アレルギーに慣れてはいけない。

トップ > 佐々木愛の著書・著作 > ぜんそくの本(AmazonKindle) > アレルギーに慣れてはいけない。
2018年2月3日 土曜日

アレルギーに慣れてはいけない。

こんにちは。
子供たちのアレルギーが食事で治りました!
いまも三人育児に奮闘中の佐々木愛です。

 
ただいま、喘息の改善法を解説した電子書籍を執筆中。
 

さっそく、巻頭のマンガを描いてみました。
いかがでしょう。
 
/wp/wp-content/uploads/2_mini.jpg
 
/wp/wp-content/uploads/3_mini.jpg
 

こうやって、当時の自分の状況を見直していると、思うことがあります。
 

それは、私は状況に恵まれていたなーということ。
 

まず、
①私たち夫婦は、アレルギーをもっていなかった。
 ↓↓↓↓
遺伝だねー、ではすっきりしなかった。

 

②それまで問題がなかった子供たちが、ほぼ同時にアレルギーを発症した。
 ↓↓↓↓
何か原因があるという気がした。

 

③五歳以下の子供の、急性期のアレルギーで食事療法を試せた。
 ↓↓↓↓
効果が表れやすかった。

 

そんな好条件が重なった!
だからこそ、短期間で二人のアレルギーを治すことができたんだなー、と思います。
 
 

■「アレルギー検査、してないの?」
だから、
 

自分も、親もアレルギー体質だったり、
 

子供が生まれたときからアレルギー体質だったり、
 

慢性化したアレルギーを抱えていたり、
 

そんな方にとっては、いわば、アレルギーという現象に慣れていて、
「何か原因があるはずだ」と考えることは、難しいことなのかもしれません。
 

特に今は、アレルギー患者が増加の一途をたどり、
成人してもアレルギー症状を抱えた患者さんが多くなっているし、
生まれたときから何らかのアレルギー症状をみせる赤ちゃんもふえています。
 
そういえば以前、児童館で会ったママさんに
「子供たち、アレルギー検査した? してないの? 
みんなやってるよ、早くした方がいいよ」
と勧められたことがあります。
 

ああ、それが普通になってきたんだ・・・と思ったことを覚えています。
もちろん、今の状況では、それは必要な検査なのかもしれない。
 
わが子のアレルゲンを把握していないと、おちおち離乳食にも進めない、
それが現代ママさんたちのリアル、なのかもしれない・・・けれど。
 

 

でも、アレルギーがありふれた社会に、慣れてはいけません。
 

アレルギーは身体からの警告です、
 

そこにはちゃんと原因があって、
そのせいで免疫機能がおかしくなっているんです、

 

あなたとご家族の末永い幸せのために、ちょっと、腰を上げてみませんか。
簡単なことから、始めてみませんか。

 
 
って、伝わったらいいなー、
と思いながら、マンガ描いています。
 
ちまちま、ちまちま、進捗しております!!!




関連記事

  1. 『アトピーが消えちゃった! マンガでわかる体質改善』1000冊突破! と、最近の売れ方。
  2. ぜんそくのマンガ(キンドル)の表紙絵が決まりました。
  3. ぜんそくが改善した! を伝えたい!
  4. ぜんそくは子供であるほど治りやすい。
  5. 喘息キンドル本のタイトルについて。
  6. 喘息のキンドル本を描きますヽ(^o^)丿
Top