが焼きが作れずにいます(笑)




関連記事

  1. 魚焼きグリルの掃除よ、さようなら! その後。
  2. 魚焼きグリルの掃除よ、さようなら!
  3. ぶりのカマ(大)を塩焼きにしてみた。
  4. ぶりのカマでも、あら汁作ってみた。
  5. 魚のアラ汁。お安く、あったか、DHA!
  6. 秋刀魚の塩焼きを格段においしくする方法。
Top